映画評「影武者」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1980年日本映画 監督・黒澤明
ネタバレあり

黒澤明第26作は武田信玄を中心とした権謀術数を描く戦国絵巻である。若い時御大には<応仁の乱>を映像化するアイデアがあったらしいので、本懐を遂げた形と言って良いのだろう。

画像

元亀四(1573)年、信玄(仲代達矢)が徳川家康の家臣の放った銃弾により負傷、やがて他界する。重臣たちは遺言に従ってその死を三年間隠すことに腐心、本人も長い間影武者を務めた弟・信廉(のぶかど=山崎努)が拾って来た盗人(仲代二役)を影武者に立てる。
 不埒な盗人も信玄の死体がこっそり諏訪湖に沈められるのを見て自覚が出来、三年間の役目を全うしかけるが、荒馬から落下したのが運の尽き、正体を側室(倍賞美津子、桃井かおり)たちに知られて追放される。

雨の中を追放されるシーンが哀れを誘うが、ここから映画は忠臣よろしく武田軍勢を追いかける盗人の視点で描かれるクライマックスを迎える。
 動かざる山・信玄を名実共に失って功を急ぐ実子・勝頼が拙速に動いて織田信長と家康の繰り出す鉄砲隊の前に惨敗する長篠の戦い、これなり。盗人も、人馬が死屍累々と横たわる中を敵兵に近づいて倒される。信玄に対する事実上の殉死である。

画像

信玄の「三年間死を秘匿すること」という遺書に基づき虚実を織り交ぜて描き上げた大スペクタクルで、お馴染みの武将の面々が互いに繰り出す誠に興味尽きない権謀術数のうちに信玄の武将としての大きさが浮かび上がるのとは対照的に、三年間影武者を務めながら尊敬されることもなく放逐される盗人の哀れが戦国時代の残酷をえぐり出す。
 故人と影武者のほうが重要視される現実に勝頼が冷静さを失い、やがて重臣たちの進言に耳を傾けず独断で負け戦に向っていくのも史実と絡み合わせて誠に興味深い。

日本の戦国時代についてさほど詳しくないので精度についてはとやかく言えないが、映画としては短いと言えないもののTVの時代劇に比べて遥かに短い3時間という限定された長さの中で繰り広げられる権謀術数の面白さ、性格描写の面白さは日本の戦国絵巻ものとして他に類がない。それを支えるのは無数のエキストラを擁した戦闘場面の迫力で、大量に盛り込まれる騎馬アクションは実写の手本と言うべし。

画像

ディテイルにも面白いところが多い。

まず、終盤盗人が観る悪夢。彼としては影武者という大役を降りたいので信玄から離れていこうとするが、影だけに信玄が動くとそちらに引き寄せられてしまう。つまり、彼は潜在意識の中で自らのアイデンティティーを失っていることにもがき苦しんでいるのだ。
 或いは、久しぶりに会って「変った」と連発する側室たちをうまく丸め込んだ後影武者が去る場面での影も絶妙に扱われている。彼が去るに連れて影は次第に大きくなり、やがて影だけが残る。意味深長で真意は解りかねるが、彼が真の影武者になったことを示すと理解したら当たらずとも遠からずであろう。

画像

唯一気に入らないのは、影武者が信玄らしく【山のように動かない】ことを要請される夜の合戦模様。夜なので様子が把握しにくい割に些か長すぎはしないだろうか。撮影技術の素晴らしさは別にして、解り難いなあと思ううちに些か退屈感が出てくる。
 中盤敵のスパイたちが薪能を見物する信玄(実は影武者)を見守る場面も冗長に思えるが、ここにはスパイたちが納得する為に必要な長さであることを次第に理解させてしまうだけの強い描写力がある。

配役では、勝新太郎のピンチヒッターとして力演した仲代達矢は本来知的なムードの役者なので、信玄はともかく盗人役は似合わず、必ずしも適材適所とは言いにくい。

木下恵介が甲斐武田氏の隆盛と滅亡を描いた異色時代劇「笛吹川」と併せて観よう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2009年01月05日 01:03
オカピーさん、こんばんは。
>「一番美しく」・・・木下恵介は黒澤のベスト
おおっ!そうですか!いや、確かに。
チャップリンでさえ、戦時国債のキャンペーン映画を撮っていますものね。映画の天才がぎりぎりのところで抵抗した側面もあるのかもしれませんね。確かに黒澤監督は、レニ・リーフェンシュタールやエリア・カザンのようなところにはないでしょうね。

>作り手はバランス感覚、鑑賞者はフレキシビリティ・・・ゴダールには不満・・・【映画批評ってどんなモンダイ!】でトムさんのゴダール論

お恥ずかしいです。確かにわたしもゴダールは好きではないのですが、逆にゴダール擁護のようなものになってしまいました。イエローストーンさんとの議論のときもそうなのですが、基本的に賛同できる意見などに対して逆に疑問が生じてしまう変な癖が、わたしにはあるようです。批判にはより根拠が必要であるような気がしたり、客観評価への憧れがあったりしてしまうんですよね。
また、それだけ映画とういう文化が奥深いからなのかもしれません。
トム(Tom5k)
2009年01月05日 01:04
>続き
さて、「影武者」ですけれど、これは高校生のとき父親と観にいきました。上記の三人の写真のシークエンスが強烈で、映画ファンといえども、このインパクトはめったに受けられない貴重な経験でした。
おしゃるとおり、三船が出演していない、勝新が降板したこと、テーマに先見性がありすぎたり、当時、正確にこの作品を理解できていたかどうか?
いくら魅力的な指導者でも盲信し信奉してしまうと、やはりそれは犬死の結果になるんでしょうね。
考えると黒澤監督も画家を目指していた時代の左翼思想、「一番美しく」の国策映画、「トラ・トラ・トラ」でのハリウッドとの確執・・・
黒澤監督もこの影武者のように魅力あるものに魅かれて、自ら拘泥し苦悩した経験から完成していった作品なのかもしれません。
巨匠といわれていても、そこに垣間見えるのは感受性が豊かでデリケートな映画青年の姿なのでしょうね。
「影武者」は珍しく黒澤監督の苦悩が結晶化した作品だったように思います。
では、また。
オカピー
2009年01月05日 19:02
トムさん、こんばんは。

>「一番美しく」
作劇の素直さから言えば、これを含め(笑)初期の3作が抜群だと思います。
国策映画なりに観客が金を払って観るだけのレベルの作品を作ろうとしたのは十分伺え、そのまま戦争色を抜いてしまえば、スポ根ドラマでしたよね。
贔屓目かも知れませんが、額面通りに受け取って良いのかという気がしないでもないのでした。

>基本的に賛同できる意見などに対して逆に疑問が生じてしまう変な癖
面白い癖ですね(笑)。
冗談はともかく、要は自己における論理の整理であり、相手からもっと論理性を引き出したいという思いでしょう。僕は抽象的な議論はかなり苦手ですが(笑)。

続きますです。
オカピー
2009年01月05日 19:08
>三人の写真のシークエンスが強烈
そうですね、一人二役とメークで三人の揃い踏みですから、誰しも「何が始まったんだ!?」と思ったでしょうね。
こういう映画の嘘は楽しい。双子がやってもつまらない(笑)。
トムさんとして一人二役というアラン・ドロン的興趣にも満ちた作品として、その頃はまだそういう想念が出来ていなかったにせよ、そそられた作品ではないですか?

トムさんのコメント後半部分は難しいところですが、僕としては、初めての時代絵巻ものを作りながら、武将を主人公にせず盗人出身の影武者というキャラクターを利用し卑小な存在である人間に下降していく視線に黒澤らしいヒューマニズムが維持されているなあと思いましたね。その意味で新しくもあり、旧来通りでもある、という思いを抱かせる作品です。

>感受性が豊かでデリケートな映画青年の姿
「虎の尾を踏む男達」の前に<応仁の乱>をテーマに戦国絵巻を作ろうとしたらしいですが、その時代のナイーブさと熱情が恐らく本作を作る時にも同じようにあったのでしょうね。

この記事へのトラックバック

  • 『影武者』この映画を見て!

    Excerpt: 第239回『影武者』  今回紹介する作品は黒澤監督が久しぶりに挑戦した時代劇『影武者』です。黒澤監督としては前作『デルス・ウラーザ』から約5年ぶりの作品に当たります。 莫大な制作費を調達するためにジョ.. Weblog: オン・ザ・ブリッジ racked: 2009-01-15 19:34
  • 影武者

    Excerpt: 1980 日本 邦画 アクション 時代劇 作品のイメージ:切ない、スゴイ 出演:仲代達矢、山崎努、萩原健一、大滝秀治、倍賞美津子 本作は、勝新太郎が降板したことで主役が急遽仲代達矢になったと.. Weblog: あず沙の映画レビュー・ノート racked: 2009-02-12 21:05