映画評「白い巨塔」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1966年日本映画 監督・山本薩夫
ネタバレあり

山崎豊子の同名小説はこれまで5度映像化されているが、その最初の映像版である。他の4回はいずれもTVシリーズで、二度目のシリーズ化で本作主演の田宮二郎が同じ役に起用されたのを記憶している諸氏も多いだろう。2003年のTVシリーズも話題になったが、連続ものとは30年前に縁を切った僕は勿論観ていない。

画像

浪速大学医学部第一外科東(あずま)部長(東野英治郎)の来年3月の退任をもって教授職が空席になる。
 助教授の財前(田宮)の昇進が有力視される中、肝心の東は彼の傲慢不遜で自信過剰な人柄を嫌って、日本医学界の重鎮・船尾教授(滝沢修)を後ろ盾に金沢大学の菊川教授(船越英二)を推薦するが、菊川推薦に協調する第二外科の今津教授(下條正巳)の狙いは東教授退任後の勢力拡張。どちらも嫌う大学民主化グループは同大出身である第三の人物を用意する。
 大阪医師界幹部である戝前の義父(石山健二郎)は鵜飼医学部長(小沢栄太郎)を買収するが、いずれのグループも決定打を欠いたまま、激しい裏工作が繰り広げられる。

画像

社会派映画の第一人者・山本薩夫には力作が多いが、ある時点まで余りにもプロパガンダ的でエンタテインメント性を欠く弱点があった。。
 しかるに、本作は社会派と言ってもパワー・ゲームのスリルに満ち溢れ、手に握った汗が乾く暇もない程。日本映画には珍しいパーフェクト・ゲームと言うべし。

原作のおかげもあるのだろうが、構成の巧妙さに舌を巻く。権力争いの合間合間に戝前の自信過剰と尊大さが生む誤診問題を小出しに進行させ、教授選考問題が決着を見た後息をも付かせず、医療過誤裁判に入っていくのである。こちらもどちらへ転ぶとも予測が付かない際どい勝負で思わず前のめりになって観てしまう。特に選考問題でプライドを傷つけられた船尾教授を再登場させる辺りの鮮やかさは特筆したい。

画像

感情に走らず観照に徹した山本監督の態度も見事。医学界も象牙の塔も結局は権力か金或いはその両方を持つ人間が幅を利かせる欲望渦巻く薄汚い世界であることにぞっとさせられる。

白い虚塔。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年07月20日 09:12
「巨塔」というのは原作者の“造語”でしょうね。
ウチの電子辞書で入力すると
“去冬”“巨頭”“挙党”あたりが出ます。^^

>白い虚塔。

このたびプロフェッサーによる
新たな“造語”が誕生・・・ですね♪

>縁を切った僕は勿論観ていない。

78年版は残念ながら、私、ガッツリ、
はまって(笑)もれなく見ておりました。
だって素晴らしいんですもの~!
あの頃作られていた連続TVドラマは
なかなかあなどれませんでしたわ。
まして放映中に田宮氏、自死しちゃったから
もう、たいへん。

山本版では田村高廣(2枚目のお写真ね)でしたが、
TV版での山本圭(薩夫さんの甥っこさんなのね)が、
財前田宮(笑)と対照的な実にいい芝居を残しました。

>珍しいパーフェクト・ゲームと言うべし。

まさに御意!

すごい映画ですよ!

現代の“巨塔”も
根っこのところは今も変らずでしょう(--)^^
オカピー
2008年07月21日 01:47
viva jijiさん、こんばんは!

>「巨塔」というのは原作者の“造語”
そうなんですよ。だから何回も打つとなると、結構面倒くさい。

>白い虚塔。
最近太字部分が思いつかないスランプに陥っていたので、たまには「えいやっ」とね。わりと上出来?

>田宮氏、自死
僕はどのシリーズも観ていないんです。
連続ドラマは1975年くらいから殆ど見なくなり、最後に見たのは78年の「青春の証明」。連続と言っても6話くらいでしたが。

隣の家に住む後輩が慌てて報告しにやってきたっけ。
撮影は完了していたんですね。
「タイムショック」の司会ではそんな風情は見えませんでしたのに。

>現代の“巨塔”も
そうでしょうなあ。
それとは別に医療制度の改悪で、地方は医者がいなくなってしまった。
責任者出て来い!(笑)
蟷螂の斧
2021年04月01日 04:01
おはようございます。先日渡辺祐介監督、田宮二郎主演映画「必殺仕掛人」を見ました。緒形拳とは違った藤枝梅安をうまく演じていました。

さてこの映画。2枚目の写真。病院の中で教授たちが煙草を吸う場面を思い出します。昭和と言う時代なんですね。

>どちらも嫌う大学民主化グループは同大出身である第三の人物を用意する。

僕の知人の開業医からもそういう争いを聞いた事があります。

>日本は来年までかかりますかねえ。

聖火ランナーがスタート。東京五輪に向けてカウントダウン。もう止まらないですね。
オカピー
2021年04月01日 22:39
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>渡辺祐介監督、田宮二郎主演映画「必殺仕掛人」

都会的なムードがある田宮二郎には余り時代劇のイメージがないのですが、やればできるものなんですね。

>僕の知人の開業医からもそういう争いを聞いた事があります。

同級生に医者が多いのですが、父親が色々と病院を転院(複数の病気の為)した時、僕の同級生が循環器部長かつ副院長として別の病院から赴任し、父親の面倒を見てくれたという出来事がありました。争いではないですが、引き抜かれた模様です。

>聖火ランナーがスタート。東京五輪に向けてカウントダウン。もう止まらないですね。

五輪の放送権を持ち、IOCに多大な影響力を持つNBCが五輪開催に否定的だそうです。それくらいならば、僕の主張する10月開催をトライして欲しかったなあ。三カ月違うとワクチン接種が全然違うので、安心度が高くなったはずなんですが。しかし、変異種の蔓延するとまた新しいワクチンを接種する必要が生じます。早く汎用ワクチン(新潟大が開発しているはず)を開発して欲しい。

この記事へのトラックバック

  • <白い巨塔> 

    Excerpt: 1966年 日本 150分 監督 山本薩夫 製作 永田雅一 原作 山崎豊子「白い巨塔」 脚本 橋本忍 撮影 宗川信夫 音楽 池野成 出演 田宮二郎  東野英治郎  小沢栄太郎  加藤嘉 .. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2008-07-31 10:19