プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「M:i:V」

<<   作成日時 : 2007/11/07 14:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 13 / コメント 10

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2006年アメリカ映画 監督J・J・エイブラムス
ネタバレあり

人気シリーズ第3作。監督はTV畑のJ・J・エイブラムスと一番格下だが、派手な見せ場の連続に努めた脚本のおかげで三作中で最も楽しめた。

教官となっていたイーサン・ハント(トム・クルーズ)が自ら送り込んだ教え子を武器密売組織から他の三人とチームを組んで奪還するが、帰途中脳に仕掛けられた小爆弾により殺されてしまう。
 組織のボス、巨漢デイヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)がバチカンで秘密の取引をすることを掴んだチームが変装を利用して巨漢を拉致したものの一味に奪還され、結婚したばかりの妻(ミシェル・モナハン)を人質に取られた為にハントは謎の破壊兵器“ラビット・フット”を見つけ出し彼に渡す羽目になる。

画像

元となった「スパイ大作戦」に比べてイーサン単独の活躍が目立つ映画シリーズだが、今回は中盤まで結構タッグを組んでいる。
 冒頭ベルリンの風力発電地帯をヘリコプター同士のチェースが視覚的にも頗る印象的で、まずは順調な出だしと言って宜しい。
 続く舞台がバチカンというのも変わり種で興味深いが、中に乗り込んだ中国系美人スパイ(マギーQ)が鏡風の映像転送装置で送り込んだ情報を元に変装マスクを作り出したり、声を作り出したりする一連の場面などスパイ映画らしいアイデア満載で楽しめる。
 後半になってもアイデアは尽きず、上海の高層ビル群を利用して壮大な空中ブランコをするのは奇想天外、スパイ・アクションなら笑えるくらい荒唐無稽なほうが宜しい。

画像

本作にとって殆どマイナスになっていないので敢えて言う必要もないのだが、<私生活を描くべからず>というのがスパイものの鉄則と言えるので、「トゥルー・ライズ」のようにその鉄則事態をパロディー化する狙いがあるならともかく、本作のようにストレートに扱うのは本来なら問題である。従って、クルーズが「主人公をリアルに見せる為に私生活を描きたかった」と言うのは勘違いも甚だしく、リアルさを製作の大義名分にするのはジャンル映画の退化と言わねばならない。

配役陣では、悪漢を憎々しげに演ずるホフマンがかつてのオースン・ウェルズを思わせる風格で怪演。マギーQもなかなか妖艶で惹かれました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『M:i:III』
----さっそく先行ロードショーに行ってきたんだ。 どうだった? 監督交代などいろいろあったみたいだけど……。 「正確に言えば先々行ロードショー。 試写で観られなかったブロックバスター作品は、 やはり少しでも早く観たいからね。 でも、フォーンが言うように監督J.J.エイブラムスも映画では新人みたいな人だし、 これまでのブライアン・デ・パルマやジョン・ウーに比べて こちらの<観る>モチベーションとしては低くなるのは仕方がない。 いくらテレビで賞をたくさんもらったと言っても 映画では、そうそううまく... ...続きを見る
ラムの大通り
2007/11/07 21:28
M:i:III
 「“ラビット・フット”っていったい何なんだ?」「それは、妻に自分が特殊エージェントであることを秘密にしていた役を演じた俳優のこと。しかも子供の写真が3億円もする」「そ、それって、またアナグラムですか・・・」 ...続きを見る
ネタバレ映画館
2007/11/07 22:22
『M:i:V』 (初鑑賞46本目・劇場)
☆☆☆−− (5段階評価で 3) 6月24日(土) 109シネマズHAT神戸シアター9 にて14:00の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2007/11/07 22:37
★「M:i:III」
06年6/24の先々行上映のナイトショウで観てきました。 0:20開始なのにほぼ満員。さすが、ひらりんと好みが一緒なトム。 それにしてもタイトル表記はもっと簡単にして欲しいね。 入力・検索が面倒だよーー。 ...続きを見る
ひらりん的映画ブログ
2007/11/07 23:42
「M:i:III 」
IMFのエージェント、イーサン・ハント。 ...続きを見る
取手物語〜取手より愛をこめて
2007/11/08 20:41
<M:i:III> 
2006年 アメリカ 126分 原題 Mission:Impossible III 監督 J・J・エイブラムス 脚本 J・J・エイブラムス  アレックス・カーツマン  ロベルト・オーチー 撮影 ダニエル・ミンデル 音楽 マイケル・ジアッキーノ (テーマ曲作曲)ラロ・シフリン 出演 トム・クルーズ  フィリップ・シーモア・ホフマン  ヴィング・レイムズ    ローレンス・フィッシュバーン  ビリー・クラダップ  ケリー・ラッセル      ミシェル・モナハン  グレッグ・グ... ...続きを見る
楽蜻庵別館
2007/11/08 20:42
映画「M:i:?」
映画館にて「M:i:?」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2007/11/09 00:16
M:i:III(映画館)
タイムリミット48時間――― CAST:トム・クルーズ/フィリップ・シーモア・ホフマン/ヴィング・レイムス/マギー・Q/ジョナサン・リス=マイヤーズ 他 ■アメリカ産 126分 ...続きを見る
ひるめし。
2007/11/09 16:58
M:i:?/ミッション・インポッシブル3
 トム・クルーズ主演の「ミッション・インポッシブル」の第1作目の大ファンだったので、ずーっと見よう見ようと思っていた、「M:i:?」をついに見ることができました! ...続きを見る
Yuhiの読書日記+α
2007/11/10 01:50
M:I:III 06年230本目
M:I:III  ミッション:インポッシブル:3 2006年   J・J・エイブラムス  監督トム・クルーズ&nbsp; 、フィリップ・シーモア・ホフマン&nbsp; 、ビング・レイムズ&nbsp; 、ビリー・クラダップ&nbsp; 、ミシェル・モナハン&nbsp; 、ジョナサン・リース・マイヤー.... ...続きを見る
猫姫じゃ
2007/11/10 16:06
『M:T:V』(2006)スパイ大作戦のパート3!マクガフィンが登場するのが嬉しい!
 公開前の大掛かりなプロモーションも記憶に新しい、J・J・エイブラムス監督、トム・クルーズ主演による大ヒットシリーズ『ミッション・インポッシブル』の第三作目に当たるのが、この 『M:i−3』ということになります。 ...続きを見る
良い映画を褒める会。
2007/11/13 21:56
M・I・V
観てまいりました、 ...続きを見る
映画と暮らす、日々に暮らす。
2007/11/18 10:17
『M:i:III』(2006)
トム・クルーズ主演の<ミッション:インポッシブル>シリーズの第3作目。 今は4作目を劇場公開してますが、実は3作目はまだ見てませんでした。 ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2012/01/09 20:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
賛否両論あったような気がしたのですが、プロフェッサーの評価は高いですね。
そう、今や絶滅している“スパイ”なんて職業を映画にしようと思ったら、ある程度の荒唐無稽さは避けられんですよねえ。007シリーズもそうだし…。ただまあ、仮面ライダーみたいな世界征服とかはやめてほしいですが…(^_^;)。

愛するフィリップ・シーモア・ホフマンちゃんが悪役だということで鑑賞しました。トムちんは私の好みじゃないんですが(大きなお世話)、面白い場面が連続し、なかなか楽しめたことを覚えています。大体、このシリーズにはなんの思いいれもないので、それが却ってよかったんでしょうなあ。
豆酢
2007/11/08 06:41
プロフェッサー、こんばんは。
私は基本的にこのシリーズ好きではないからでしょうか、アクションが好きな私は、にこれといったヤマ場がないという感想を鑑賞後の記事で書いております。
すぐにストーリーに引き込み、そしてその後の展開は非常にいいですけどね。
1作目はきちんとは鑑賞しておらず、2作目がジョン・ウーだから見たのですが、なんともトム様の銃口が下を向いているのが気になってしようがありませんでした。
私の中で、荒唐無稽だろうがスパイといえばダブルオーという固定観念があるせいですかね・・・。
ラストが尻つぼみ的で、また奥さんがベレッタを手にして急にたくましくなってしまうのもちょっと違和感がありました。
そして、私も個人的にはスパイものに妻を絡めるのは好きではないですね・・・。
でも単純には楽しんで鑑賞したのですけど。

TBさせていただきます。
イエローストーン
2007/11/08 20:40
わたしもシリーズの中で最も楽しかったです。 娯楽に徹しているように思えました。
みのり
2007/11/08 20:41
豆酢さん、こんばんは。

最近こねくりまわした作品が多いでしょう、だからね、こういう単純なのにどうも採点が甘くなるようですよ(まるで他人事←ひとごとって読んでちょ)。
「スーパーマン・リターンズ」も「X−MEN」第3作もね。逆にヒーローものに青春像を加えたと好評な「スパイダーマン」シリーズは買っていません。第3作は未見なので何とも言えませんが。

ジャンルに徹せよ、というのが昔からの主張。本作も私生活(ドラマ)を絡めたのは本来ならダメを出すところですが、それを話に生かせたから合格点。^^

>クルーズ
人気が出るとそっぽを向く人が多いようですね。クルーズもディカプリオも若い時は主役を食う実力派・演技派と評されていたのに、世間の変わりようの早さよ。
「宇宙戦争」が評判悪かったのは案外そのせいかも。
オカピー
2007/11/08 23:53
イエローストーンさん、こんばんは。

ご無沙汰しております。

ヤマ場がないというより全部ヤマ場なのでは?(笑)
私生活の部分が谷の部分でしょうが、プロローグが伏線になってそれなりに楽しめましたよ。
シリーズがまだ続くのなら、私生活については金輪際やめてほしいですけれどね。
最後の奥方の扱いについては、まあこの手の作品にご都合主義は付き物ですから、仕方がないでしょうかね。さもないと旦那が蘇生しない。^^

僕はショーン・コネリー時代の「007」がヒッチコックのそれより数段派手ではあるが伝統的なスパイ映画、それ以降はスパイ・アクション、という感覚で観ております。
しかし、アクションを映画をリードしてきた007シリーズも「ユア・アイズ・オンリー」以降は寧ろ他のアクション映画に追随するようになってきたような印象があり、些か寂しいですよ。
オカピー
2007/11/09 00:07
みのりさん、こんばんは。

ご賛同有難うございます。^^
一作目は期待があったせいでそれなりに楽しめ、二作目はがっかりしたのですが、三作目はちまちませずに豪快でしたね。
尤も細かい点はすっかり忘却の彼方で、あくまで大雑把な<印象>にすぎませんが。
オカピー
2007/11/09 00:13
こんばんは!TBありがとうございました。

この作品の監督J・J・エイブラムスは、スパイ物のドラマ「エイリアス」でも有名ですよね。
私も、この作品を鑑賞した時点では、「エイリアス」は全く見たこともなかったのですが、今見てみると、やはり同じ監督が作った作品だなーと思い当たるところが色々あります。

私としては、1作目が一番好みに合ってるのですが(ちょっと地味目ですが)、本作も派手なアクションで、楽しめる作品だったと思います。
ちなみに、私もスパイが私生活を表に出すのはあまり好きではないですね。


Yuhi
2007/11/10 01:59
Yuhiさん、こんばんは。

私はTVドラマが殆ど観られないくらい映画を観ていますので、比較はできないのですが、TV出身でも侮れないなと思った次第。
お金も大いに掛っていますけどね。(笑)

1作目のほうが正統とは思いましたが、その正統派ぶりがちょいと半端だったかなあ、という気がしております。ヒッチコッキアンのデ・パルマが監督だったから、もう少しクラシックに・・・ヒッチコックもどきに作る手もあったのでしょうが、時代というより映画会社が許さないでしょうね。
オカピー
2007/11/10 17:18
先日の「ロッキー」以来、なんとのう、今まで
私の避けて参りましたアクション系映画及び
昨夜はチャップリンの「殺人狂時代」なんぞ
観ておりましたよし〜(笑)

プロフェッサー、ほんとうにチャップリンって
小柄な男性だったんですねぇ〜〜!
・・・っていう話は・・・さて、おいて(--)^^
例のホレ、「ダーティーハリー」の対極にある
刑事もの!きちっと隅々までズズズ〜〜〜イっと
このたび観ちゃいましたよ。^^
何の映画か、わかるぅ〜?イヒヒ〜
viva jiji!すんごい気に入っちゃった!
いま、記事書いてるからね。UPしたら読んで下さいね。

で、「M・I・V」ね。^^
いつのころからでしょうかね〜、
仕事に“家庭”や“色恋”を持ち込むのは?
「持ち場」は「持ち場」で終始すればいいでしょうに。
遊んでるように仕事をする「007」もいいし、
冷徹な「ジャッカルの日」みたいのもいいわね。
あんれ〜、オナゴにコテンパンにやられちゃうのは
なんでしたっけね〜・・・あ、「針の眼」でしたっけ!
あれは、いいわよね、お話が面白かったもの〜^^;
viva jiji
URL
2007/11/18 10:38
viva jijiさん

>例のホレ
って何だべ。ワイラーの「探偵物語」でっか?
記事になったら解るから、その時まで待ちましょう。

「007」の女遊びは決して私生活じゃないですもんね。
芸能人のネタ番組が増えているのと同じ感覚かな。やたらに裏を見せたがる。歌手は歌を聞かせ、俳優は演技を見せれば良いと思っているので、わたしゃ興味ないんですが。

「針の眼」か。戦中のスパイものですよね。ドナルド・サザーランドもまだ枯れてはいなかった。(笑)
オカピー
2007/11/19 00:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「M:i:V」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる