映画評「銀色のシーズン」

☆☆★(5点/10点満点中)
2008年日本映画 監督・羽住英一郎
ネタバレあり

「海猿」シリーズの羽住英一郎監督が冬山を舞台に作り上げた青春ドラマ。内容は推して知るべしだが、一通り説明をば。
 舞台は恐らく架空の桃山町(和歌山県に2005年まで同名の町があったが関係はないはず)。台詞から北海道でないのは明らかなので、撮影の行われた長野県のつもりで観ていた。

雪で作られた教会を呼び物にして町起こしに躍起になっている桃山町民の悩みの種は、モーグルの元人気選手・瑛太をリーダー的存在とする雪山何でも屋三人衆。稼ぎがないと当たり屋をやるなどスキー場で傍若無人に振る舞うので客が遠のくことを恐れている。
 何故町が青年を排斥しないかと言えば、町民の過度の期待が彼に重傷を負わせた原因と思い込んでいるからで、腫れ物に触るようにおずおずと彼が復帰するのを待つうちに怪我より二年の月日が経っている、という設定である。

その彼が教会で挙式する第1号カップルの花嫁・田中麗奈がスキーが全くできないのに付け込んで高額な授業料を取ろうとするのだが、あろうことか三人組の暴挙が原因で教会が壊れてしまう一方で、新郎が半年前に死んでいることも判明。
 この瞬間に作品の狙いが青年の立ち直りにあることは明確になり、「全てが中途半端だった」と反省しているわけだから彼がジャンプに失敗した後完走すること、怒りは期待の裏返しであるから最初に拍手をするのが敵対する救助隊の杉本哲太であることなど、全てこちらの予測通りに進んでくれる。

僕はそれはそれで構わないと思う。問題は、一連の場面が余りに気を持たせすぎて滑稽にしか見えないことだ。
 帰京しようとしてる麗奈嬢が戻ってくるのを待っているようにスタート台に立った瑛太選手が一向にスタートしない。彼女が彼の出走に間に合うかどうかというサスペンスを感じさせる代わりに、彼が彼女に合わせるようにスタートするように見えてしまうのは演出の呼吸が悪いからである。
 或いは彼が立ち上がるまでも異様に長い。ドラマツルギー的に完走するのが解っている以上それほど気を持たせる必要はないのだが、作者側はこの映画を見る観客の大多数にはその予測がつかないと判断したのだろう。とにかく、本来一番盛り上がるべきシークェンスが数多く映画を見てきた人間には一番馬鹿馬鹿しいものになったことは否めない。

田中麗奈のヒロイン像も、花婿がいないのに挙式を準備させ、挙句に「(教会が)壊されて良かった」では出鱈目というしかないだろう。

後半は失速気味だが、それなりに楽しめた前半に免じてとりあえず水準とする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

arichanK
2008年12月05日 11:53
小谷村でのスキー帰りに、白馬村へはいったらこの映画ののぼりばかり。朝ドラ「ちりとてちん」を楽しんで見ていた時
これ以前は関西落語、戦前のレコードでの「宿替え」ーー東京では「粗忽の釘」しか聞いてなかった。渡瀬恒彦の声にふらふら)だったので、青木崇高さんにつられて、帰京してからほとんど最終日に映画館で見ました。楽しみにしていたスキーが
モーグルだったのには少しがっかりしました
ダウンヒルをとるのは大変だったでしょうが
瑛太は「峰君」イメージとあまりかわらなかった
2度見る気はしない映画です
オカピー
2008年12月06日 02:09
arichanKさん、こんばんは。

>青木崇高さん
「ちりとてちん」はその時間帯たまたま居間にいると家族と一緒に観た程度ですが、どうもどこかで見たことがあると思いました。
あの彼でしたか。
若い役者の名前を憶えるのも大変になってきました。
瑛太は昨年憶えたところ。

>モーグルだったのには少しがっかり
僕もモーグルよりアルペンが好きなので、残念でしたね。
ダウンヒルの場面は、もう少し工夫が必要かなと思って観ておりました。

>2度見る気はしない
今の日本映画の水準ですと作り込んでいないので、一度は何とか観てしまえても二度の鑑賞に堪える作品は少ないですね。

この記事へのトラックバック

  • 『銀色のシーズン』

    Excerpt: -----ゲレンデを舞台にした青春映画か…。 原田知世を思い出しちゃうニャあ。 「そりゃまた古い(笑)。 この映画の主人公はどちらかというと男、 人気の瑛太だね。他には玉山鉄二、そして青木崇高が 雪山.. Weblog: ラムの大通り racked: 2008-12-04 19:36
  • 映画評「銀色のシーズン」

    Excerpt: ... その彼が教会で挙式する第1号カップルの花嫁・田中麗奈がスキーが全くできな... Weblog: 田中麗奈の秘密 racked: 2008-12-04 19:57
  • 銀色のシーズン

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 2008年1月12日 公開作品 青年たちよ・・・まっとうに働けっつーの <(`へ´)> これはねぇ~、結局、何が良いたかったんだろぉ。 笑いも若.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2008-12-06 16:48
  • 銀色のシーズン

    Excerpt: 雪山を舞台に男3人と結婚を控えた女1人が繰り広げる青春群像劇。監督は羽住英一郎、キャストは瑛太、田中麗奈、玉山鉄二、青木崇高、佐藤江梨子他。 <あらすじ> モーグルの町、桃山町には、ゲレンデの厄介者.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2009-03-18 00:14
  • 「銀色のシーズン」

    Excerpt: 寂れた町営スキー場で働く城山銀(瑛太)、小嶋祐治(玉山鉄二)、神沼次郎(青木嵩高)の 3人組は、個人レッスンからスキーの整備さらには駅への送迎まで“雪山の何でも屋”として 商売する一方、賭けスキーやス.. Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2009-03-18 01:15
  • 銀色のシーズン/瑛太、田中麗奈

    Excerpt: 劇場予告編が流れはじめた頃から「海猿」の雪山版という謡い文句と雪猿のフレーズにてっきり山岳救助隊の話だと思ってたんだけど、最近になってそれは違うことに気付きました。じゃあ何なんだろう?と思って紹介記事.. Weblog: カノンな日々 racked: 2009-03-18 08:16