映画評「戦争と人間 第一部」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1970年日本映画 監督・山本薩夫
ネタバレあり

「人間の条件」で知られる五味川純平の大作の映画化第一部で、「運命の序曲」という副題が付いている。当時、原作は継続中だった。
 現在鑑賞中なので書きにくいところがあるが、昔の鑑賞メモをベースにざっと書いてみる。

画像

内容より先に言わねばならないのは、60年代終わりにスターシステムが崩れ、既に五大映画会社協定も意味を失っていた時代故に、製作した日活を中心に今では考えられない豪華な顔触れ。これぞ本当のオールスターキャストと言うべし。

画像

テーマは日本国がいかに破滅的に太平洋戦争に突入していったか。架空の財閥である伍代産業に関係する人々の行動を通して群像劇的に描いている。
 第一部は、左翼活動家一斉取締りの3・15事件、山東出兵、張作霖爆殺事件が起きた昭和3(1928)年から、昭和6(1931)年初頭、つまり満州事変の起こる直前まで。

度重なる恐慌でのし上がった伍代産業の当主(滝沢修)、満州支社社長をするその弟(芦田伸介)、当主の4人の子供たち、即ちブルジョワ的タイプの長男・英介(高橋悦史)と長女・由紀子(浅丘ルリ子)、労働者の苦しみを第二部で気づかされる次男(中村勘九郎)と次女等の一族や、満州では中国人に同情的な満州生まれの日本人医師二人(加藤剛、田村高広)や妻(松原千恵子)を抗日匪賊に拉致されて失う通商人(高橋幸治)、関東軍の暴走の中外交努力をする外交官(石原裕次郎)、由紀子と関係のある特務機関軍人(高橋英樹)、伍代産業の為に麻薬売買に暗躍する男(三国連太郎)など、無数の人々が登場する。

画像

腹蔵なく言えば日本の近代・現代史に疎い人間には解りにくいところがないわけでもないが、民間レベルの視点から語られる昭和初めの日本史は教科書で読むよりずっと興味深く多彩である。それに満州・朝鮮人の描写を加えて、アングルはかなり広い。結果的にこの第一部がバランスが取れ、最も優秀な出来となっていた。

その他の主だった出演者は、二谷英明、山本学、岸田今日子、栗原小巻、丹波哲郎、江原真二郎、地井武男、水戸光子。第二部は女優陣がもっと豪華になる。お楽しみに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

豆酢
2007年07月27日 10:02
でーーーたーーー!!爆

加藤剛様(はぁと・笑)目当てに最近見直しました。←下心ありあり

で、とにかくストーリーの面白さにぐんぐん引き込まれてしまい、出演陣の豪華さにも目を奪われ、結局お腹いっぱいになりました(^^ゞ。
映画が描く日本史は複雑極まりない時代でしたから、理解しにくい点があるのは否めないところ。しかしプロフェッサーのご指摘どおり、民間レベルでの歴史の検証という視点が新鮮でした。
オカピー
2007年07月28日 03:28
豆酢さん

私も加藤剛は割合好きですよ。その彼が本作同様栗原小巻と愛し合う「忍ぶ川」は私の愛する邦画の一つです。思い出してもたまらん(笑)。

昔の映画評を読んだら、「退屈した時は役者の顔ぶれを見て楽しむべし」などと書いてありましたが、そのくらい豪華でしたね。日活系の俳優は総出演という感じでした。たまらん。

そうですねえ、日本史に関しては少なくとも昔観た時の方が良く解っていたような気がしますねえ。
しかし、関東軍が相当悪く描かれていますから、右派の方はこの映画には火を付けたくなるでしょう。多かれ少なかれ、これが実態なんでしょうが、実際満州で戦争に参加した人間が書いた小説ですので。
蟷螂の斧
2021年08月14日 09:23
おはようございます。
財閥と軍部が手を組む。中国大陸に進出(侵略?)する。儲かるから面白くて仕方がない。それが伝わって来ました。

豪華キャスト。そして満州での街並みや激しい戦闘場面。金がかかっているのもよくわかります。

標拓郎(伊藤孝雄)が戦死する場面が悲しかったです。仲間をうまく援護した直後に射殺される・・・。

>インフルエンザにおけるタミフルのような決定的な飲み薬ができるまで、飲食業・観光業は成り立ちませんよ。


そういう事なんですね。

>映画館、劇場、ライブ会場、スタジアム、学校等入場にワクチン・パスポートを導入する。

強制はできませんが、妙案かも知れません。

>夏目雅子も儚かったですが、彼女もまた。

まさに美人薄命。写真雑誌で夏目雅子さんが亡くなる2日前の写真を見た時は悲しかったです。キャップとマスクをつけて病室の中から外を見る雅子さん。
オカピー
2021年08月14日 22:15
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>豪華キャスト。そして満州での街並みや激しい戦闘場面。金がかかっている

アメリカでの俳優に関する人件費は、多分日本の100倍くらいなので、アメリカでこれをやったら大変でした。日本も大分増えてきましたが、アメリカも増えるのでいつまでもそれくらいの差があると思います。
 但し、アメリカでもオールスター映画になると、通常のギャラより大分少なくなるというのが通例ですね。

>>インフルエンザにおけるタミフルのような決定的な飲み薬
>そういう事なんですね。

そうなんです。
塩野義製薬の飲み薬が間もなく治験に入るそうですが、恐らくタミフルほど決定的にはならないと踏んでいます。しかし、ないよりは良い。

>強制はできませんが、妙案かも知れません。

ロックダウンも接種の強制もできないのであれば、これしかありません。打ちたい人がほぼ全員接種できた状態になった頃政府がそういう法律を施行するのが一番ですが、もしそうならない時には、店や劇場等が自らそういう風にしていく可能性があると思います。特に飲食店はそうすれば少なくともクラスターは発生しませんから、安心して営業していけると思います。
 ただ、そうした店への非難を避ける為にもパスポートの類は必要と思います。日本の場合、手元に二階接種しましたよという証拠が残るはずですので、これを持ち歩くのが一番手っ取り早いですね。

ワクチンを打っても感染というのが時々取り上げられたりしていますが、これは実に変な話で、去年の段階から、ワクチンは予防ではなく、重症化抑制の為に打つと言われていたはず。思ったより遥かに予防効果があったというのが事実で、何のニュースヴァリューもない話です。
 昨日も言ったように、アメリカの新規感染者の99%は未接種と言われていますし、日本でも80%くらいが二回接種した65歳以上の感染は僅か3%くらいになっています。その3%の殆どが多分未接種でしょう。

昨日取り上げた一般人は、接種していない人がかかったら病院に行くというのは変な話だ、とも言っていました。現在はまだそういう段階ではありませんが、年末頃にはそう言われても仕方がない雰囲気が醸成されるかもしれませんね。
 いずれにしても、彼女の言うように、ワクチン接種は仮に打てる人に強制しても民主主義には反しないでしょう。何故なら、打った本人に色々な意味で利益が還元されるのだから(感染しない、感染しても重症化しない、コロナ禍前ほどではないにしても、昨年3月以降より自由に行動できる可能性が高まる、等)。

この記事へのトラックバック