映画評「細雪」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1983年日本映画 監督・市川崑
ネタバレあり

谷崎潤一郎が戦中から戦後にかけて発表した大長編の8度目の映像化、3度目の映画化で、本作が決定打となったせいか、その後は一度も映像化されていない。

画像

大坂船場の豪商蒔岡家の四人姉妹、鶴子・幸子・雪子・妙子の人生行路の物語で、次女・幸子(佐久間良子)が貞之助(石坂浩二)を婿に迎えて分家し、大人しいが芯の強い雪子(吉永小百合)と進歩的で問題の多い妙子(古手川祐子)とを引き取り、本家(鶴子=岸恵子)とのしがらみの中で夫々を独立させる為に苦労する人生模様を綴る。
 特に電話にも出られない控え目な雪子に度々見合をさせ、遂に華族の男性と結びつけるまでを丹念に描いている。

画像

舞台は戦争の影の忍び寄る昭和13年から数年間だが、平時と殆ど変らぬ、上流生活の風雅が我々を絵巻の世界に誘う。「源氏物語」の現代語訳も為した谷崎だけに、平安絵巻ならで昭和絵巻と言うべし。

「細雪」映像化史上最も豪華な女優陣が美麗な着物を着込んでいるのを観るだけで既に満腹感があり、関西各所を舞台に日本的情緒をじっくり盛り込んだ撮影も格調高く、豪華日本料理をフルコースで御馳走されたような気分になる。

画像

演出的には、冒頭の会話を捉えた撮影が大変印象深く、ここで早くも映画のムードを決定している。
 クロースアップで会話する人物を正面から捉えて切り返すという手法はただのクロースアップにあらず、即ち主観ショットの切り返しとなり、実際に四人姉妹と貞之助はWの形に座っているので顔をはすにして会話しているはずなのを敢えて感じさせず観客を絵に引き込ませる。クロースアップはその後も多く使われて、この冒頭の人物の大胆な捉えが直情的に人物を取り上げるという市川監督の宣言のように取れるのである。

画像

また、貞之助の雪子への思いをかなり前面に出す一方で、割れた着物から見える下肢、帯が鳴る様子等、ディテールに拘り、巨視的にも微視的にも谷崎流の耽美を最もうまく具現できた「細雪」の映画化ではないかとも思う。

この記事へのコメント

2008年03月02日 10:39
こんにちはー。TBとコメント有難うございます。
<「源氏物語」の現代語訳
私もこれは名作だと思ってます。「細雪」の原作はまだ未読なので是非とも読まなくては…。
この作品、市川崑の作品中、指折りで大好きです。4姉妹の甲乙付けがたい美しさは映画史上に残るものかと。
オカピー
2008年03月02日 20:37
ぶーすかさん、こんばんは!

「細雪」の他の映画化も観ていますが、配役陣の豪華さとカラー映像の美麗さで断然抜きんでていますね。
これだけの女優を揃えることが金輪際出来ないでしょう。本当に凄い。
場面転換の歯切れが良くて、事実上文句のない出来栄えですね。
2008年06月01日 22:47
オカピー様,コメント有り難うございました.

谷崎は苦手でこの映画の原作も読んでおりませんが,適切なコメント有り難うございました.大いに勉強になりました.

またよろしくお願いいたします.
オカピー
2008年06月02日 00:30
ほんやら堂さん、こんばんは!

押し付けがましい意見だったかもしれませんが、悪しからず。
ほんやら堂さんのご意見も尤もなものであると思います。

こちらこそ宜しくお願い致します。
2013年05月02日 03:58
3作全部見ていますが、これがベストです。理由は簡単、原作どおりに3女を主人公にしているからです。
最初の阿部豊版では、4女の高峰秀子が主人公ですから驚き。
島耕二版では、3女の山本富士子が主人公ですが、時代設定が昭和34年なので、華族との見合い結婚と言うことが時代的に映像化ができずに、雪子は結婚せずに中途半端な終わりになっているからです。
また、貞之助の雪子への思いという原作にないことを付け加えたのも凄い。
オカピー
2013年05月02日 17:58
さすらい日乗さん、こんにちは。

>ベスト
最初の映画版を観ていますが、殆ど忘れております。余り感心しなかったのでしょう。
二番めの映画版は観ておりませんが、本作に優ることはおよそ想像できません。

>島耕二版・・・時代設定
それは乱暴ですね。
時代性が大事な原作の時代を変える場合余程上手く作り変えないと珍妙な作品になります。意味を成さないことも多いでしょう。
観てはおりませんが、“中途半端”とのご意見は“むべなるかな”と想像致します。

>貞之助の雪子への思い
そうそう、原作では一切ないんですよね。
これは当方の書き方が舌足らずでありました。

この記事へのトラックバック

  • 『細雪』この映画を見て!

    Excerpt: 第201回『細雪』  今回紹介する作品は先日亡くなれた名匠・市川崑監督が谷崎潤一郎の同名小説を映画化した『細雪』です。 本作品は全てにおいて絢爛豪華で美しく、気品溢れる作品です。 主演に岸恵子、 佐久.. Weblog: オン・ザ・ブリッジ racked: 2008-02-26 21:35
  • 映画 細雪 をみた

    Excerpt: 細雪東宝ビデオこのアイテムの詳細を見る 原作は日本文学の誇る名作谷崎潤一郎の小説「細雪」である。 映画化は3作目である。 大阪船場に古いのれんを誇る蒔岡家の四人姉妹、鶴子(岸恵子)、幸子(佐久間良子).. Weblog: 僕のつぶやき。 ネットの窓から。 racked: 2008-02-26 22:43
  • 「犬神家の一族(2006)」「細雪」「トッポ・ジージョのボタン戦争」

    Excerpt: ●犬神家の一族(2006) ★★ 【地上波】オリジナル版 と同じ金田一耕助を石坂浩二のリメイク版。他出演は松嶋菜々子、尾上菊之助、富司純子、松坂慶子、萬田久子など。しかし…台詞も演出もほぼオリジナル.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2008-03-02 10:34
  • 独断的映画感想文:細雪

    Excerpt: 日記:2008年5月某日 映画「細雪」を見る. 1983年.監督:市川崑. 出演:岸恵子(蒔岡鶴子),佐久間良子(蒔岡幸子),吉永小百合(蒔岡雪子),古手川祐子(蒔岡妙子),伊丹十三(辰雄),石坂浩二.. Weblog: なんか飲みたい racked: 2008-05-28 21:44