映画評「わが心のジミー・ディーン」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1982年アメリカ映画 監督ロバート・オルトマン
ネタバレあり

ロバート・オルトマンは巨匠と言われる割に本邦劇場未公開の作品が多く、これも昨年まで本邦では観ることができなかった珍品。映像はボケボケで最悪に近いが、映画としての内容は優秀である。「ナッシュビル」の放映と併せてWOWOWに感謝したい。

原題の一部になっているテキサスの安物雑貨店(five and dime)にジェームズ・ディーンのファン・クラブのメンバーがジミーの死後20年に久しぶりに再会することになる。
 店主スーディ・ボンド、今でも店を手伝うシェールとサンディ・デニス、石油成金と結婚したキャシー・ベイツ、些か回転が鈍そうなマルタ・ヘフリン。
 久しぶりの再会につもる話に花が咲く(という感じは実際には殆どありません・・・表現の綾と理解されたし)が、その会話の中心となるのは20年前に「ジャイアンツ」のロケ隊がこの田舎から100kmしか離れていないところにやって来ると知り、その時に出かけたメンバーのうちサンディがジミーと結ばれた話である。
 もうすぐ二十歳になるはずのその名もジミー・ディーンはその時の子供だというが、知的障害があり、その辺をぶらぶらしているだけで、結局観客の前に姿を見せない。

突然見たことのない女性カレン・ブラックが現れ、やがて彼女が唯一の男性メンバーだったジョーが性転換した姿と判明する。
 サンディの話は多分に嘘くさいので、勘の良い方ならここでジミー・ディーンがジョーとの間に出来た子供であろうと予測が付くだろう。果たしてその通りで、得てして起こるように再会の場が愛憎渦巻く真実の暴露と告白の場となってしまう。

画像

エド・グラジックの舞台劇を彼自身が映画用に脚色して、舞台版の演出を担当したオルトマン自身が映像化しているが、カメラが店から一歩も出ない、一見して舞台劇の映画化と解る作りである。不満があるとしたら余りに舞台的であるということだが、それを補って余りある優れた点が多い。

一つは、店にある鏡を現在と過去とのインターフェースとした点である。照明が変わると鏡に映った彼らが20年前の姿に早変わり、という秀逸なアイデアは恐らく舞台でも使われていたのではないかと思うが、映画ならではの素早さがある。

テーマは複合的だが、全体を支配するのは虚栄の空しさである。
 サンディを始め、夫を酒を飲まない聖人君子と言い張るスーディ、乳癌を失った乳房をゴムでつくろうシェール、成金と結婚して幸福と思い込むキャシー、といった嘘で塗り固め虚飾で長い年月を過ごしてきた人々を見せることで、人間の弱さを徹底的に暴き出す。主婦として平凡至極に正直に生きてきたマルタだけがそういう弱点を持たない人間である、といった辺りに作者の揶揄を感じるが、揶揄はともかく弱い人間を観ることは他人事にあらず、胸を切り裂かれる思いがする。
 或いは、ディーンの息子がいるという噂で栄えた街と店は今では廃墟のようになっている事実。停留した水のように変化しない街や人々は腐っていくしかないのだ。

そして、カレンの乗ってきたポルシェを駆ってジミー・ディーンがどこかに消えてしまう、という出来事は不気味な、極めて演劇的な暗示である。本物のディーンの死因が愛車ポルシェでの交通事故というのは映画ファンなら周知のはずだから、改めて説明するまでもないだろう。

演技陣は充実と言うしかない。特に、陰影のある表情で虚栄の花を演じきったサンディ・デニスは鬼気迫る瞬間があり、生涯のベスト・パフォーマンスと言えるように思うし、最近は劇場公開作では滅多にお目にかかれなくなった怖い顔、おっと失礼、70年代の名女優カレン・ブラックも熱演。

いつもとは違うタイプの群像劇で、オルトマン・ファンは勿論、テネシー・ウィリアムズ風の葛藤劇がお好きな方も一度は観ておくべきでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年11月16日 23:42
これは、プロフェッサー、
もしかしてかなりの“めっけもの”でしょ?^^
T・ウィリアムズ、室内劇、演劇的、葛藤劇、
まるで、私のためにあるような作品じゃあ~~りませんか!(笑)
そして、そうそうたるクセモノ女優陣!
シェールなんてこれがデビュー作なのでは?
調べましたらM・ニコルズの「シルクウッド」の前年なのね。
アルトマンは、いい役者を扱うわね~。

未公開でもレンタルにならないかしら~。^^
本作、確かにインプットしましたからね。
貴重な映画、ご紹介ありがとうございます。
オカピー
2007年11月17日 03:04
viva jijiさん

完全に映画的である映画を求める人には向きませんが、演劇的でも良いという方なら十分以上に楽しめるでしょうね。
未公開作品の中にもこういう作品があるから、困りますよねえ。(笑)

>女優陣
当時としては豪華配役とは言えなかったかもしれませんが、今見るとなかなか凄いメンバーですよね。まるで「荒野の七人」みたい。
自信なさげな主婦を演じたマルタ・ヘフリンは「シェーン」で父親を演じたヴァン・ヘフリンの姪だそうです。
2007年11月17日 05:00
タイトルからはてっきり、ジミーの周囲の「自称親友」の類が語る追懐物とばかり思っていましたが、アルトマン監督の作品だけあり、全然ちがうんですね。シェールや、「雨に濡れた舗道」(幻の作品?)で鬼気迫る演技を見せたサンディ・デニスが出演とは!是非見てみたい映画です。
シュエット
2007年11月17日 12:57
これね、悔しい!録画してます。でも録画余地が不足で初めの25分くらいが録画されてない。慌てて他の分を削除したけど、ぐすんです。ちらちらとは見たけどきちんとは見てませんけど、これは女優人も垂涎ものですよね。全く!シェールもキャシー・ベイツも若いこと!「ナッシュビル」なんかも案外貴重。レンタルショップになかったもの。週末にゆっくり見るつもりです。
オカピー
2007年11月17日 19:48
Biancaさん、「初めまして」でしょうか。
viva jijiさんのところでお名前を拝見したような。

>タイトル
あははは。僕もそう思いました。紛らわしいですね。^^;
しかし、原題(Come back to the 5 and dime, Jimmy Dean, Jimmy Dean)はそのまま使えるものではないですし、仕方がないですか。

「雨に濡れた舗道」は今では珍品中の珍品ですね。
観たと思うのですが、結構記憶が曖昧なので、どんな形(放映、レンタル、リバイバル)でも良いですから観たいです。
シェールや無名時代のキャシー・ベイツもなかなかの好演でしたよ。キャシーは今より若干細めです。(笑)
オカピー
2007年11月17日 19:59
シュエットさん、こんばんは。

あらら、それは災難ですね。楽しみしているとお聞きしていたので、他人事とは思えないです。今のところ再放映の予定もなし。TT

「ナッシュビル」は少なくとも日本ではDVDでもビデオでも発売されていない作品ですから、当然レンタルにはありません。アメリカでも未発売だったはず。
貴重なんてものではないですから、これは保存版を作る予定です。
シュエット
2007年11月18日 23:06
P様TB持参で改めて伺いました。週末に本作と「ナッシュビル」「ショートカッツ」観ました。本作は私好みです。気になるのが冒頭のシーン教えてください。私はサンディとシェールが言い争っている場面から、そのあとカレンが入ってくる。そのあたりから録画できてます。その前の数分間、特にオープニングシーンが気になる。「ナッシュビル」って未発売なんですね。これは録画できていたから嬉しい。こうやってみると、やはり70年代から80年代初めまでのアルトマン作品って断然切れ味がいいですね。私が好きな作品ってこの頃の作品だなってあらためて思います。冒頭シーン教えてくださいね。P様のレビュー読んでいると、やはり私は女性だから彼女たちのどっかに感情移入してみてますね。
オカピー
2007年11月19日 01:15
シュエットさん

実はこの映画は生で観ていたのですが、例の【ビールで胃痛】を再発し冷汗をかいたら今度は風邪をひいてしまって、数時間前に平熱に戻ったところ。症状から言うと胆のう炎かも。
後半は心配になって録画しておきましたが、必ずしも集中して鑑賞できたわけでもないので、うろ覚えのところがある・・・ととりあえず言い訳です。^^;

最初は1975年、女主人の前にシェールが現れて遅れた理由を言い「あんたはいつも遅い」と言われる。雨がずっと降っていないことが話題になる。実はこの雨が大事な要素。
次は55年、豪雨の中をまたまたシェールが入ってきてやはり遅れた理由を告げて、そのまま他のメンバーと合流したような? この時は雨が降っていたんですよ!
そして、カレンが客のふりをして入店してくる。

「雨は降りそうになっても降らない」という終盤の女店主の台詞が、結局変化のない街を象徴していますね。そして廃墟となった店内を映して終わり。

演劇的な意味でかなり整った構成だったような気がします。
boteto
2007年11月22日 05:33
はじめまして。
WOWOWのアルトマン特集、去年は放映されなかった映画が見られて感激です。
特に「ナッシュビル」は公開当時はまってしまい、何度も通って見た映画でしたが、30年ぶりに見られて本当に嬉しかったです。
当時と翻訳は変わっていたのですが、なんででしょう。

「わが心のジミー・ディーン」もはじめて見ました。
エンドロールの見捨てられて、ほこりにまかれた店のシーン。後を引きました。
なんとなくサンディ・デニスがジェラルディン・チャップリンに見えてしまいました。
オカピー
2007年11月22日 16:18
botetoさん、初めまして!

今回の「ナッシュビル」「ヘルス」と本作は貴重でしたね。
「ヘルス」は「ナッシュビル」と共通の味はあるもののずっと適当な作りで作品としてはそう感心しませんでしたが、貴重であることに変わりはありませんね。
「ナッシュビル」は本日観る予定です。

「ナッシュビル」はアルトマンのベストと思いましたね、当時。人物の出し入れがいつもに増して見事で、後味も苦いだけではないものがありました。細かい部分は観直した後で映画評に書きますので、宜しくお願い致します。

>エンドロール
結局店には<雨>が降らなかったんですね。

>サンディ・デニスVSジェラルディン・チャップリン
ちょっと神経質そうなところが共通しますね。

またお寄り下さいね。

この記事へのトラックバック

  • 「わが心のジミー・ディーン」

    Excerpt: COME BACK TO THE FIVE AND DIME, JIMMY DEAN, JIMMY DEAN 1982年/アメリカ/110分 WOWOWでロバート・アルトマン没後1週年記念と.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2007-11-18 22:56