映画評「ミスト」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2007年アメリカ映画 監督フランク・ダラボン
ネタバレあり

遂に「ショーシャンクの空に」が「ゴッドファーザー」を凌駕してImdbの1位になったフランク・ダラボンが同作の原作者でもあるスティーヴン・キングをまたまた映像化。今回はキングの本来のフィールドであるホラー小説である。

ある田舎町、映画のポスターを描いているトーマス・ジェーンが台風の翌日、息子ネイザン・ギャンブルを連れてスーパーマーケットに買い物に行った時霧に襲われ、その霧の中には正体不明の恐ろしい怪物がいるとの報を受け、スーパーに閉じこもる羽目になる。
 その存在を信じない者は外に出て行き、或いは狂信的な中年女性マーシャ・ゲイ・ハーデンが恐怖に怯える人々を扇動、紆余曲折の末に脱出を決意したジェーン以下8名の行く手に立ちふさがる。

という閉所型パニック映画で状況的には「ゾンビ」であり「」である。全体のモチーフは「鳥」に近く、その人間縮図的な食堂の場面を数十倍に引きのばして構成したような印象。
 昼間のうちは「テンタクルズ」の巨大タコを彷彿とする謎の巨大触手生物の恐怖。謎の巨大生物を巡る大騒ぎという意味では「トレマーズ」を思い出させ、夜になると打って変わって巨大なイナゴと蚊の中間的生物が襲撃、さらにそれを食らう肉食の鳥型恐竜もどきも登場、昆虫パニック映画の様相を呈す。夜明け前に隣のドラッグストアへ数名で行くシークェンスは「ポセイドン・アドベンチャー」脱出行を思わせる。ここで観られる蜘蛛の糸に巻かれた人間は「SF/ボディ・スナッチャー」的、人間の体が謎の生物の巣にされてしまうのは「エイリアン」的発想。

といった具合に、他作とダブる展開や場面が多く二番煎じ・三番煎じとは言え、視覚的見せ場は実に豊富だ。

閉所型パニック映画では人々の間に不協和音が生まれるのが定石で、スペクタクルの間に挟まれる人間模様が型通りで退屈を誘われるケースが多いが、本作では退屈に陥りがちな対立場面を逆手に取って寧ろ心理劇的なハイライトにしたところが注目に値する。勿論芸達者マーシャが怪演する宗教家きどりの女が徐々に人々を引き付け、勢力が二分されていく面白さで、ここからは群集心理の恐怖、キリスト原理主義的だったアメリカ前政権への揶揄が感じ取れる。

びくびくしながら車に乗り込んで脱出というのは「鳥」の幕切れみたいなものだが、この後に続く“驚愕”の幕切れについては本作の作劇スタイルに照らせば予想の範疇で、言われるほど驚愕できるものではない。驚愕はしないものの、やりきれない思いは禁じ得ず、こんなペシミスティックなハリウッド映画は誠に久しぶり。

異常現象が人間の科学的野望に起因することが最終的に判明する構成につき、狂信者の言も強ち間違いとは言えないところに皮肉な怖さがある。

一番怖いのは人間、ということらしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2009年05月09日 00:44
TBありがとう。
ペシミスティックなラストシーンを持ってくることで、制作者たちはなにを暗喩したかったのか、いろいろ考えてしまいます。
オカピー
2009年05月09日 03:15
kimion20002000さん、こんばんは。

9・11からイラク戦争にかけてのアメリカが、本作のモチーフの一つだったのではないかという気がしますね。
あの幕切れ自体は「何が正しい判断かは神のみぞ知る」ということでしょうか。
シュエット
2009年05月10日 15:30
観ていて現代版ノアの箱船みたいな…
子どもたちが待っていると、危険をかえりみずただ子どもたちに対する愛だけで霧の中に出ていった女性とその子どもたちが救出されて軍のトラックに。脱出しながらも皆を射殺せねばならなかった男がそれを茫然と見送るシーン。主張の是非はともかくも人をみくだし慢心した者たちが死んでいった。キリスト教的な教訓も感じながら、しかし、スーパーという密室で恐怖に陥った人間たちのとる行動、心理は恐ろしい。巨大な昆虫の怪物は恐ろしいほど良くできていた。キング原作と感違いした「モーテル」とは大違いの本作がキング原作でしたね。
シュエット
2009年05月10日 15:38
続き
出先にて携帯からコメントしてます。帰ったら拙き我が記事TBさせていただきますね。今から倒産した配給会社ケイブルホーグの配給作品鑑賞です!「捕らえられた伍長」コクトー「詩人の血」マルロー「希望テルエルの山々」劇場ハシゴしてルノワール「河」元気あったら「ふるえて眠れ」まで観れるかしら?
オカピー
2009年05月11日 01:03
シュエットさん、こちらにも有難うございます。

映画の作り方から言えば、通常のパニック映画のパターンを逆さまにして、パニック映画を作ることの大義名分である人間描写を前面に出したところが興味深い作品。
ここまで前面に出すと、「パニック映画ではそんなことは重要ではない」と言えません。

結局人間には皆罪があり、どんなに賢者と思われる者の判断も正しいとは限らない、といった厭世的な気分に満ちていますね。

ただ、僕としては娯楽的にどの程度楽しめるかというのをやはり重視したい。その意味で突き抜けた面白さがあったかと言えば、二番煎じ・三番煎じで物足りなさを感じるところがあります。しかし、はったりが利いているので、実力以上に楽しめる人が多いのではないでしょうか。
オカピー
2009年05月11日 01:11
続きです。

>ケイブルホーグ
実に貴重な作品群ですね。

しかし、シュエットさんの映画熱も凄いことになっていますぞ。
僕も30くらいまでは凄かったですけど、今では3本以上観て書くのはとても無理でございますよ。観るだけなら3本までは行けるでしょうが。

この記事へのトラックバック

  • ミスト/トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン

    Excerpt: 予告編からしてかなり印象強かったんですけど、「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」のコンビ、原作スティーヴン・キングとフランク・ダラボン監督による3作品目と知って、その謳い文句にあっさり乗っかちや.. Weblog: カノンな日々 racked: 2009-05-08 17:05
  • 「ミスト」

    Excerpt: のどかな田舎町を襲った激しい嵐の翌日、デヴィッド(トーマス・ジェーン)は湖の向こう岸に発生した 異様に深い霧に懸念を抱きながら息子と共にスーパーマーケットへ。するとやはり、その濃い霧は 買い物客でごっ.. Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2009-05-08 17:22
  • 映画 【ミスト】

    Excerpt: 映画館にて「ミスト」 『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、原作スティーヴン・キングと監督フランク・ダラボンが描くパニック・ミステリー。 おはなし:メイン州の田舎町。荒れ狂った台風が.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2009-05-08 21:04
  • 『ミスト』

    Excerpt: (原題:The Mist) ----「ミスト」って霧のことだっけ? 「うん。 原作がスティーヴン・キング。 それをフランク・ダラボンが監督したってわけ」 ----それって『ショーシャンクの空に』『グ.. Weblog: ラムの大通り racked: 2009-05-08 21:53
  • mini review 09352「ミスト」★★★★★★★★☆☆

    Excerpt: 『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、原作スティーヴン・キングと監督フランク・ダラボンが描くパニック・ミステリー。霧の中に潜む謎の生物に恐怖し、常軌を逸していく人々の姿を描く。混乱する人.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2009-05-09 00:45
  • 「ミスト」

    Excerpt: 昨年末にブロガーの皆さんが、各々発表してた年間ランキングで結構上位にランキングされてたホラー。 Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2009-05-09 01:25
  • 130「ミスト」(アメリカ)

    Excerpt: 恐怖と混沌の中に生まれるもの  7月19日の夜、メイン州西部の全域が激しい雷雨に襲われる。その翌日、湖の向こう岸に異様に深い霧が発生する。デイヴィッドは不安に駆られながら、息子のビリーと隣人で弁護士.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2009-05-09 01:53
  • ミスト

    Excerpt: 本作は『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、≪原作:スティーヴン・キング≫と≪監督:フランク・ダラボン≫が描くパニック・ミステリーだ。なんでも、原作のラストを変えて驚愕のエンディングが用.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2009-05-09 06:58
  • ミスト

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 2008年5月10日 公開 来るの遅いわ・・・あなたたち 「映画史上かつてない、震撼のラスト15分」・・・て、またまたぁ~こればっかり! 最近これに.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2009-05-09 17:13
  • 「ミスト」

    Excerpt: THE MIST 2007年/アメリカ/125分/R-15 監督・脚本: フランク・ダラボン 原作: スティーヴン・キング『霧』(扶桑社刊『スケルトン・クルー1 骸骨乗組員』所収) 撮影:.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2009-05-10 21:21
  • ミスト

    Excerpt: The Mist (2007年) 監督:フランク・ダラボン 出演:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ローリー・ホールデン 突如、霧につつまれた街で何が起きているのかわからぬまま、スーパー.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2009-05-11 01:08
  • ミスト(映画館)

    Excerpt: この子と約束した 必ず守ると――― Weblog: ひるめし。 racked: 2009-05-12 21:18
  • ミスト

    Excerpt: 「ミスト」 感想 ミスト 霧の中には”何”が待っていたのか 映画史上かつてない、震撼のラスト15分 恐ろしい…。さすがスティーヴン... Weblog: むーびーふぁんたすてぃっく racked: 2009-11-23 17:13
  • 『ミスト』'07・米

    Excerpt: あらすじガラス窓を破るほどの嵐の翌日、スーパーへ買い出しに出掛けたデヴィッド(トーマス・ジェーン)。軍人やパトカーが慌ただしく街を往来し、あっという間に店の外は濃い霧に覆われた・・・。感想映画史上かつ.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2009-12-28 23:26