映画評「ヘンダーソン夫人の贈り物」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2005年イギリス映画 監督スティーヴン・フリアーズ
ネタバレあり

実話の映画化というと深刻ぶった傾向があるが、戦前から戦中にかけてのお話にもかかわらず楽しさのほうが目立つ、趣味の良い作品で、クラシックなタイトルからしてご機嫌でござる。

画像

1937年ロンドン、夫に先立たれたヘンダーソン夫人(ジュディ・デンチ)が遺産の使い道に困ってソーホーで売りに出されたウィンドミル劇場を買い取り、ユダヤ人のヴァンダム(ボブ・ホスキンズ)を支配人に雇ってミュージカル・レビューを始める。
 当初は賑わったものの周囲が真似を始めた為に興行が落ち込むと、彼女はヌード・レビューを思い立ち、審査官を同郷のよしみで抱き込んで「裸の女性は動かないこと」を条件に開演に漕ぎ着ける。

画像

長い王朝支配の歴史を持つ島国である英国とわが国は似ている部分が多いが、日本が【額縁ショー】を始める10年近く前に【額縁ショー】的なレビューがあったとは驚いた。多分日本人が真似したのであろう。しかし、戦争を挟んだこの10年は今の10年とは全く違うことは改めて言っておかねばならない。

自由の女神を模(かたど)るなどした泰西名画風ヌード演出が芸術的で美しくなかなか見事だが、ミュージカル・レビュー演目全体が昔のハリウッド映画にも匹敵する高いレベルで、それが幾つも見られるのがミュージカル・ファンにとって大収穫。
 それと同じくらい楽しいのが、上流階級としては実に開けた夫人と支配人の喧嘩友達的な関係とやりとりで、徐々に信頼関係を深めていく場面の積み重ねが素晴らしい。これが本作の真に描こうとしたことで、二人がダンスを踊る最終盤の場面は誠に味わい深い。

画像

第1次大戦で21歳で戦死した息子の墓参の場面では夫人の心理が深く沈潜、その戦死が彼女がヌード・レビューを始める遠因となったことが後で判明する構成も宜しく、開戦後は些かしんみりとするが、ヒロインの人間的魅力に支えられて秀作となっている。扮するジュディ・デンチの演技の見事さについては言わずもがな。

邦題は偉大なる(意図的な)誤訳であります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年03月09日 09:06
こちらにもお邪魔を!
本作も好きですよ。「クィーン」にもコメントしましたが、
ここも丁々発止がメインですよね。
>ジュディ・デンチの演技の見事さについては言わずもがな。
ラストの演説が、見事すぎたかな~~(苦笑)
あんまりにも感動せよって感じがして・・・また見直したら素直に感動できるかも。
本作と同じ時期に「ドレッサー」もみました。
戦時中だからこそ、舞台で人を楽しませようというところがすごいですよね。
英国って「威風堂々」という言葉がぴったりだなあと思います。

オカピー
2008年03月09日 15:06
しゅべる&こぼるさん、ようこそ!

>丁々発止
「クィーン」は片方が女王ですから、片方が気を遣っていたところもありますが、こちらは露骨にぶつかり合って、しかもそれが信頼に変わっていくところが素敵でしたなあ。

>最後の演説
そうですかなあ。^^
彼女は序盤で相当虚言を吐いていましたから、あれも虚言なのかなと思わせつつ、序盤から中盤にかけての墓参を考え合わせれば、それは<真実の言葉>であろうと思えてくる、といった具合に思考を巡らせていたので、ストレートに受け取るべきものなのかな、なんてね。^^
尤もその場に居合わせた兵士たちには力強い言葉だったでしょう。

「クィーン」共々英国民の度量の大きさに気持ち良くさせてもらえた秀作でした。
2008年03月11日 17:48
ジュディ・デンチとボブ・ホスキンズの関係が楽しいな~と思いながら見ていました。 オカピーさんの一番上の写真ステキですね。 もう一度チェックしなくては…。
オカピー
2008年03月11日 22:45
みのりさん、こんばんは。

>ジュディ・デンチとボブ・ホスキンズの関係
こういうのを喧嘩友達と言うんでしょうね。
イギリス映画の味わいです。
アメリカ映画では、「オレゴン魂」のジョン・ウェインとキャサリン・ヘプバーンの関係を思い出させます。

>一番上の写真
作品の価値すら上げるタイトルから取りました。
シュエット
2008年03月13日 00:40
P様TBもってきました。タイトルロールから素敵でした。
上でしゅべる&こぼるさんがいってるけど、私も「演説」って言葉使ってます。ちょっと大げさかなって思ったけど、「話す」では弱いかなって思って。最後というより「一度きり」ですけどね。彼女って、人前で涙を見せたり、みんなの前で自説を披露したりって、そういうのは好きではない人だったと思うんです。これも実話。戦時下の中、こんな話を聞くと、国民性の違いというか痛感しますね。
「イギリス魂」という表現使いました。
オカピー
2008年03月13日 02:58
シュエットさん、こんばんは!

>演説
僕は途中まで虚言・ハッタリなのかなと思っていましたが、墓参のシーンが何度もありましたから本音と気付かされる。墓参はその為の伏線だったんですよね。

>イギリス魂
奇遇ですね。
昨晩のみのりさんへのコメントで「オレゴン魂」という作品を引き合いに出したばっかり。^^

>国民性
似ているようで、日本人は実に野暮な国民だとつくづく思います。

この記事へのトラックバック

  • 映画 【ヘンダーソン夫人の贈り物】

    Excerpt: 映画館にて「ヘンダーソン夫人の贈り物」 イギリスで初めてヌードレビューを上演した、実在の劇場のオーナーをモデルにしたお話。 1937年、夫をなくしたヘンダーソン夫人(ジュディ・デンチ)は莫大な遺産.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-03-05 19:53
  • 『ヘンダーソン夫人の贈り物』'05・英

    Excerpt: あらすじ莫大な遺産を受け継ぎ未亡人となったローラ・ヘンダーソン(ジュディ・デンチ)はウィンドミル(風車)劇場を買い取った。さらにヘンダーソン夫人は、業績不振に陥った劇場を救う窮余の策として、女性のヌー.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2008-03-05 21:34
  • <ヘンダーソン夫人の贈り物> 

    Excerpt: 2005年 イギリス 103分 原題 Mrs. Henderson Presents 監督 スティーヴン・フリアーズ 脚本 マーティン・シャーマン 撮影 アンドリュー・ダン 音楽 ジョージ・.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2008-03-11 18:00
  • 「ヘンダーソン夫人の贈り物」

    Excerpt: MRS. HENDERSON PRESENTS 2005年/イギリス/103分 1937年、ローラ・ヘンダーソンは、夫に先立たれ莫大な遺産を受け継いだ。勧 められた刺繍も、富豪未亡人らし.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2008-03-13 00:31
  • 「ヘンダーソン夫人の贈り物」

    Excerpt: 主演のジュディ・デンチの、オスカーの主演女優賞ノミネート作品。 おばちゃんものはあまり得意じゃないけど、 舞台ミュージカルものなので、ちょっと見てみることに。 共演は、ボブ・ホスキンス。 Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2009-09-11 00:20