映画評「マディソン郡の橋」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1995年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド
ネタバレあり

クリント・イーストウッドは監督としての腕前を徐々に上げ、近年ではアメリカを代表する力のある監督になっているが、「マディソン郡の橋」は近年評判になった彼の諸力作より完成度の高い傑作と思っている。

画像

1965年のアイオワ、夫と娘と息子がステート・フェアに出かけたので主婦メリル・ストリープが一種の解放感を味わっていると、自宅前に車が止まる。ナショナル・ジオグラフィックの写真家イーストウッドが近くにある橋を探しているのだと言う。時間があるので道案内をすることになる。

下調べを終えた写真家が青い花を差し出すと彼女が「毒草よ」とジョークを言う場面から魅了されてしまう。彼女の写真家に対する評価がよく表れているからである。彼の前では夫より開放的な気分になり、かつ軽口を叩ける気分になっているのだ。彼に「ご主人はどんな人」と訊かれて「清潔な人」と答えるのも、夫は真面目だが面白味のないという彼女の不満が滲み出、この二つの言動により彼女がこの突然の訪問者に心を揺り動かされ始めているのがよく解る。最小限の台詞と表現でヒロインの心情を把握させるイーストウッドの呼吸とメリルの演技にただ感服するばかりである。

画像

その晩二人は食事を楽しみ翌日再び会うことを誓うわけだが、二人の会話を通してアメリカの保守的な農業地帯に埋もれる主婦の世界を飛び回る写真家への憧憬と嫉妬が鮮やかに浮き彫りになっていく。彼は彼女の夢そのものであるから、道ならぬ関係に陥るのは何ら不思議ではない。二人の肉体関係を成就させるのは肉欲かもしれないが、それを駆り立てるのは農夫たる夫との結婚で潰された夢への彼女なりの追慕であり、新たに始まるかもしれない自由への願望である。

画像

家族が帰る日の前日即ち4日目、「一緒に行こう、あと二日ここにいるから考えてみて」と言って彼は去る。
 この後が僕の大好きな雨の場面。夫と買い出しに出た店で彼と再会した後、夫が運転する車が赤信号で止まる。前に停まっているのはイーストウッドの車である。青信号になっても前の車は動かない。夫は何にも知らずにイライラする。その時彼女の手はドア・ノブに掛かっている。暫くして前の車は動き出す。ノブから外れた掌は真っ赤になっている。ヒロインの心中の葛藤で張り詰める、映画史に残る名シーンと言って憚らない。メリルの演技が圧巻、胸をえぐられるような思いで息苦しくなるほどである。青信号になっても車を発車させない彼女を待つイーストウッドの心情も想像に余りある。

画像

24年後、死んだ母親の書き残した手紙を相続者たる子供たちが読む回想形式で綴られるわけだが、橋から遺灰をばらまけという彼女の願いを馬鹿らしいと言っていた息子が実行に移す幕切れでは正に感極まる。不倫だろうが年が離れていようが、他人の愛を批判することなど誰も出来ない、真の愛は人間の生命そのものなのであるから。家庭の不和が決定的になる前に母親からそれを教えられた子供たちは幸福である。

トンネル型の珍しい橋を中心とした景観も魅力の一つだが、やはり主演二人の好演が作品を支えていると言って良い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

arichanK
2008年12月14日 04:46
高い評価ですね。ベストセラーの原作、3回読み始めて中断した活字中毒の私には珍しい例なので、映画化されても「アッソウ」という感じでした
イーストウッドはTVのローハイド(50年前)、マカロニウエススターン(43年前)、ダーティーハリーと見てきましたが、と書いて、見たのはアクションものばかりと認識。見てみます


イーストウッドはTVのローハイド(50年前)、マカロニウエススターン(40年前)、ダーティーハリーシリーズと見てきていますが、
オカピー
2008年12月15日 01:18
arichanKさん、こんばんは。

僕は出演作品では「ダーティハリー」第1作が一押しですが、監督作品(出演もしていますけどね)としては本作が最高傑作と思います。
最近の監督作品はテーマが哲学的になってきて、きちんと作られてはいるけれど、生活感情を伴った裸の作品ではないなという気がしまして、本作には及ばない気がします。

終戦直後の大傑作「逢びき」に似たテーマですし、出来栄えも拮抗するのではないでしょうか。
あの映画のシリア・ジョンスンも凄いですが、本作のメリル・ストリープの演技は絶品。ひたすら参りました。
2008年12月15日 14:29
「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー~」
これらの公開時、わが映画サークルの、特に
深読み好みファン達が口角泡飛ばして騒いで
いたのを今思い出していました。^^

こういうメロドラマ的なものも細やかに
撮れるイーストウッドの手腕こそ口角泡
飛ばし評価をしてもらいたいもの
ですよね~♪

そして
名女優M・ストリープの才能を
遺憾なく発揮させ、自らもクリント・
“キンケイド”を情感たっぷりに演じ切った。
まったく大したもんです。
どうもメロドラマを軽んじる映画ファンが
多くてちょいと困ります~。
メロドラマこそ難しい。
素晴らしいメロドラマは同時に優れた
ヒューマン(人間)ドラマですもん。
本作など如実な例ですね。

イーストウッドの息子さん、カイル君の
「センチメンタル・アドベンチャー」
先日観ましたよ。
彼はいまお父さんのジャズ好きを引き継いで
有名なベース・プレーヤーになりましたね。
オカピー
2008年12月16日 02:12
viva jijiさん、こんばんは。

>メロドラマこそ難しい。
そうですとも。
メロドラマと単純な映画こそ難しい。
実際ダメな映画が多いのも確かだからこそ、その差をしっかり判断しなくちゃね。
僕はジャンルで決めつけることだけはしないで来ましたよ。

この作品は非常に素直に、かつ、感服するくらい繊細に描いていますね。
ヒロインの心情が手に取るように解るんだなあ。

メリル・ストリープは素晴らしい女優と認めつつ、必ずしも好きなタイプではなかったですが、本作は圧巻。
映画史に残る名演じゃないでしょうか。

>カイル君
時々父親の映画の音楽も手伝っているようですね。
2015年11月14日 23:24
こちらこそ、当ブログにコメントをくださり、ありがとうございます。

開設して3か月弱しか経っていないので、まだまだ未熟なブログではありますが、できるだけたくさんの方々に読んでいただけるよう努力して、映画ブログのジャンル自体が盛り上がるよう、頑張ります。

さて、「マディソン郡の橋」ですが、お気に入りの場面が私と同じだと知り、非常に嬉しいです。あの魂を揺さぶられる演技には、やられました。
zebra
2019年03月31日 00:49
母の遺言書「こどもたづへ、母ちゃんなあ おめえたづが 父ちゃんと旅行にでかけてる間に知り合った 写真家の男とヤッテもうわ~ もし わたすがしんだら遺骨の灰を ローズマン ブリッジに撒いてけろ」

まさに ふてえ、ママである・・・顔

ただ 救いもあります。 その写真家と駆け落ちしなかったことと 駆け落ちしなくても妊娠もしてなかったことです。
その現場の描写はないですが 男と女の肉体じゃあ 女は体力的にも負けちゃいますし 遺言書に不謹慎にも残すくらいですから肉体の相性はピッタシだったでしょう・・・

写真家の男性が若くてガッチリしてたら ママは昇天しまくって ”死んでいた”よ。ベッドで(;゚Д゚)

オカピー
2019年03月31日 17:54
zebraさん、こんにちは。

お久しぶりです。元気そうでなにより。

うまいコメント・バックが、僕の才能では、できませんよ~TT

この記事へのトラックバック

  • マディソン郡の橋

    Excerpt: ふだんキレイごとを言っている 中高年のご婦人たちが大挙して 映画館に押し寄せた大ヒット作品。 映画を観終わった後の婦人用 トイレの混雑ぶりも異常であった。 オバチャンのオバチャン.. Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2008-12-15 14:05
  • 『マディソン郡の橋』からの緊急警告!

    Excerpt:  『マディソン郡の橋』は、観る人ごとにまったく異なる顔を見せる物語である。  まず第一に、熱烈なる恋物語だ。  夫と子供たちの旅行... Weblog: 映画のブログ racked: 2010-01-31 02:49