映画評「ヘアスプレー」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2007年アメリカ映画 監督アダム・シャンクマン
ネタバレあり

そもそも戦前はミュージカル・コメディーと称していたくらいで、ミュージカルに悲劇や深刻なものは一切なかったわけだが、60年代以降社会性を帯びるとミュージカルは衰退するばかりだった。近年復活気味ではあるものの、やはり暗さが抜け切らない。

他方、「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」「プロデューサーズ」など一般映画が舞台ミュージカル化され、それが映画化されるというパターンが目立つ。何故かそのケースの作品には本来のミュージカルらしい楽しさが味わえる作品が多く、ジョン・ウォーターズが1987年に発表した同名映画のリメイクに当たる本作も、括弧付きになるが、そうした列に加えたい。

画像

1962年、女子高生トレーシー(ニッキー・ブロンスキー)はその巨大な体に似合わずダンスが得意で、地元TVの人気番組のダンス・メンバーになる夢を持っている。彼女以上に巨体な母親(ジョン・トラヴォルタ)は儚い夢を見ることに反対で父親(クリストファー・ウォーケン)は賛成、学校のダンス・パーティで司会者(ジェームズ・マースデン)の目を引いて遂に夢が実現する。
 これを面白く思わぬ差別主義者の美人プロデューサー(ミシェル・ファイファー)が彼女を排斥すべくあらゆる策略を巡らすと同時に黒人を番組から締め出したことから、黒人の友人が多いトレーシーはデモに参加、警官を殴って逃げる羽目に。
 そうした騒ぎのうちに始まった番組恒例の【ミス・ヘアスプレー】コンテストに厳しい監視をくぐって出場する。監視をくぐって出場する方法が面白いが、コンテストの顛末ともども観てのお楽しみということに致しましょう。

画像

学園ミュージカル的な趣向はかつての「グリース」思い出させ、意図してか偶然か、「グリース」のトラヴォルタと「グリース2」のミシェルが共演する配役上の嬉しさよ。或いは「サタデー・ナイト・フィーバー」を思い出す方もいらっしゃるでしょう。ダンスは群舞にパ・ド・ドゥ、白人風・黒人風と多様で見応えがあるが、見どころはトラヴォルタが女装巨体メイクで奮闘する場面に尽きよう。

音楽も、背景となった60年代風のナンバーばかりでご機嫌。特にニッキーの歌うオープニング・ナンバー「グッドモーニング・ボルチモア」が、当時流行していたガールズ・グループ、特にロネッツ辺りを意識した編曲で楽しめた。惜しむらくは、アフレコがオンマイクすぎて人物のサイズと合わない部分が多い。

画像

といった次第で、楽曲やダンスといったミュージカルの基本要素の扱いは「よく出来ました」と言えるレベルだが、物語に人種問題を絡めたことがちょっと気にかかる。社会的テーマを絡めながらミュージカルらしく明るく作られているのは確かな一方で、人種差別や外見の問題から脱却しようというメッセージ性をミュージカルにも取り入れてみたと理解したくなる雰囲気がなくもない。何処かむずがゆくて楽しくなり切れず、【括弧付き】とした所以でござる。一種の懐古映画だから、そう難しく考える必要もないのだろうけれどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年10月12日 02:32
こんにちは。
>60年代以降社会性を帯びるとミュージカルは衰退するばかりだった。
そうですね。そういう見方をすれば、なんとなくわかるような気がします。50年代までの「ミュージカルコメディ」とは、異質性があるんですね。
2008年10月12日 09:41
おはようございます。
TBだけ飛ばしてコメントは後にしようと思い、今頃になってしまった次第です。けして書きにくかったわけではありませぬ。(笑)
なるほどね、括弧付きというの、よくわかります。
最近は歌にメッセージ込めすぎなのかもしれませんね。
黒人バージョンのダンスと歌はかってに体が動き出すほど、ノリノリではありましたが・・・・
オカピー
2008年10月13日 01:17
kimion20002000さん

ミュージカル映画について書くとなると、必ず映画史的なところから始まってしまうのです。^^
そうですね、「ウエストサイド物語」以前のミュージカルは、楽屋裏やロマンスが中心でしたよね。
社会性とリアリズムが言わば、ミュージカルを一旦つぶしたわけですね。その中で出てきたのがロック・オペラ。
しかし、ミュージカル性と社会性、リアリズムは相反する要素だから、衰退するのは必然だったのでしょうね。
オカピー
2008年10月13日 01:28
しゅべる&こぼるさん、こんばんは。

たまにはすねてみようと思いまして。

楽しいのだけれど、30~50年代のミュージカルとはやはり違いますねえ。
昔のフレッド・アステアやジーン・ケリー、ジンジャー・ロジャーズやアン・ミラーみたいな踊りのプロがいないですし。
この時代、まあ無理に新作にそれを求める必要もないですよね。
2008年10月13日 22:09
こんばんは。この映画は昨年秋に出張時の飛行機の中で観ました。
わたし的には6点でしたが、評価の観点はオカピーさんに近い感じです。
良くできたミュージカルで、楽しい場面もあった一方で、どこか100%すっきり!という気分にはなれない、不完全燃焼の印象が残ってしまったのは、やっぱり人種問題の扱いが中途半端だったからのような気がします。
ロックミュージシャンがやけにエコや平和を訴えるパフォーマンスに走った時に感じる、むずかゆさに近い感じでしょうか?

余談ですが、ミュージカルと言えば、つい最近、劇場公開されたもので、全編ビートルズの曲を採用した「アクロス・ザ・ユニバース」というのがオカピーさんにオススメしたい一本です。
WOWOWには来年登場だと思いますが、ぜひお見逃しなく!
オカピー
2008年10月14日 00:28
RAYさん、こんばんは。

>人種問題の扱いが中途半端だった
そう思います。
何だか言い訳されているみたいな。
ロックミュージシャンのパフォーマンス・・・確かに。

>アクロス・ザ・ユニバース
勿論観ますよ。^^
WOWOWだけ集中するとずっと1年遅れなので待ち遠しい気がしないのですが、いざそう言われると待ち遠しくなる(笑)。
シュエット
2008年10月15日 11:45
これは乗れなかった。
なんで女装する必要があるんだ!ってまじに考えてしまった。
重かったです。私には。
オカピー
2008年10月15日 22:49
シュエットさん、こんばんは。

やはり【社会問題】を入れれば、どんなに軽く見せても、重苦しくなりますね。どちらかに徹するべきだったなと思います。

>女装
これに関しては舞台からの伝統だという【解説】があります。僕もトラヴォルタは苦手だし、一般の女優を使えば良かったというのが本音です。

この記事へのトラックバック

  • 映画 【ヘアスプレー】

    Excerpt: 映画館にて「ヘアスプレー」 ジョン・ウォーターズの同名カルトムービーを基にした大ヒット・ミュージカルを映画化。 おはなし:1962年のボルチモア。歌とダンスに夢中な女子高生トレーシー(ニッキー・ブ.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-10-11 18:10
  • ヘアスプレー

    Excerpt: 「ヘアスプレー」の試写会に行ってきました! (てっきり整髪料を発売している会社が試写会を主催してるのかと思ってましたが、全然違ってたのでビックリ{/face_ase2/}) あらすじは・・・ 60.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2008-10-11 19:43
  • ヘアスプレー(1988)

    Excerpt: 紀伊國屋書店 ヘアスプレー もうすぐヘアスプレーが公開ですね。 すごく待ち遠しい! やっぱり歌やダンスが満載の映画は大画面で観たいですよね。 で今回は予習?復習.. Weblog: 愛情いっぱい!家族ブロ! racked: 2008-10-11 21:41
  • ヘアスプレー

    Excerpt: 最高にハッピーになれる映画が誕生♪ 「ヘアスプレー」観に行ってきました。 なぜか、オリジナルの「ヘアスプレー」はビデオで持ってます。(笑) その記事はこちら から! おおすじは.. Weblog: 愛情いっぱい!家族ブロ! racked: 2008-10-11 21:42
  • 『ヘアスプレー』

    Excerpt: (原題:Hairspray) ----あれっ。このタイトルってどこかで聞いたことあるニャあ。 「なかなか鋭いなあ。 この映画はいわゆるカルトムービーとして知る人ぞ知る ジョン・ウォーターズの同名映画.. Weblog: ラムの大通り racked: 2008-10-11 22:27
  • mini review 08302「ヘアスプレー」★★★★★★★☆☆☆

    Excerpt: ジョン・ウォーターズの同名カルトムービーを基にした大ヒット・ミュージカルを映画化。人種差別が残る60年代のボルチモアを舞台に、外見を気にしないビッグサイズのヒロイン、トレーシーが活躍する。監督は『ウェ.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2008-10-12 02:27
  • ★「ヘアスプレー」

    Excerpt: 今週の平日休みは、映画→ブロードウェイ・ミュージカル→映画化された作品。 予告編ではオデブなトラボルタは出てくるし・・・ 結構笑えそうなミュージカルという事で、ひらりんの期待大。 Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2008-10-12 03:44
  • ヘアスプレー(映画館)

    Excerpt: ハマる!ハジケる!ハチキレる!? Weblog: ひるめし。 racked: 2008-10-12 12:32
  • ヘアスプレー

    Excerpt: トラボルタ ノリノリ~o(^^o)(o^^)o 88年ジョン・ウォーターズ監督のコメディ映画を 2002年にミュージカルで初演され 今回は、そのミュージカル版の映画化ということで.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2008-10-12 20:05
  • ヘアスプレー 試写会にて

    Excerpt: とってもハッピーな痛快青春ストーリー Weblog: シャーロットの涙 racked: 2008-10-13 10:20
  • ヘアスプレー

    Excerpt: Hairspray (2007年) 監督:アダム・シャンクマン 出演:ニッキー・ブロンスキー、ジョン・トラヴォルタ、ミシェル・ファイファー、クィーン・ラティファ 1988年の同名映画が2002年にブ.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2008-10-13 23:52
  • ヘアスプレー

    Excerpt: 女子高生版ブルース・ブラザースじゃなかった。 Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2008-10-15 02:20
  • 「ヘアスプレー」

    Excerpt: HAIRSPRAY 2007年/アメリカ/116分 at:ミッドランド・スクエア・シネマ(名古屋) 「ヘアスプレー」週末に娘がいる名古屋へ行ったので、娘と一緒に観にいってきました。 これは.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2008-10-15 11:46