映画クイズ(1)・・・答えと解説

 9月13日(土)に開催しました映画クイズ(1)は、ちょっと難問だったせいか参加者は5名ほどで数的に物足りない思いもありますが、アクセス数はまずまずで、まずは好評ということで締めて良いのではないかと思います。
 今回男性陣三名は全く解らないと全員がお手上げ、女性陣は勘が鋭いのか、最初から正解枠に入ってきました。ただ、こちらの思い描いていた答えの設定とは違っていまして、RAYさんが二度目のアクセスでずばり正解に至ったのでありました。パチパチパチ。

 以下、正解と解説です。

 問題(1)は以下の作品の共通点を探らせるものでした。

犬神家の一族
ビルマの竪琴
知りすぎていた男
噂の二人
伊豆の踊子
絶唱
ナイトウォッチ
人生とんぼ返り
浪人街


 そもそもこの問題の発想の元になったのが、「犬神家の一族」の感想で「同じ監督がリメイクするのは殆ど例がないのではないか」といったコメント。この時点で僕は「うんにゃ」と思いこれはクイズになりそうだと思った次第です。
 つまり、答えはセルフ・リメイク(の作品)ということになります。

 「犬神家の一族」はご存知の通り市川崑単独としては最後の作品となったわけですが、市川監督は「ビルマの竪琴」でもやっています。

 セルフ・リメイクと言えば第一に思い出すのがアルフレッド・ヒッチコックの「知りすぎていた男」。オリジナルの邦題は「暗殺者の家」で、ヒッチコックが日本に正式に紹介された記念すべき作品でもあります。そもそも大監督・巨匠と言われる人はセルフ・リメイクとまでは行かないまでも、それに近い作品は必ず作っています。ヒッチコックの代表作の一本「北北西に進路を取れ」は戦前の「三十九夜」や戦中の「逃走迷路」の拡大リメイクと言っても良いほどの作品でした。
 宮崎駿の「もののけ姫」も「風の谷のナウシカ」のリメイクと言っても良い構図ですし、小津安二郎に至っては類似のテーマが多くて全てがリメイクと言っても言い過ぎではないほど。「お茶漬の味」は「淑女は何を忘れたか」にかなり似ていますし、「秋日和」を「晩春」の事実上のリメイクと指摘する人も多いですね。

 「噂の二人」は好きというよりは最も尊敬する監督ウィリアム・ワイラーの作品。戦前の傑作「この三人」が同性愛差別という問題を打ち出せなかったのでリメイクしたわけですが、映画としてはオリジナルのほうが上ではないかと思います。「ジュリア」でもちょっと出てくるリリアン・ヘルマンの出世作が原作です。

 「伊豆の踊子」は僕の調べた範囲では12回実写映像化されていてそのうち6本が劇場用映画。われらがV姐さんはこの作品で多分引っかかったのですが、最後の映画化である山口百恵主演版を監督したのが西河克己で、以前に吉永小百合主演で作っています。
 西河監督はセルフ・リメイクの多い人で、「絶唱」もそうですし、「エデンの海」なんてのもそうですね。

 今や大人気のユアン・マクレガーが10年ほど前に主演した「ナイトウォッチ」は、デンマーク出身のオーレ・ボールネダルが僅か3年後にアメリカでリメイクした恐怖映画。同じような形でネタ不足のハリウッドに作らされたのが清水崇の「THE JUON/呪怨」です。グルジア出身のゲラ・バブリアニも「13/ザメッティ」のリメイクをアメリカで撮らされるようです。気の毒に(笑)。
 このケースで喜劇では、監督も主演も同じという「マイ・ラブリー・フィアンセ」というのがあります。主演はジャン・レノで、監督はジャン=マリー・ゴーベール。オリジナルの邦題は「おかしなおかしな訪問者」でした。

 「人生とんぼ返り」と「浪人街」は共にマキノ正博(雅弘・雅裕)の時代劇。特に「浪人街」はフィルムが焼失したはずの時代劇の傑作をオリジナルにした作品。マキノ氏はこの他にも何本かセルフ・リメイクがあると思います。

 まだまだあると思いますが、すぐには思い付かないので、セルフ・リメイクのお話はここまで。もしご存知の方はコメントにてご教授ください。


 続いて問題(2)。次の作品からやはり共通点を探させるものです。

犬神家の一族(2006年版)
黄昏(1981年アメリカ映画)
HERO(2007年日本映画)
明日に処刑を・・・
越前竹人形
ランブリング・ローズ
ロッキー5/最後のドラマ


 これは香港映画と同じタイトルの邦画「HERO」で、松たか子と松本幸四郎が共演しているのを見るうちに、ヘンリー・フォンダとジェーン・フォンダが共演した「黄昏」を思い出し、クイズにできそうだなあと思ったわけです。
 従って、正解は親子が共演した作品です。

 またまた登場の「犬神家の一族」は、富司純子と尾上菊之助の母子共演。「HERO」同様に歌舞伎役者がらみ。梨園恐るべし(笑)です。

 「明日に処刑を・・・」は結果的に引っかけ問題になりました。マーティン・スコセッシの埋もれた名編で、デーヴィッド・キャラダイン(キャラディーン)とバーバラ・ハーシーのご夫婦(内縁だったか?)共演。が、実は、デーヴィッドの親父であるジョン・キャラダインが出演しているのでございます。引っかける気はなかったけど、V姐さんを引っかけてしまいました。御免なさい。

 「越前竹人形」は、中村鴈治郎と玉緒の父娘共演。玉緒さん、今みたいにとぼけておりません(笑)。

 「ランブリング・ローズ」は、今では娘の方が有名になったダイアン・ラッド(母)とローラ・ダーンの共演作。父親はわがご贔屓ブルース・ダーンです。

 「ロッキー5/最後のドラマ」は、シルヴェスター・スタローンが息子セイジと親子役で共演。「デイライト」でも共演しています。

 ここに挙げていない人では、クリント・イーストウッドが娘アリスンと「ブロンコ・ビリー」や「タイトロープ」など、息子カイルと「センチメンタル・アドベンチャー」「マディソン郡の橋」などで共演。
 近作では、ウィル・スミスが「幸せのちから」で、息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスと共演しています。

 探せばもっとあるでしょうが、時間に限りがありますので、この辺で。


 次回はもう少し簡単にしようかと思っています。またご参加ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2008年09月26日 15:41
 おひさしぶりです!

知らない間にクイズの主催をなさっていたので、驚きました(笑)

体調を崩されたとのことでしたが、もう大丈夫なんですか?気候も落ち着いてきますし、ご養生ください。

当方、最近はどっぷりとビートルズに浸っております。キャピトルの米盤ボックス・セットに始まり、アナログまで手を出し始めたんで、お金がかかって困ります(笑)

ではまた!
オカピー
2008年09月27日 01:10
用心棒さん、こんばんは。

>体調
昨年の8月からなんですけどね。
現在は、風邪もひいていないのにめまいがする状態。
映画評の為にない頭を使いすぎているせいというのが、僕の自己診断です(爆)。

>クイズ
映画評ばかりやっていると、何だか疲れるので。

>ビートルズ
映画のほうはスランプのようですね。
小生、ボンビーにつきCDも何も買えたものじゃない。
アナログはアンプが壊れたので、ヘッドアップか昇圧トランスを買わないと聴けない状態。
しかし、Money, that's what I want!です(笑)。
2008年09月27日 23:50
 こんばんは!

まずはAll You Need Is Healthでしょうか。

アイム・ソー・タイアードな夏も終わり、

ヒア・カムズ・ザ・サンのように気候も過ごしやすくなりますし、

元気にハッピー・クリスマスを迎えられると良いですね。

しかし、キャピトルの『アイ・フィール・ファイン』のディープ・エコーは凄かったです!

映画も観てはいるんですが、どうも書こうという意欲があまり湧かないんですよ。しばらく溜め込んでから、また始めます。

ではまた!
オカピー
2008年09月28日 03:56
用心棒さん、こんばんは!

おおっ!
見事に返り討ちに遭いましたな(笑)。

>まずはAll You Need Is Healthでしょうか。
なんで、医療保険の設計書が来ているのですが、やはり、moneyなんですよ、ネックが。
かと言って、I'm Only Sleepingというのもねえ。

そう言えば、キャピトル版の「アイム・オンリー・スリーピング」も面白いと聞いたことがありますが?
2008年10月04日 22:35
 こんばんは!ビートルズ地獄にはまり込みましたので、お金がかかってしょうがない現状です。
>「アイム・オンリー・スリーピング」
 僕が持っているのは2種類ありまして、ひとつはオフィシャルの『リヴォルヴァー』収録分、もうひとつはおっしゃるとおりキャピトル『イエスタデイ・アンド・トゥデイ』のモノラル盤のテイクです。
 シタールみたいなギター・ソロの入り方がユニークで、正規盤では最後に出てくるギター・フレーズが2番のサビで唐突に出てきます。このフレーズは最後にも出てくるので、都合二回ほど収録されています。
 アメリカではこちらが通常だったのか、『レアリティーズ2』には僕らにとっては普通のテイクが「珍品」として収録されていました。
 ぼくはブートのアウトテイクよりも、各国正規盤のテイク違いを集めるのが趣味なので、こういう違いは楽しいですよ。
 ではまた!
オカピー
2008年10月05日 03:11
用心棒さん、こんばんは。

>最後に出てくるギター・フレーズが2番のサビで唐突に
なるほど。それは面白そう。

>各国正規盤のテイク違い
確かにそちらのほうが面白いでしょう。
中味は同じでもジャケットが違うのをコレクションしている人を知っていますが、膨大な数になりますね。シングルと合わせて数千枚になるらしい。
ビートルズも実に罪深いですよ(笑)。

この記事へのトラックバック