映画評「さくらん」

☆☆★(5点/10点満点中)
2007年日本映画 監督・蜷川実花
ネタバレあり

舞台演出家・蜷川幸雄の娘で写真家の蜷川実花が安野モヨコの同名コミックを映画化した時代劇だが、漫画は基本的に読まないのでそちらについては全く触れられません。

画像

江戸の遊郭・吉原は玉菊屋に連れて来られきよ葉と名付けられた8歳の少女が逃亡を繰り返して果たせないまま、見世番・清次(安藤政信)の「決して咲かない吉原の桜が花を付けたら出してやる」という言葉に望みを託して美しく成長(土屋アンナ)、水揚げ以来店一番の人気者になり、やがて花魁・日暮に出世し、高級武士・倉之助(椎名桔平)に身請けされることになるのだが、云々。

という物語が、商人のぼんぼん(成宮寛貴)との淡き恋や、先輩花魁(木村佳乃)との激しい確執を交えながら、展開していく。

画像

2、3世紀前の社会を舞台にしながら現代的な音楽や映像処理で進行していくという発想は、先日観たばかりの「マリー・アントワネット」と酷似しているが、鑑賞者が困る部分はこちらのほうが多い。いくら豪華な衣装に身をくるんでも郭の中での騒動が言葉使いを始めとして不良少女同士の喧嘩にしか見えないからで、ヒロインを演ずる土屋アンナは花魁らしい品に欠ける。花魁は教養を積んだ人間で、夜鷹とは違う。
 前述作の批評でも述べたように、現在に生きる人々の生活感情を反映させるという意味で現代的なアプローチは構わないが、中味まで現代風にしては本末転倒である。昔を通して現代を描くのがプロの仕事ではあるまいか。喧嘩以外の場面は思いの外まともだから勿体ないと思う次第。

画像

さらに、反骨精神満点に見えたきよ葉に花魁になってから妙にしおらしい部分が出てくる辺りの心境がよく解らず、ドラマ的にきっちり展開されているとは言いにくい。写真家らしく鮮やかな色遣いのショット単独では良いものがある一方で、「逃亡を繰り返す」場面に代表されるように描写に舌足らずな印象がある。点を線にする難しさと言うべし。

ロックありジャズありといった感のある椎名林檎の音楽は大いに宜しい。

春霞 たなびきにけり 吉原の 隅の桜も 花やさくらん by オカピー(紀貫之の歌をベースにしております)

この記事へのコメント

シュエット
2007年12月29日 19:23
「さくらん」まで観賞されるとは!タフ!
これなんか、私の娘が「土屋あんなチャン可愛い!」って観にいっ田みたいで、感想は「別に~」だったみたいです。
で、で、今年も色々とお世話になりました。キースの写真も上げさせて頂きました(お礼のペコリ)。一家離散状態の我が家ですが、28日夜にみんな帰阪してきて、ベルは突如人間が増えてウロウロするわ、娘にはCSのロック音楽番組を次々と録画させられ、ハードに録画しているのを泣く泣く削除させられ、当の娘は今日から3日間、東京・大阪同時開催のカウントダウン・ライブに連日行って、私のお家シネマもちょっと休業ですわ。
ということで、年末のご挨拶に参りました。また、来年もよろしくお願いしますね。
オカピー
2007年12月30日 01:26
シュエットさん

WOWOWでも予告されていました。
あの言葉遣いじゃどんなものになっとるか怖いもの観たさで
観てみましたが、喧嘩場面以外は案外まともでしたねえ。^^;

>泣くなく削除
あらま。もう一台レコーダーを買うべし。
僕は半年に2台も買いました。^^;
ビデオも最盛期には4台同時に使っておりました。^^;
それも高級機ばかり。^^;

そちらへはなかなかコメントを寄せられずに恐縮しております。
こちらこそ来年も一つ宜しくお願い致します。

この記事へのトラックバック

  • 映画 【さくらん】

    Excerpt: 映画館にて「さくらん」 フォトグラファーの蜷川実花の監督デビュー作。安野モヨコの同名コミックを映画化。 江戸時代の吉原遊郭。8歳で玉菊屋に連れてこられた少女・きよ葉(土屋アンナ)は何度も脱走を重ね.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2007-12-29 21:08
  • さくらん

    Excerpt: 刺されたと思った永瀬正敏。秘剣“鬼の爪”で返り討ちじゃ! Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2007-12-29 22:00
  • ★「さくらん」

    Excerpt: 土屋アンナ主演の花魁もの。 原作も脚本も音楽も、主要ポストは女性という異例な布陣。 特別協賛まで「女性向け下着通信販売会社」でした。 Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2007-12-30 02:06
  • さくらん 07056

    Excerpt: さくらん 2007年   蜷川実花 監督  安野モヨコ 原作  タナダユキ 脚本  椎名林檎 音楽土屋アンナ 木村佳乃 菅野美穂 夏木マリ 椎名桔平 成宮寛貴 石橋蓮司 安藤政信 市川左團次 今最.. Weblog: 猫姫じゃ racked: 2007-12-31 23:07
  • さくらん

    Excerpt: 安野モヨコ原作のマンガを映画化したもの。監督は蜷川実花、土屋アンナ主演で、その他のキャストは、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂など。 <あらすじ> お蘭によって吉原の玉菊屋に連れてこられた8歳.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2008-06-22 23:24
  • さくらん観たわ

    Excerpt: もう去年やけど、さくらん観たよ。たぶん土屋アンナしかあの役を引き受けてくれる人お Weblog: 元水商売ホステスの大阪アルバイトの求人が… racked: 2010-02-06 23:12