映画評「おくりびと」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2008年日本映画 監督・滝田洋二郎
ネタバレあり

2008年度のアカデミー外国語映画賞を受賞、日本アカデミー賞主要部門を総なめにしたのも記憶に新しいので、改めて紹介するまでもないだろう。

画像

チェロ奏者として就いたばかりのオーケストラが解散した為に故郷の山形に妻・広末涼子と戻った本木雅弘が、募集広告を見て山崎努が営んでいる納棺業者に面接に行ったその瞬間就職が決まってしまう。
 という序盤は予想と全く違ってユーモラスに進行するが、次第にユーモアの量が減り、トーンは生と死をめぐる厳粛なものに落ち付いていく。

画像

小山薫堂氏は映画の脚本は初めてらしいが、骨格が実にしっかりしている。
 まず、見事に死者に化粧を施しあの世へと送っていく為に遺族から納棺師が崇められる様子を二回描く。その一方で、葬儀と全く関係のない者からは死体を扱う賤しい職業に従事していると蔑まれる。女学生が死臭漂う本木の方を見るのを発端とし、風呂屋の息子である幼馴染・杉本哲太や妻からも露骨に避けられる。
 こうしたギャップを極めて明確を描いた後に、風呂屋の女将・吉行和子が死んだことにより旧友と妻が二人ともその仕事の崇高さに気付いていく、と進行する辺り実に鮮やかな作劇。昨今の邦画のレベルを考えれば、かなり高水準と言うべし。

画像

映画はこのテーマを断ち切れない親子の愛情で覆い包むという二重構造になっていて、じーんとさせられる箇所も少なくない。但し、納棺師という職業への感情を描いた部分に比べると映画的にはやや落ちる。具体的に言えば、6歳の時に母と自分を捨てた父親を恨む主人公が死人として発見された父親を最終的には厳かにあの世へ送り出すという物語が、風呂屋の母子の愛憎場面や納棺業者の事務員・余貴美子の告白に挟まれて、解り易く展開されるわけだが、マイナスとは言えないものの、布石の仕方に人工的な印象を禁じ得ないのである。さらに、父の死の代りに妻が新しい生命を宿すという展開に至っては定石的に過ぎ、面白味を欠く憾みあり。

画像

とは言え、それは極めて高いレベルでの不満であり、敬遠されがちなテーマを神妙になりすぎず抹香臭さも感じさせずに娯楽性高く扱った手腕は見事。また、納棺師の鮮やかな手際は家族への思いやりが美へと昇華している感じさえ抱かせ、構図に腐心した映像のおかげもあって、深い感銘を起させる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年08月07日 17:12
TBありがとう。
小山薫堂氏は、文学的構成力の優れた人ですね。
エッセイ集などをみてもそう思います。
このテーマは、日本のある地方を舞台にはしていますが、習俗こそ違え、国を超えて感動させる普遍性がありますね。
オカピー
2009年08月08日 00:36
kimion20002000さん、こんばんは。

構成の素晴らしさに加え、日本人らしい手際の良さや所作の美しさが、西洋人の心を打ったという側面もあるでしょうね。
シュエット
2009年08月10日 09:10
海外では、は「戦争」と背中合わせに「死」が語られる作品が多い中で、こんな風に人の死、生命を厳粛に描いた作品が、さらに感動を呼んだんでしょうね。
チェロの音色が心に染み入りました。
父と息子の物語でもあるんですね、この作品は。
誰が彼の父親役なんだろうと思っていたら根岸徹。納得だったわ。彼もこの作品の撮影中に亡くなった。もっ君もよかったけれど山崎務はさすがだったわ。納棺の儀でも、練習したのはもっ君と同じだけれど、熟練という設定を感じさせる手捌き。「天国と地獄」でも27歳にしてすでに独特の個性を発揮していた。
オカピー
2009年08月10日 17:05
シュエットさん、こんばんは。

戦争と背中合わせになった「死」の問題もありますが、9・11事件以降アメリカ映画人が家族の再生を描くことに傾倒していったことを考えると、本作は受けるべくして受けたという感じですね。
しかも、そこに彼らの好きな日本的静謐があります。

>山崎努
「天国と地獄」の若き彼は凄い迫力でしたね。
近年多少型にはまっている印象がありますが、素晴らしい役者です。
2009年09月08日 07:40
訪問ありがとうございます!
やはり高評価なのですねー。
私は観ていて泣けましたけど、終わってみれば、また見たいという感じではなかったです。まあ、邦画好きではないのもありますが…。
あまり知らない職業に注目した点は素晴らしいと思います!
オカピー
2009年09月08日 09:25
ボーさん、こんばんは。

>高評価
作りの上手い娯楽作品でしたから。

ただ、面白さが題材の珍しさによるところが多く、或いは、その上手さが直球的なので、繰り返し観たくなるタイプではないかもしれないですね。
十瑠
2009年09月24日 17:26
久々のTB&コメントです。

感想は、プラス点もマイナス点も着眼点はほぼ同じですね。
厳かなムードを出すのに、チェロの音は大いに貢献したでしょうし、主人公をチェロ奏者と設定したのは、そういう意味でも上手い作劇だと思いました。
オカピー
2009年09月25日 00:53
十瑠さん、こんばんは。

お久しぶりですね。
こちらからも余り伺っていませんし。

>着眼点
きっちりとした作りだけにプラスもマイナスも目立つ作品でしたね。

>チェロの音
確かに、あの伸びる低い音が正に“厳粛”のメタファーのようです。
それを作劇に生かしたとする十瑠さんの視点はなかなか鋭い!

この記事へのトラックバック

  • おくりびと

    Excerpt: いのち芽吹く物語。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-08-07 15:25
  • 映画 【おくりびと】

    Excerpt: 映画館にて「おくりびと」 滝田洋二郎監督作品。第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作品。 おはなし:楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2009-08-07 16:26
  • mini review 09360「おくりびと」★★★★★★★☆☆☆

    Excerpt: ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があたり、人気放送作家の小山薫.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2009-08-07 17:07
  • おくりびと/本木雅弘、広末涼子

    Excerpt: 『夜の上海』の舞台挨拶でモックンが言ってた「今はまだ言えない次回出演作」ってコレだったんですね。モックン自身が物語の発案をしたという話だけど、たぶんモントリオール映画祭でグランプリを受賞しなかったら日.. Weblog: カノンな日々 racked: 2009-08-07 17:24
  • おくりびと

    Excerpt: キレイになって、 逝ってらっしゃい。 製作年度 2008年 上映時間 130分 脚本 小山薫堂 監督 滝田洋二郎 音楽 久石譲 出演 本木雅弘/広末涼子/山崎努/余貴美子/吉行和子/笹野高史/杉.. Weblog: to Heart racked: 2009-08-07 20:59
  • 『おくりびと』

    Excerpt: 昨日は新橋のヤクルトホールに『おくりびと』の試写会に行ってきました。おりしも第32回モントリオール世界映画祭でのグランプリ決定のニュースを聞いた中での鑑賞だったので、とってもタイムリーな鑑賞になりまし.. Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2009-08-07 22:09
  • おくりびと(映画館)

    Excerpt: キレイになって、逝ってらっしゃい。 Weblog: ひるめし。 racked: 2009-08-07 22:17
  • ★「おくりびと」

    Excerpt: 今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その1本目。 第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞とか、 アカデミー.. Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2009-08-08 00:13
  • 288「おくりびと」(日本)

    Excerpt: 安らかな旅立ちのお手伝い  チェロ奏者の小林大悟は、所属していたオーケストラの突然の解散で職を失い、これを機にチェロで食べていくことを諦め、妻の美香を伴い、故郷の山形へ帰る。  早速職探しを始めた.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2009-08-08 01:50
  • 「おくりびと」

    Excerpt: 地味な作品だけど、やっぱり良かった・・ Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2009-08-08 09:28
  • 『おくりびと』

    Excerpt: ----この映画って、9月の公開だよね。 いま、話すの少し早くニャい? 「いやいやどうして。 この映画に関しては 内覧試写の案内がなんと2月から電話やファックスで…。 それだけ松竹としては自信作なんだ.. Weblog: ラムの大通り racked: 2009-08-08 23:19
  • 「おくりびと」

    Excerpt: 2008年/日本/130分 at:梅田ピカデリー 第32回モントリオール世界映画祭で 最高賞のグランプリ受賞したというニュースがまだ記憶に新しい。 遺体を清め棺に納める「納棺棺」とい.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2009-08-10 09:11
  • 「おくりびと」

    Excerpt: 観に行ってしまったよ。アカデミー賞で外国語映画賞をとった日本映画。ミーハーだからさ~。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2009-09-08 07:27
  • おくりびと

    Excerpt: (2008/滝田洋二郎 監督/本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、笹野高史、杉本哲太、峰岸徹、山田辰夫/130分) Weblog: テアトル十瑠 racked: 2009-09-24 16:58
  • おくりびと

    Excerpt: TVで鑑賞―【story】楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は、好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2009-10-10 10:46
  • おくりびと

    Excerpt: [おくりびと] ブログ村キーワード 評価:7.5/10点満点 2009年20本目(18作品)です。 2009年に入ってまだ2ヶ月ですが、早くも20本目に突入しました。 ちなみに、昨年の20本.. Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! racked: 2009-10-12 17:50
  • おくりびと

    Excerpt: 第81回アカデミー賞外国語映画賞、第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品として話題になった作品。主演の本木雅弘の納棺技術も話題になりましたね。 監督は滝田洋二郎、キャストは本木雅弘、広末涼子、山.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2009-10-15 01:01
  • おくりびと(141作目)

    Excerpt: Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2010-01-10 09:54
  • 映画評「おみおくりの作法」

    Excerpt: ☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2013年イギリス=イタリア合作映画 監督ウベルト・パゾリーニ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-03-22 21:13
  • 映画評「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年日本映画 監督・滝田洋二郎 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2019-01-07 09:33