プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ダークナイト」

<<   作成日時 : 2009/08/22 15:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 17 / コメント 8

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
2008年アメリカ映画 監督クリストファー・ノーラン
ネタバレあり

バットマン・ビギンズ」の続編で、監督もクリストファー・ノーランの続投。「スパイダーマン3」に似た【主人公クヨクヨ型】に仕立てられているが、映画としての手応えは同作を圧倒する。

画像

有無を言わせぬ手法でマネー・ロンダリングにあくせくしているマフィアの連中を掌握した悪漢ジョーカー(ヒース・レジャー)が、犯罪を減らすことを使命と考えている地方検事ハービー・デント(アーロン・エッカート)の正義感を粉砕しようと、検事の恋人である女性検事補レイチェル(マギー・ギレンホール)を使って罠を仕掛ける。その為に自ら逮捕・拘留され、その間にスパイを使って作戦を敢行。まんまと術中に嵌ったデントは復讐の鬼になった挙句に死亡するが、ブルース・ウェインことバットマン(クリスチャン・ベイル)は、デントを市民の光として保つ為に彼の犯した殺害を自らの犯行として新市警本部長(ゲイリー・オールドマン)に発表させ、官憲に追われる身となる。

画像

序盤から狙いは明確で、バットマンに二つの顔があるのは言うまでもなく、ウェインが業務提携の話をしていた香港の実業家も実はマフィアの顔を持つ。この二組の対峙により本作のモチーフが人間の二面性・多面性にあることが解るように設計され、暫く通奏低音的に進んだ後遂にデントの暴走により主旋律になる。思うに、世間で言われるように善悪の対立ではなく、人間に善悪両面のあることを前提とした上で、英雄は多面性の中に高潔さを保ちえるのかを描こうとしたのではあるまいか。

画像

「スパイダーマン3」が僕にとってダメだったのは、文学的なテーマ性を持たせながらジャンル映画の枠に拘る部分が見え、にもかかわらず主人公はともかく悪役までクヨクヨめそめそするところが(記号としての意味は別にして)馴染めず、主題と作劇にちぐはぐさを覚えたからだが、その点本作には全ての面で馬力があり、ジャンル映画云々などと言わせる隙がない。とりわけ悪役ジョーカーに弱々しさがなくて次々と多彩な陰謀を繰り出し、強力なサスペンスを生み出しているところを高く評価したい。

画像

その悪役ジョーカーの繰り出す悪計の中でも一番興味をそそられるのは、爆発物を仕掛けられた二つのフェリーで乗組員が一方を爆破すれば自らは助けられるというアイデア。悪魔的なジョーカーである、本当にその文言通りに進む手筈だったのだろうか。案外スイッチを入れたら自らのフェリーが爆破するのではないのか。その通りなら人間は自らの弱さで身を滅ぼすことになる。サスペンスを感じるより先に僕はそんなことを考えていた。

画像

一つ不満があるとしたら、アクション場面に解りにくいカット割りが何カ所かあったことくらい。

配役面でも遺作となったヒース・レジャーを筆頭に好演揃い。世間で全く評判の悪いマギー・ギレンホールは美人過ぎないところに検事補らしい感じがよく出ている。

善人も悪人になりうるという古色蒼然のお話じゃあない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(17件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ダークナイト
なんですか,このテンションの高さは!!!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2009/08/22 15:57
『ダークナイト』
(原題:The Dark Knight) ...続きを見る
ラムの大通り
2009/08/22 16:03
映画 【ダークナイト】
先行上映にて「ダークナイト」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2009/08/22 16:48
ダークナイト
試される、正義― 原題 THE DARK KNIGHT 製作年度 2008年 上映時間 152分 監督 クリストファー・ノーラン 出演 クリスチャン・ベイル/マイケル・ケイン/ヒース・レジャー/ゲイリー・オールドマン/アーロン・エッカート/マギー・ギレンホール/モーガン・フリーマン ...続きを見る
to Heart
2009/08/22 17:39
『ダークナイト』を観たぞ〜!
『ダークナイト』を観ましたバットマンの最凶最悪の宿敵であるジョーカーの登場で混乱に陥ったゴッサムシティを守るべく、再びバットマンが死闘を繰り広げるアクション大作第2弾です>>『ダークナイト』関連原題:THEDARKKNIGHTジャンル:アクション/サスペンス/アドベ... ...続きを見る
おきらく楽天 映画生活
2009/08/22 22:40
ダークナイト/クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー
何だか前評判がとんでもなくイイみたいですね。たしか劇場予告編だけでもちょっとゾクゾクしちゃって、特にこのシリーズのファンというわけでない私も今回は楽しみにしてました。今回はあえてタイトルから「バットマン」をハズしたところに、何か強い思いを感じます。 ...続きを見る
カノンな日々
2009/08/22 22:53
★「ダークナイト」
今週の週末レイトショウは・・・ 「ららぽーと横浜」のTOHOシネマズまで遠征して来ました。 夜中のショッピングモールは、通路の閉鎖が多くて駐車場までたどり着くのが大変・・・でした。 ちょっと考えもの。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2009/08/23 00:53
『ダークナイト』
ブログつながりの皆さんにはまだ観ていないってことがとっても意外だったみたいなんですが、ここまで観ずに過ごしてしまっていたバットマン最新作『ダークナイト』をやっとのことで鑑賞してきました。 観たのは新宿ピカデリーで21:20の回。終わったのは0時過ぎ。本当に駆け込みで ...続きを見る
cinema!cinema! ミーハー映...
2009/08/23 02:04
「ダークナイト」
今年の1月22日、ヒース・レジャーは複数の薬物摂取による急性中毒で亡くなった。28歳の若すぎる死。 その後「ダークナイト」の予告編で... ...続きを見る
或る日の出来事
2009/08/23 19:08
ダークナイト(映画館)
お前がわたしを殺すか。わたしがお前を殺すか。 ...続きを見る
ひるめし。
2009/08/23 21:23
240「ダークナイト」(アメリカ)
夜明け前の、闇の騎士  ゴッサムシティではバットマンとジム・ゴードン警部補が手を組み、日々犯罪に立ち向かい、マフィアのマネー・ロンダリング銀行の摘発に成功していた。  そんなある日、白塗りの顔に裂けた口のジョーカー≠ニ名乗る正体不明の男が闇の世界で頭角を現し、バットマンをあざ笑うがごとく次々と凶悪事件を引き起こしていく。  新しく地方検事に赴任したハービー・デントは正義感に燃え、バットマンとも協力して犯罪の一掃を強力に進めていこうとする。それでも街を混乱に陥れるジョーカーは、バット... ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2009/08/23 23:02
ダークナイト
The Dark Knight (2008年) 監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート 宿敵ジョーカーとの戦いを軸に、バットマンであり続けるかどうかの選択を迫られるブルース・ウェインの葛藤を描く人気アメコミ・ムービー「バットマン」の新シリーズ第2弾 前評判通り、ジョーカー役H・レジャーの演技は鬼気迫るものがあり、ほとんど素顔を見せることなく、時に邪悪に、時に滑稽に、場面に応じて演じ分ける姿は強烈な印象を残し、「H・レジャーにオスカーを... ...続きを見る
Movies 1-800
2009/08/24 00:28
ダークナイト
こ、これほどまでに重くシリアスとは・・・・・ ...続きを見る
愛情いっぱい!家族ブロ!
2009/09/01 06:16
ダークナイト
この記事は、姉妹ブログ『写真と映画のブログ』『映画と写真のブログ』から転載されたものです。 ...続きを見る
モノクロのアニメ
2009/09/17 19:30
No.168 ダークナイト
全米で5億ドル突破、歴代2位の興業成績を収めた本作品。 もちろん、1位は「タイタニック」 鳴り物入りで日本公開となったけど、これまでの アメコミヒーロー物と同じく日本ではさっぱりの成績でした。 ...続きを見る
気ままな映画生活
2009/10/31 01:08
ダークナイト
映画『バットマン ビギンズ』の続編で、バットマンの最凶最悪の宿敵であるジョーカーの登場で混乱に陥ったゴッサムシティを守るべく、再びバットマンが死闘を繰り広げるアクション大作。監督はクリストファー・ノーラン、キャストはクリスチャン・ベイル、ヒース・レジャ... ...続きを見る
Yuhiの読書日記+α
2011/09/04 00:34
[映画]ダークナイト
2008年アメリカ映画 監督:クリストファー・ノーラン 脚本:ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー ゴッサム・シティを舞台にバットマンとジョーカーが死闘を繰り広げる。 方々で話題になり、ネット上では滅多に映 ...続きを見る
一人でお茶を
2013/06/09 23:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
この評判高き作品を、どうご覧になったのか興味がありましたが、やはり、いい感想ですね。
船のシーン、私も、押したほうが爆発するかも、と思っていました。それを見て、あざ笑って喜びそうですよね、ジョーカーは。
ボー
URL
2009/08/23 19:24
ボーさん、こんばんは。

大きな枠の中では「スパイダーマン3」と同工異曲と言っても良い内容ですが、サスペンスが強力で、あの作品で感じた不満は全くなかったですね。
悪役は徹底して憎らしいほど良いということですよ。^^

>船のシーン
その前の検事・検事補爆破でも話と逆でしたから、多分そうなんですね。
全く憎らしい奴じゃ。^^
オカピー
2009/08/23 23:14
こんばんは。
「バットマン・ビギンズ」以降、クリスチャン・ベールは色々な作品で見かけますが、トビー・マグワイヤは「スパイダーマン」以外では見かけませんね。
両シリーズの質の差が主演俳優に対するオファーの差に比例しているような気がします。
T・マグワイヤは「スパイダーマン3」の高いギャラのおかげで働く必要がないだけかもしれませんが・・・^^
hash
URL
2009/08/24 00:59
hashさん、こんばんは。

>C・ベール、T・マグワイヤ
なるほど、そういう見方もできるかもしれませんね。
ハリウッドはとにかくキャスト、一部スタッフへのギャラが高すぎます。
オカピー
2009/08/24 20:11
おはようございます。
これはボリュームがありましたね〜〜。

一度しか観ていないのに、いまだに映像がくっきりと目に焼きついてます。
船のエピソードはそのような見方ありですね。

ヒース・レジャーのジョーカー強烈でしたが、わたしはクリスチャン・ベールのバ声色にたびたび笑ってしまいそうに・・・(^^;)
しゅぺる&こぼる
URL
2009/09/01 06:14
しゅべる&こぼるさん、こんばんは。

勿論哲学的な重いテーマもそれだけでは意味をなさず、結局この類の作品はサスペンスにヒヤヒヤしながら楽しめて初めてテーマが生かされるわけですが、本作は文句なし。
撮影も断然素晴らしいですね。

>C・ベールのバ声色にたびたび
???
オカピー
2009/09/01 22:04
おはようございます。
あ、バ声色って・・・
バはいりません(汗)

バットマンになると、妙に作ったような声になるなあと感じておりました。
しゅぺる&こぼる
URL
2009/09/02 08:02
しゅべる&こぼるさん、こんばんは。

なるほど。
バットマン云々と書こうとして止めた時にバだけが残ってしまったのですね。
そうか、作ったような声かあ。
黒澤久雄(明の息子)の「若者たち」の歌声を聴くと、笑ってしまうのと似ていますかね?(笑)
オカピー
2009/09/02 22:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ダークナイト」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる