映画評「茄子 スーツケースの渡り鳥」

☆☆★(5点/10点満点中)
2007年日本映画 監督・高坂希太郎
ネタバレあり

茄子 アンダルシアの夏」の続編に当たるビデオ映画で、主要スタッフはほぼ同じ。

今回は日本の山間部の周回コースで行われるレース模様が中心で、前作で優勝したぺぺはパオパオビールを首になっていない(笑)。舞台は栃木県宇都宮市で行われるジャパンカップ。隣県だけにどこかで見た風景が次々と出てくる。

画像

今回底流にあるテーマはレーサーの苦悩である。ぺぺの同僚チョッチはレーサーとしての将来が約束されていない苦悩を抱いているし、彼の同郷の出身でぺぺのアイドルでもあるマルコの自殺から物語が始まっている。マルコの自殺の理由は恐らくトップレーサーでいることの孤高な苦しみにある。
 その一方、観客にとって普遍性のあるテーマではなく、その陰湿さとバランスを取るために強調される喜劇性故に、前作のように我々の心に自転車の疾走に伴う爽やかな風が吹いては来ない。

画像

慣れない日本で過ごす選手たちをバックアップする少女と弟が絡んできて賑やかすのは結構だが、前回に比べて茄子漬けの意味も薄く、作品の純度に物足りないものがある。

レース模様は前回より集中的に描かれ、前回同僚を勝たせる役目を負いつつ結局自ら勝ったぺぺがチョッチをきっちりサポートするなど、自転車ファンならにやりとする展開であろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

シュエット
2008年05月25日 22:20
こちらは、自転車ファンにはきっと受ける作品でしょうね。
記事にも書いてますけど1937年のツール・ド・フランス勝利者ロジェ・ラペビーさんなんか今でも毎日自転車走らせているし、「自転車が命」って行ってるし、友人なんかも週末になると100Km走るって。私の兄もサイクリスト。一日漕いで初日の出観にいったり、最近は熊野古道走りにしょっちゅう行ってます。そんなのって、ちょっといいなって思いもする。
ただ、高坂監督はこれからどんなアニメ作品を作られるのかしらねって気になる。アニメの世界って作品は観ているけれど、あまりよく分からない。
オカピー
2008年05月26日 15:09
シュエットさん、こんにちは!

>私の兄もサイクリスト
へえ、僕なんざ、もう30年も自転車に乗ってませんよ。
小学生時代に近くの妙義山に自転車で登った帰りに、本作に出て来るような急カーブを曲がり切れず、ガードレールに衝突したことがあります。運良くタイヤが隙間に挟まって胸を打っただけで済みましたが、もし跳ね返されていたらその直後に来た観光バスにひかれていたかもしれません。
悪運に恵まれている僕の悪運第2号でしたね。

>アニメ
ファンが狭量なので困る世界です(笑)。

この記事へのトラックバック

  • 「茄子/スーツケースの渡り鳥」

    Excerpt: 2007年/日本/54分 「茄子/アンダルシアの夏」に続き高坂希太郎の監督による、黒田硫黄の漫画「茄子」(講談社、アフタヌーンKC)の一篇からの映画化。 舞台を世界3大自転車レースであるスペイ.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2008-05-25 20:54
  • 『茄子 スーツケースの渡り鳥』'07・日

    Excerpt: あらすじスペインの国民的自転車レーサー、マルコ・ロンダニーニが突然自殺し、同郷の先輩として彼に憧れていたペペのチームメイト、チョッチは衝撃を受ける。そんな中、チームはジャパンカップ出場のため日本へ遠征.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2008-07-02 11:10
  • 『茄子 スーツケースの渡り鳥』('08初鑑賞72・WOWOW)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 5月30日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2008-07-08 21:23
  • <茄子 スーツケースの渡り鳥> 

    Excerpt: 2007年 日本 55分 監督 高坂希太郎 原作 黒田硫黄 脚本 高坂希太郎 撮影 加藤道哉 音楽 本多俊之 声の出演 大泉洋  山寺宏一  大塚明夫  坂本真綾    佐藤祐四  芝井.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2008-07-08 22:22