映画評「ホワイト・プラネット」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2006年フランス=カナダ映画 監督ティエリー・ラコベール、ティエリー・ピアンタニーダ
ネタバレあり

21世紀に入って日本に輸入されるドキュメンタリーが増えたが、それに比例するように自然ドキュメンタリーも増えた。或いはその逆かもしれない。
 恐らくその端緒はフランス映画の「ミクロコスモス」で、火付け役になったのは「WATARIDORI」だろう。数では他を圧倒するフランスだが、ドキュメンタリーとしてはけれんに近い匠気が目立つ印象がある。本作はその欠点が殆どなく、英国映画「ディープ・ブルー」に近い自然体だが、編集では大分及ばない。

画像

タイトルから予想されるように北極圏に棲息する動物たちの生態を一年の四季の中に映し出す。中心となるのはホッキョクグマの母子三匹で、母グマは子供たちの為にアザラシの子供を捕獲する。厳しい弱肉強食の世界である。
 ウミガラス(カラスではなくチドリに近い)の卵をホッキョクギツネが狙ったり、ホッキョクオオカミがネズミなどの小動物を狙うのもその例だが、TVの自然ドキュメンタリーで何度も観た場面で新味は薄い。

画像

それでも雲霞の如きカリブー(北米トナカイ)の大移動やジャコウウシ雄の決闘などは大したスペクタクルで、珍獣イッカクの姿(下図)が見られたのは収穫。

画像

四季が一回りしてクマの子供も成長して独立する頃になる。映画はここで北極圏の生物が地球の温暖化により絶滅の危機に晒されていることを告げるのだが、些か唐突な感あり。最初からそういう視点で語ったほうが観客の意識に染み込むはずで、終盤にちょっとだけ触れるのでは効果に疑問がある。尤もこれに関しては、「たっぷり北極圏の自然を描き込んだ後だから最小限の言葉で効果が出る」といった逆の見方もできないわけではない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

シュエット
2007年06月12日 13:29
とってもお久しぶりP様。元気ですか?私も元気です!これ劇場で観ました。「WATARIDORI」や「皇帝ペンギン」みたいにムードで見せるドキュメンタリ作品より、こちらの方が私的にはとても評価高いです。北極圏の置かれている状況の厳しさあらためて知りました。先進諸国のエゴの結果。最後のメッセージは人類に対する痛烈な警告と警鐘。でもこの作品観ている人少ないんですよね。でも白熊の親子は可愛かった!
さてさて、エキサイトさんの処理能力が限界みたいで14日メンテおこなうそうですが今日の時点で自分のブログにもログインできない状態に陥っております。明日はアクセス等もできないと思いますのでご連絡まで…。またお話できる記事、私も頑張りますね!ではお元気で。
それと、
シュエット
2007年06月12日 13:35
ホワイト・プラネット…私、製作者側は、やはり警鐘も意図したノだけれど、それよりも北極圏に住む動物たちをありのままに描こうとしたのではないかしらと思いました。数十年後、この風景が失われるかしれないというコメント。だから編集もあまり作為的にいじらず、地味なつくりだけれど、敢えて、ありのままに撮ろうとしたのではと…そんな気がしました。
オカピー
2007年06月13日 01:59
シュエットさん、こんばんは。

この作品が☆☆☆止まりなのは、新味不足に尽きます。とにかく、自然ドキュメンタリーは好きで、少年時代から見まくっていますから。
そんな私の目を久しぶりに覚ましたのが「ディープ・ブルー」。凄かった。構成・編集も良かった。

「WATARIDORI」は鳥好きにはたまらないものがありますが、やや作り過ぎ。
「皇帝ペンギン」は怪しからん。動物の声を人間が代弁するのは下卑た発想だと思います。ポップスを使った音楽もセンスが悪い。

>ありのままに撮ろうとしたのでは
その通りと思います。
環境問題に関して私は全く適当に言ったのですが、作者自身も「北極圏の自然を描き込めば声高に言う必要もないような気がした」と言っているようです。
シュエット
2007年06月13日 13:48
コメントありがとうございます。ところでPさまはどう対応されてます。最近、コメントなしでTBだけっていうのが増えてるんです。やはりコメントあってのTBだと思うんですよね。そんな時どう対応されてます?
オカピー
2007年06月13日 15:56
シュエットさん

確かにコメントは大事なのですが、TB自体が無言のメッセージと考えられないこともないので、私は有難く受け取っております。
完全に自己ブログ宣伝の為に貼り付けられたTBは不愉快ですが、何らかの関連がある映画の記事であれば多くの場合は残します。
私が姐さんと知り合い、そこからまた多くの方と親しくなれたのは、恐らくは無言のTBがあったからだと思います。このようにどこに縁があるか解りませんので、多少は大目に見たほうが宜しいのではないでしょうか。

逆にこちらから送るケースについては、極端に意見が分かれているような場合は、コメント付きでTBするか、TBしません。それが礼儀と思います。
シュエット
2007年06月13日 22:22
ありがとうございます。
そうですね。これも出会いですね。
選んでくださったわけですからね。
どうしたもんかとちょっと考えていたもんですから、ありがとうございました。
オカピー
2007年06月14日 15:05
シュエットさん

コメントなしのTBに対するTB返しが面倒臭いなら、放置すれば良いでしょう。そうするとその人はTBしなくなります。
私の場合TB返ししていたつもりのに、実際にTBが入っていなかった為に先方さんから途絶えてしまったケースがあります。彼はコメントなしでも私の記事を読んでくれていたと思うと、残念でしたね。
シュエット
2007年06月15日 11:56
これも出会い…ありがとうございました。
無言TB覗いてみて、キチンと記事かいてられるブログもあり、選んでコメント&TBすることにしました。少し面倒ですけど、これも出会いですね。お話できそうなブログもいくつか…です。

この記事へのトラックバック

  • ホワイト・プラネット

    Excerpt:  シロクマが好き!アフリカ象が好き! Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2007-06-11 21:09
  • ホワイト・プラネット

    Excerpt: 殺伐とした事件、事故が毎日、テレビから流れてきます。 北極で暮らす動物たちの姿は、愚かな人間たちを笑っているかのようでした。 心、洗われます。 心、癒されます。 心、掻.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2007-06-12 08:48
  • 映画『ホワイト・プラネット』

    Excerpt: 原題:La Planete blanche 北極をひとつのプラネットと位置づけて、この惑星をいとおしむように生き物達の営みと大自然の景観、季節の移り変わりが美しく、見事に捕らえられている・・・ .. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-06-13 00:31
  • <ホワイト・プラネット> 

    Excerpt: 2006年 フランス・カナダ 82分 原題 La Planete blanche 監督 ティエリー・ラゴベール  ティエリー・ピアンタニダ 脚本 ティエリー・ピアンタニダ  ステファン・ミリエー.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2007-07-01 10:39