映画評「リーピング」

☆☆★(5点/10点満点中)
2007年アメリカ映画 監督スティーヴン・ホプキンズ
ネタバレあり

どうでも良いですが、今日は僕の誕生日です。

世間で大した話題にならない中で僕が大いに評価した「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」を監督したスティーヴン・ホプキンズとしてはやはり本来この手の娯楽作品が本来のフィールドなのだろうと思う。
 娯楽作品と言っても本作は本質の部分で非クリスチャンに解る筈もないオカルト・ホラーで、M・ナイト・シャマラン的な展開だが、どんでん返しに夢中になって空洞化が激しいシャマランの映画より余程気が利いている。

スーダンでの布教活動中に夫と娘を生贄にされてしまって信仰心を捨てた元女性聖職者ヒラリー・スワンクは、現在聖書に書かれた奇跡は科学的に全て説明できると豪語する学者に変貌、請われて同僚と共に不可解な事件の続く町へ調査に行くことになる。
 少年が妹(アナソフィア・ロブ)に殺されたと言われる川は真っ赤に染まり、多数の虻やぶよなどが発生する。旧約聖書にそっくりな科学的な現象と滔々と説くが、川や死んだ牛の分析結果は何の異状も示さず、少年のひからびた死体は科学では説明がつかない。町民たちは少女がサタンなので殺すように仕向けるが、ヒラリーにそれを信じない直感が働く。

今たまたまジョン・ミルトンの「失楽園」を読んでいるせいかもしれないが、神と悪魔の表裏一体性をテーマにしているように感じる。
 【言わぬが花】の終盤の展開に触れないと説明しにくいものの、そうした宗教的部分に関しては大変面白く見られる一方、眼目の一つと思われる昆虫の大群など今さら何という程のものではない。その昔昆虫パニック映画で類似場面を腐るほど見せられたし、「スクワーム」でスパゲッティ状態になったミミズとゴカイ数万匹(全て本物)を目にした僕である、CGのイナゴの大軍など屁でもない(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

豆酢
2008年07月23日 23:04
ぎゃあああああ!

あたくしのトラウマ映画「スクワーム」!!!

あれを観たひにゃ、2~3ヶ月は長くて細いものは喉を通りません。心底、観賞したことを後悔した映画です(_ _。)。

で、「リーピング」…。ええっと、顔になんやら泥のようなものをぐっちゃり塗って、それが冷えて固まったらびりびり引き剥がすものですか(・∀・)?
「ライフ・イズ・コメディ」は本当に面白かったですが、その監督さんの作品だったのですね…。知らんかった…。

そんなことより(笑)!プロフェッサー、お誕生日おめでとうございます!今後も末永く、我々迷える映画子羊をお導きくださいますよう、よろしくお願いしますね。この1年が、プロフェッサーにとって良き年になりますように。
オカピー
2008年07月24日 02:30
豆酢さん、こんばんは!

>誕生日
こんな変な映画だから、お祝いにいらっしたのはお豆酢さんお一人。
寂しかあ。^^

>スクワーム
出演者はもっと大変だったと思うべしよ。
根性あるわいな。
しっかし、気持ち悪い映画でしたねえ。
細長くてくねくねするのは一匹でも嫌なのに、あの凄まじい数では。
あれを見た人間は僕くらいと思っていた(笑)!

>リーピング
真面目に答えますと、恐らくは「因果応報」に近い意味ではないかと思いますが、内容を見てもよく解りません。

>迷える映画子羊
何を仰る豆酢さん!
僕自身、相当迷っていますよ。^^;
次の1年、参考になることが一つでもあれば良いと思います。
こちらも勉強させて貰います。

何だかフランスのほうへ行かれるとか?
あちらからもヨロシクお願いしますね。寂しくなるから。
2008年07月24日 20:21
ああ、オカピーさん、1日遅れてしまいましたが、お誕生日おめでとうございます。うちの弟と同じ日なんですわ。もうしっかりと覚えておきますですよ。
「リーピング」は未見ですが、コメントに来ちゃいました(^^)
「チャリチョコ」や「テレビシア~」のアナソフィア・ロブが主演でしたね。あの子これからどういう風に化けるんでしょう・・・
監督は「ライフ・イズ・コメディ」の監督さんなんですね。
わたしもあの作品は大好きですよ。
>今たまたまジョン・ミルトンの「失楽園」を読んでいる
すごいですね~。わたし何度本屋さんで手にとっては買わず、読まずできてしまいました。ミルトンの「失楽園」もダンテの「新曲」も「セブン」で知ったのです。(苦笑)
オカピー
2008年07月25日 01:29
しゅべる&こぼるさん、こんばんは!

有難うございまする~。<(_ _)>
弟さんと同じですか。親しみが湧きまする~。^^

>アナソフィア・ロブ
アップで見ると凄く大人っぽくて、マイルドな美貌ですね。
将来が楽しみだなあ。^^

>ライフ・イズ・コメディ
僕の周囲では評判良いのに、世間ではかなり無視されました。残念。

>失楽園
読解に難儀した「神曲」と違って大衆的で、日本のアニメ映画を文字にして読んでいるみたいですよ。
映画を見ると知識が増え、映画を観る為に知識を増やす。この繰り返しで良いんじゃないですかねえ。

この記事へのトラックバック

  • リーピング

    Excerpt: あなたは奇跡を信じますかぁ? Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2008-07-23 21:39
  • リーピング

    Excerpt: どんだけぇぇぇ~!!! も、どんだけぇ~、ありえないイナゴの大群の数ぅ!!! 虫嫌いの私にはサブイボ(鳥肌)ものでした! 全くノーマークだったこの映画。 映画館のチラシをチ.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2008-07-24 08:44
  • リーピング(映画館)

    Excerpt: イナゴ少女、現る。 Weblog: ひるめし。 racked: 2008-07-24 09:24
  • 映画 【リーピング】

    Excerpt: 映画館にて「リーピング」 キャサリン(ヒラリー・スワンク)は元・宣教師。アフリカで布教活動していた時期にある事件で娘と夫を亡くしてしまう。そこから彼女は信仰心を捨て、方向を180度転換し、奇跡と呼ば.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-07-24 21:22
  • リーピング

    Excerpt: The Reaping (2007) 監督:スティーブン・ホプキンス 出演:ヒラリー・スワンク、デヴィッド・モリッシー、アナソフィア・ロブ 旧約聖書の出エジプト記に記載のある“十の災い”をモチーフに.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2008-07-27 16:21
  • リーピング

    Excerpt: 何も考えたくない時に見たい映画シリーズの続き。(笑) 大丈夫か?私。( ^ _ ^; イナゴ少女のテレビCMが印象的でしたね。 “奇跡”と呼ばれる現象の真相を暴く第一人者である大学教授のキャ.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2009-03-03 14:46