映画評「アレックス・ライダー」

☆☆★(5点/10点満点中)
2006年イギリス=アメリカ=ドイツ映画 監督ジェフリー・サックス
ネタバレあり

「スパイ・キッズ」で映画界は子供のスパイというアイデアに着目したのか、2年後に「エージェント・コーディ」が発表されて続編も作られたが、アンソニー・ホロヴィッツの原作を映画化した本作はぐっと本格的で、スパイ映画と言えるだけの要素は揃っている。

謎めいた行動をとっていた叔父(ユワン・マクレガー)の謎めいた死にショックを受けた14歳のアレックス(アレックス・ぺティファー)は叔父が所属していた英国情報機関M16のMならぬミスター・ブラント(ビル・ナイ)に抜群の運動能力を認められて後釜に座らされ、新世代パソコンを全学校に寄付すると発表したIT長者(ミッキー・ローク)の陰謀を暴く指令を実行する羽目になる。

全体的にご本家「007」のヤング・パロディ版と言いたくなる構成で、ロークが大きな水槽にどでかいクラゲ、多分<かつおのえぼし>を飼っていて小魚が触れた途端に骨になってしまうなんて場面もある。実際のかつおのえぼしは触れると毒を出すが骨になったりはしない(笑)。しかし場合によっては死亡するので要注意。

本格的と持ち上げてはみたものの実は不満が多い。
 「007」のQ宜しく、強烈なボンド型溶剤(ボンドと言っても007ではない)やらソフトの入れ替えで多様に使える携帯型ゲーム機やらが紹介される場面は面白いが、主人公が悪漢の用意した要件を満たすパソコンオタク少年に成りすまして堂々と潜入するのは肩すかし気味でつまらない。IT時代故のマイナス面と言うべし。

少年なので007のような複雑で興味深い人物像も到底無理で、その代わりロークの部下になる美人(当方、若い女性という意味で時に【美人】という表現を使うので実際に美人かどうかとんと責任を持たぬ)ミッシー・パイルはなかなか強烈である。

何と言っても最大の不満は、首相をはじめ国家が自らの情報機関の情報を信じないで敵の罠に落ちようとしていること。子供のスパイと言っても大人も観る作品であるわけだからこういう手抜きはいけません。お笑いのつもりかもしれないが一体何の為の情報機関なのかねなどと思っていると、最後にハロルド・ロイド以来サスペンス映画には欠かせない宙ぶらりんが登場。これぞ本当のサスペンス(宙ぶらりん)とご機嫌になった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

シュエット
2008年09月11日 14:39
これ、劇場までお金払っていかないからWOWOWではじめてみました。どうせ子供だまし(若い人向けという意味の)かと思ったら、言われるような不満点はあるものの結構、楽しめましたね。
で、IT長者がミッキー・ロークだった?って今はじめて知った。
アレックス・ぺティファー君がなかなかの好感度でした。
こういうのも、たまに見るもんですね。もっぱらシネフィル・イマジカだから。
話は変わるんですけどね。「TOKYO!」のメイキング・フィルム観てたら3人の好きなまたは影響を受けた日本映画の監督っていう質問に
カラックスは「成瀬と溝口。女優は高峰秀子がいい」って。ボン・ジュノは今村昌平だって。これはやっぱりなって思いますよね。
ゴンドリーは黒澤明で「デルス・ウザーラ」と「七人の侍」がとりわけ好きみたい。リメイクの「荒野の七人」人種差別もあって時代遅れだけど、「七人の侍」の考えとか気持は共感できるって。三船の横にいるカエルみたいな顔の役者=志村喬が存在感があっていいって。目がいいって。
それぞれの個性が好きな監督にも現れてますよね。
シュエット
2008年09月11日 14:39
続き
TOKYO!は私は彼等が捉えた東京・日本のイメージが普通っぽくって都会的でなくって、シニカルで、面白かったけど、どちらかというと不評みたいです。
オカピー
2008年09月12日 01:48
シュエットさん、意外な作品にコメントですね。^^

>ミッキー・ローク
当方もタイトルで確認するまで解りませなんだ。^^;

>「TOKYO!]のメイキング・フィルム
ゲッ! もう観られるんですか?

>カラックス
ゴダールの影響でしょうか、フランスでは溝口と成瀬は人気。それから今村昌平と大島渚かな。小津はまあ全世界的に人気。
という意味で、ゴンドリーの黒澤明はちーと珍しいかも。しかも彼氏の映画は全く変てこですから、想像だにできませんや。

>ボン・ジュノは今村昌平
「復讐するは我にあり」なんて何度も観ていそうですね。
僕は一回きり。一番再鑑賞したい今村作品かもしれないです。

この記事へのトラックバック

  • アレックス・ライダー

    Excerpt: Stormbreaker (2006年) 監督:ジェフリー・サックス 出演:アレックス・ペティファー、ミッキー・ローク、ビル・ナイ、ユアン・マクレガー 少年スパイの活躍を描いたイギリスの人気小説の映.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2008-09-04 22:34
  • <アレックス・ライダー> 

    Excerpt: 2006年 イギリス・アメリカ 94分  原題 Stormbreaker 監督 ジェフリー・サックス 原作 アンソニー・ホロヴィッツ「ストームブレイカー」 脚本 アンソニー・ホロヴィッツ 撮.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2008-09-11 00:00