映画評「どですかでん」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1970年日本映画 監督・黒澤明
ネタバレあり

黒澤明第24作は初めてのカラー作品。御大お気に入りの作家・山本周五郎の小説「季節のない街」の映画化だが、学生時代にオールナイトで観た時は相当変な作品という印象ながらかなり楽しめた記憶がある。全体の印象はその時と余り変わらない。以前ゴーリキーを映画化した「どん底」の現代版的な趣であると指摘したことがあるが、驚いたことに原作者が戯曲「どん底」を意識して書いた小説だそうである。

画像

学生時代はかなり夢中で観ていていつ頃のお話か掴めなかったのだが、見直してみると車などの様子から製作当時と考えて良いようだ。ただ時代と場所を超越した設定であることは十分伺えるので、解らないのが正しいのかもしれない。

社会の底辺に蠢く人々がゴミ山の中に集まって形成された町(都会の郊外である)。
 電車好きが高じておかしくなったのか空想の中で電車を操縦する少年・頭師佳孝とその母・菅井きん。少年は純粋な芸術家のようだ。
 廃車に寝泊まりしている乞食・三谷昇は幼い息子(川瀬裕之)と将来住む丘の家を思い描いて日々を過ごす。これが本当の空中楼閣だが、少年は病気で死んでしまう。知識の豊富なこの乞食は弱い人間で現実を見る勇気がなく、息子の墓穴からプールを連想するずれ具合。憐れなのは少年である。

画像

仲の良い人夫(井川比佐志、田中邦衛)はいつの間にか住む家と妻(沖山秀子、吉村実子)を交換している出鱈目な酔っ払い同士。田中夫婦は家からタオルまで赤、井川夫婦は黄色に統一され、カラーを意識した美術・衣装が大変面白い。

妻・奈良岡朋子の裏切りに怒ったか絶望したか全く口を利かない中年男・芥川比呂志、妻はトタン小屋に夫を発見してやって来るが夫は終始無言。まるで地獄である。おし黙る役も楽ではないだろうと芥川氏に同情申し上げる。

酔いどれ元教師・松村達雄は妻の入院中に酷使している姪(養女でもある)山崎知子を孕ませ、とぼけを決め込むが、彼女が親切な店員を刺したことから露見することになる。「忘れられるのが怖いから刺した」と言っているので恐らくは無理心中に近い発想なのだろうが、少女の心は複雑でござる。伯父は自業自得、悪いことはできない。

画像

顔面の病を持つ老会社員・伴淳三郎の妻・丹下キヨ子は夫を夫とも思わない悪女。しかし、彼女は糟糠の妻として苦労したのだという。彼女を庇う伴淳から愛情が滲み出、ちょっとしんみりさせる。名場面の一つだ。
 5人もいる子供が全て他の男の子ではないかと疑われ恐らくそのとおりであろう三波伸介の子供に示す超俗的な態度も素晴らしい。
 泥棒に金を渡したり、自殺したい老人・藤原釜足に胃薬を与えて自殺を思い留まらせる老人・渡辺篤は、原作者を投影した観がある。

訳ありの過去を持つ者、現状に苦しむ者、一見楽観的に現状を過ごす者・・・種々雑多の人物が入り混じる。出て来るのは貧しい人々ばかりだが、全編を通して漂うのは普遍的な人間性であって、貧富を問わず世界の縮図を成しているかのよう。人生の悲哀や描写の苦味の中に人間のエネルギーを感じさせる、力強い作品と言うべし。「どん底」より後味が良い。

ベスト・キャスティング賞を進呈したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2008年11月23日 00:13
オカピーさん、こんばんは。
う~む、いい批評文ですね。
ほんとに的を得ているように思い(わたしの感じた感想とほぼ同様なんですよ)・・・。
>三波伸介の子供に示す超俗的な態度
この作品の黒澤のヒューマニズムが最も良く表現されている部分だと思います。
>人生の悲哀や描写の苦味の中に人間のエネルギーを感じさせる、力強い作品
ここが、最も強く感じました。特にわたしは、三谷昇のクローズ・アップに後ずさりするほどのパワーを感じた覚えがあるほどです。
黒澤の魅力は、どの作品においても観るものが後ろに仰け反ってしまうようなエネルギーがフィルムに焼き付けられていることだと思っているんですけれど、オカピーさんはそのあたり、どう思います?

ところで、わたしは、この作品より「どん底」を買っているんです
そこが、わたしとオカピーさんの異なるところかもしれないな。「どん底」のラスト・シーンに黒澤の若いエネルギーがほとばしっていたように感じるからなんです。
では、また。
オカピー
2008年11月23日 02:04
トムさん、こんばんは。

>う~む、いい批評文ですね。
いや、上手く書くのは実に難しいです。
この作品を評したブログも少ないでしょうから、多少参考になれば良いかなと思います。^^

>黒澤のヒューマニズムが最も良く表現されている部分
そうですね。
原作はもっとシニカルだと思います。シニカルさの中に浮かぶ上がるヒューマニズムだと想像しています。

>三谷昇
僕が彼のエピソードで、墓穴がプールに見えてしまう場面の黒澤監督の処理にびっくりしましたね。
この場面に似た演出を見た記憶ありますが、その人は完全に影響を受けています。間違いない(笑)。

>エネルギーがフィルムに焼き付けられている
その通りですね。
しかし、僕は若い時はそれを抑えることが出来ずに力みになった部分を感じ、それが「どん底」より本作の後味を買う理由なんです。
「どん底」も本作くらいに神的な視線で描いた方が寧ろそのエネルギーが完全燃焼したのではないかと思うわけです。
好みのレベルですけどね。

この記事へのトラックバック

  • 『どですかでん』この映画を見て!

    Excerpt: 第223回『どですかでん』  今回紹介する作品は山本周五郎の原作『季節のない街』を黒澤明監督が自身初のカラー映画として製作した作品『どですかでん』です。 黒澤監督は『赤ひげ』以降、ハリウッドで『暴走機.. Weblog: オン・ザ・ブリッジ racked: 2008-12-26 23:37