映画評「武士の一分」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2006年日本映画 監督・山田洋次
ネタバレあり

松竹史上最大のヒットをしたと言うのだから解説をするまでもないだろうが、キムタクこと木村拓哉の人気の凄さを思い知らされる。普段TVしか見ない女性たちを呼び込んだのであろう。純粋な映画ファンにしてみれば、山田洋次が藤沢周平の時代小説に取り組んだ3作目という興味の方が先になる。
 ただ、かく言う僕もキムタクが時代劇においてどんな演技をするのか気になりすぎて、淀みのない山田演出を堪能する余裕がなかったと認めざるを得ない。TVドラマは観ないので、役者としてのキムタクを観るのは初めてかと思ったら「2046」で観ておりました。

画像

原作は「盲目剣谺返し」。舞台は例によって、架空の庄内海坂藩。

藩主の毒見役を務める下級藩士・三村新之丞(木村)が妻・加世(檀れい)と慎ましくも幸せに暮らしている或る日、貝の毒にあたって昏睡した挙句に失明する。お家断絶も懸念される中で俸禄を維持されるという吉報が届くが、その特別な計らいが妻が上士・島田(坂東三津五郎)に体を預けることで与えれたものと知り加世を離縁、その後その計らいが藩主自身の考えと聞かされ、ただ妻の体を弄んだ島田に果し合いを突き付ける。

画像

前半が地味というのは誰の目にも明らかだが、見るべきところがないどころか、室内における三角図法的な構図は実に鮮やかでこれを観るだけでも十分楽しめる。登場人物のちょっとした仕草や佇まいの味わいの良さも無視できない。
 前2作には見られなかった諧謔的なムードに新味があり、中盤における三村家の中間(ちゅうげん)・徳平 (笹野高史) の密偵ぶりが楽しい。
 前半に限らないが、僕が気に入ったのは自然音の録音で、虫の声やカラスやトビといった鳥の声が実に綺麗に録られ画面サイズに沿って使われている。
 お話の華美ささえ求めねば、充実した前半と言うべし。

画像

山田洋次が時代ものに見出す興味は、恐らく、現在の会社員や公務員に通ずる武士の人生観である。社会とのしがらみの軽重は著しく異なる。しかし、組織の歯車となって働くことに侘しさを感じ、家族への思いが仕事に留まる理由になる辺りはそれほど違うものではない。
 一方、封建社会では仕事を失うことは即お家断絶に繋がりかねない緊急事態、不祥事を起こした武士は家の存続の為にも切腹する必要が出て来る。本作で切腹が繰り返されるのはそれ故である。

但し、主人公の脳裏に切腹という二文字がよぎるのは家の為ではなく寧ろ侍ならではのプライド即ち武士の一分。妻を糾弾するもその思いを理解できないのではない。そして、内に秘められた相克と外に現れた人間関係の葛藤のうちに仄かに滲み出る愛情の機微に我々は感動を誘われることになる。
 追い出された女性が盲人となった主人の前に使用人に身をやつしてこっそり戻ってくるという趣向は別の作品でも見たので、徳平の言葉で「ははあ加世が帰ってくるのだな」と予想がつく。が、序盤からさりげなく映し出されていた夫婦の関係を象徴する文鳥の扱いの巧さは山田監督の真骨頂であろう。

画像

気になっていた木村氏の演技は無難。妻役の檀れいは宝塚出身で映画デビュー作ということだが、上出来と言うべし。宝塚の男役出身の女優は台詞回しが硬くて好きになれないが、娘役出身にはそういう不都合がなくて結構でござる。
 笹野高史は飄逸な風情で絶品。特徴的な喋りを封印した桃井かおりにも感心した。

相手を倒すには一分も掛からなかったね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年11月17日 23:28
最後の果し合いは簡単に決着がついてしまいましたね。 本番よりも練習のときの方が迫力あったな~と思ってしまいました。
オカピー
2007年11月18日 09:39
みのりさん、こんにちは。

山田監督はアクションに対して大した興味がないんでしょうね。
しかし、作る限りは立派に作るという姿勢は維持されていて、短くても大変優れた殺陣でしたので、「なかなかやるな」と思いましたよ。
2008年05月02日 19:55
僕も庭のシーンなど、小さい音を愉しんでいました。
こういう職人芸には、無条件に、ハハーと頭を垂れることにしています(笑)
オカピー
2008年05月03日 02:03
kimion20002000さん、こんばんは!

>音
昔の香港映画などひどいもので、奥にいる者も手前にいる者も音声のサイズが同じで音の遠近感がまるでなく、一体誰が喋っているのか解らなくなる始末(笑)。映画を解り易くするという意味でも録音は大事ですよね。

映像の構図、ショットの繋ぎ、シーンの繋ぎ・・・僕が映画を作るなら山田洋次が一番の手本です。

この記事へのトラックバック

  • 武士の一分

    Excerpt: 徳平(笹野高史)の子孫は上京し、やがて鈴木建設社長の運転手へ・・・ Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2007-11-13 21:17
  • 『武士の一分』

    Excerpt: ----この日、スゴい台風が接近していたよね。 朝10時からじやお客も少なかったんじゃない。 「いやいやそれがどうして。これが補助席が出るほどの超満員。 山田洋次にキムタクとくれば、それもうなずけるか.. Weblog: ラムの大通り racked: 2007-11-14 00:10
  • ★「武士の一分(いちぶん)」

    Excerpt: SMAPのキムタク主演の時代劇。 彼のファンの人は、「キムタク」とは呼ばないそうですが、 良い意味のあだ名なので、敢えて。 結構スマップ好きなひらりんなんですっ。 Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2007-11-14 00:58
  • 武士の一分

    Excerpt: 三村新之丞は、近習組に勤める下級武士。毒見役という役目に嫌気がさしながらも、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。 ある日、毒見の後、新之丞は激しい腹痛に襲われる。あやうく一命はとりと.. Weblog: シャーロットの涙 racked: 2007-11-14 02:00
  • 武士の一分

    Excerpt: シンプルでも奥深いラブストーリー。 でがんす。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2007-11-14 11:55
  • 武士の一分(映画館)

    Excerpt: 人には命をかけても守らなければならない一分がある。 Weblog: ひるめし。 racked: 2007-11-15 11:20
  • 映画 【武士の一分】

    Excerpt: 映画館にて「武士の一分」 山田洋次監督による藤沢周平時代劇映画化三部作の最後の作品。 「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味。 舞台は江戸時代末期、東北地方にある架.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2007-11-15 21:32
  • <武士の一分> 

    Excerpt: 2006年 日本 122分 監督 山田洋次 原作 藤沢周平 脚本 山田洋次  平松恵美子  山本一郎 撮影 長沼六男 音楽 冨田勲 美術 出川三男 衣裳 黒澤和子 出演 木村拓.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2007-11-17 23:07
  • 武士の一分 07019

    Excerpt: 武士の一分 2006年   山田洋次 監督   藤沢周平 原作木村拓哉 檀れい 笹野高史 小林稔侍 緒方拳 桃井かおり 板東三津五郎 キムタクって、童顔すぎるよねぇ、、、 山田監督の、時代劇三部.. Weblog: 猫姫じゃ racked: 2007-11-18 14:25
  • 「 武士の一分 (2006) 」

    Excerpt: 監督・脚本 : 山田洋次 出演 : 木村拓哉  / 檀れい  / 笹野高史 他   公式HP : http://www.ichibun.jp/.. Weblog: MoonDreamWorks★Fc2 racked: 2007-11-18 20:36
  • 映画『武士の一分』

    Excerpt: これは最後に泣ける映画・・物語の中核を成すはずの貞節を奪われるシーンとか離縁された後に何処で何をしていたのかとか、気になるが・・感動的な映画・・ 山形は庄内地方の三村新之丞(木村拓哉.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-11-21 02:18
  • ≪武士の一分≫

    Excerpt: 武士の一分 ¥2,780 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/11/17) 製作年度2006年 製作国日本 上映時間121分 監督山田洋次 出演.. Weblog: ミーガと映画と… -Have a good movie- racked: 2007-11-23 17:26
  • 『武士の一分』’06・日

    Excerpt: あらすじ下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世(檀れい)とともに幸せに暮らしていた。しかし、藩主の毒見役を務め、失明してしまったことから人生の歯車が狂い始める・・・。感想直ぐにTVでやると思って.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2008-01-02 22:07
  • mini review 07249「武士の一分」★★★★★☆☆☆☆☆

    Excerpt: 山田洋次監督の藤沢周平時代劇映画化三部作の最後を飾るヒューマンドラマ。主演に『2046』で世界にも活躍の場を広げた木村拓哉を迎え、幕末に生きる武士の名誉と夫婦のきずなを描く。妻役の檀れいやかたき役の坂.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2008-05-01 11:10