映画評「舞妓Haaaan!!!」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2007年日本映画 監督・水田伸生
ネタバレあり

僕はTVドラマは一切見ないので人気脚本家・宮藤官九郎と言われてもピンと来ず、メガフォンも取った「真夜中の弥次さん喜多さん」で初めて意識したわけだが、今回は監督をしていないので脚本家としての力が把握しやすいと思う。

画像

中学の修学旅行先の京都で舞妓に出会って以来舞妓の大ファンになり、「舞妓はんと野球拳をする」のを夢に見て専門サイトを立ち上げた食品会社社員・阿部サダヲは強烈な荒らし(自称お座敷荒らし)に翻弄されて一念発起、京都工場へ左遷させられたのをきっかけにお茶屋に入ろうとして「一見さんお断り」の原則に改めて気付かされ、工場で大ヒット商品を生み出す実績を上げて、遂に座敷通の社長・伊東四朗のお墨付きを得る。

【一念岩をも徹す】を地で行くドタバタ喜劇で、序盤ミュージカル的な幻想場面が挿入されたり、大げさなリアクションを見せたり、全体的に舞台的な乗り。我々庶民は高級クラブ、お茶屋の類には縁がないので、「一見さんお断り」など一通り芸者遊びの勉強になると思って観ていればなかなか楽しめよう。

画像

方向性は序盤からきちんと打ち出されていて、実はプロ野球界最高の年俸を誇るベテラン投手・堤真一が荒らしの張本人で、それと気付いた阿部社員がライバル意識をむき出しに好敵手になっていく、というお話である。
 しかも堤氏がそうと知ってか知らずか、投手を辞めて突然映画俳優になったかと思うと格闘技に転向、チェーン店の経営を経て、遂には党首(投手の駄洒落)ならぬ市長選に名乗り出る。その変り身の早さも怒涛なら、それに追従していく阿部社員ももの凄い。ナンセンス・コメディどころかジェットコースター・コメディである。この感覚は「弥次喜多」でも多少は見られたが、今回の方が切れが良くて楽しめ、一貫した作りも認めて宜しい。

画像

さすがに市長選挙に落ちた阿部君は失望して東京へ帰ろうとする。東京から彼を追って芸者修行を始めた恋人・柴咲コウがこれに絡むが、堤氏は彼女に入れ込み、阿部君は芸者・小出早織の<旦那はん>になるべき男。堤氏が早織姐さんの実の父親と判明した時点で全ての関係は収まるところにしか収まるしかないわけで、二人の好敵手ぶりに比べると女性関係の方は【だし】くらいの扱いでござる。

僕らも高校時代、班に別れて京都を散策した。懐かしいなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『舞妓Haaaan!!!』

    Excerpt: いやぁ、好きなことへの執念って、すごいね(笑)。 仕事で結果を出したらお茶屋に連れてってやるとの社長の言葉に、 挫けるかと思いきや(そこで挫けちゃ映画そこで終わっちゃうけど)。 お茶屋で.. Weblog: *モナミ* racked: 2008-09-01 19:42
  • 舞妓haaaan!!!

    Excerpt: 京都を堪能できる映画かと思ったら、ロケ地は近所だった・・・ Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2008-09-01 19:51
  • 映画 【舞妓Haaaan !!!】

    Excerpt: 映画館にて「舞妓Haaaan !!!」 クドカンこと宮藤官九郎が、ルールやしきたり満載の“舞妓”の世界を描く。監督は水田伸生。 中学の京都への修学旅行以来、熱狂的な舞妓ファンになった鬼塚公彦(阿部.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-09-01 21:11
  • ★「舞妓 Haaaan!!!」

    Excerpt: (2007/A110/S57)←今年通算110本目の鑑賞。 今週公開作は、週刊誌で★印が多かった「ゾディアック」も注目だけど・・・ 予告編見て、こりゃ面白そーーーーっ・・・て感じてたので、この作品.. Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2008-09-02 01:09
  • 舞妓Haaaan!!!(映画館)

    Excerpt: 京都は日本の宝どす。 Weblog: ひるめし。 racked: 2008-09-02 11:23
  • 舞妓Haaaan!!!

    Excerpt:       「金払たら、なにしてもかまへんねん」(悦)   ひゃ、くぅ、え~、ちょ、も、どんだけ、あかんって。。。 おもろすぎるやんかいさぁぁぁぁーーーーっ!!! ま、騙された思.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2008-09-03 14:45