映画評「女王蜂」

☆☆☆(6点/10点満点中)
1978年日本映画 監督・市川崑
ネタバレあり

市川崑監督=石坂浩二主演による金田一耕助シリーズ第4作。

昭和7年、伊豆天城は月琴の里にある旧家・大道寺家の屋敷で、令嬢・琴絵(萩尾みどり)の婚約者が密室で殺害される。現場にいた琴絵が犯人と思われるが、関係者の手で自殺に偽装され、彼女は未婚で娘・智子を産み、その後死去する。
 これがプロローグで、その19年後成人した智子(中井貴恵)に言い寄る求婚者の一人が殺され、大時計の歯車に挟まれてバラバラ死体となる。時を同じくして金田一が弁護士の依頼により大道寺家に関する脅迫状を持って同家を訪れ、真相究明に奔走する。

28年ほど前に観た時以来二度目だが、この歯車の場面と後で出て来るお茶会の場面はよく憶えている。大時計や時計の歯車がクラシックな妖しいムードを駆り立て、とにかく艶やかな印象があった。

画像

新聞記事を切り張りして作った警告状、寄木細工による密室など古典的な気分が満点だが、婿として大道寺家を引き継いだ現当主(仲代達矢)を始め、人物関係が余りに複雑で、ページを捲り返して確認出来る小説とは違い、終盤面倒臭くなってしまう。本格ミステリーとしては人物関係とその説明に重きが置かれ過ぎてはいないか。事件解決後に20分ほど解説的場面が加わるのも構成的にすっきりしない。

基本的なテクニックは前三作と同じだが、新手(あらて)は68年頃から70年代中盤くらいまで流行した分割画面である。事件が起きた後画面が6分割されて夫々の反応を捉えるのが面白い。

画像

しかし、僕が一番気に入っているのは色彩感覚の豊かさで、紅葉、茶会(野点)の敷物、そして毛糸玉と赤色を連ねていくような演出を取り、トリックにも繋げている点に特に感心させられる。そして列車の中で金田一が使っている毛糸玉は青。色々と不満があるのも事実だが、さすがに崑ちゃん、上手いもんです。

画像

高峰三枝子、岸恵子、司葉子の競演も見もの。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年05月06日 22:54
この「女王蜂」は、私は市川+石坂5作品(リメイクはいれません)の中で、実は「手毬唄」の次に好きな作品です。
ただ、5,6年みていないのですが・・・。
原作とはけっこうはなれた設定になっていると記憶してますが、市川監督の独自のものとしてかなり魅力を感じます。たしかに人間関係等複雑ですが、ある程度描かないと私は逆にミステリーとしてのおもしろさが薄れて、物足りないものになってと思います。トヨエツで撮った「八つ墓村」のように・・・。
しかし、映像はシャクがありますからね。前3作と違い原作自体がけっこう厚みのある深いものになってますからね。かなり苦心の作だと思います。それは一番、「病院坂」にいえるのですが、よく映像化したと思います。
それを考えると、本作もよくまとめて描いていると思います。おっしゃる通り、分割の画は効果的ですね。それと私は金田一の登場のシーン、焦点のぼけた画でバスがうつり、その中にすわる金田一、そしてその彼に焦点があっていく。これが大好きなんです。
指摘されている色づかい、毛糸の色の変化まではおぼえていませんでした。これも近く見直したいと思います。
2007年05月07日 00:45
オカピーさん、度々すみません。

上記コメント通り、私はシリーズ5作中、2番目に好きなのですが、智子のキャストだけはいただけないと思っています。中井貴恵では、女王蜂ではないよな~と。彼女のデビューですが、なんとも・・・。
オカピー
2007年05月07日 03:13
イエローストーンさん、こんばんは。

古くなったわがメモリーならぬ灰色の脳細胞が、後半ごちゃごちゃしてほぼフリーズしてしまいました。性能が落ちました(笑)。
それはともかく、小説はいざ知らず、映画の醍醐味は映画的であるということ。本作でも市川監督は映画的に作っていますが、やはり終盤はさすがの崑ちゃんを以ってしても説明的になったかな、という気がしています。
しかし、あの色使いは素晴らしいでしょう。最初に観た時からあの赤に唸りっぱなしだったんです。
金田一が最初に実験している毛糸は薄い緑のような中間色ですが、トリック的に使われる毛糸玉は血をイメージする赤、最後の毛糸玉は青。事件からの解放を恐らくイメージし、コントラストを為していました。こういうところが気が利いているんですね、崑ちゃんは(笑)。

>中井貴恵
仰るとおりで、演技的にもちょっとたどたどしい感じ。
先代<女王蜂>の萩尾みどりのほうが好きです。
ぶーすか
2007年05月11日 11:39
私も中井貴恵の起用には首をかしげます。イエローストーンが御指摘したとおり「女王蜂」というネームをもらうには毒がなさすぎるし、男を惑わすほどの美女でも色っぽいわけでもない…かなり不満が残りました。こんな正反対なキャラをわざわざ起用した市川監督の狙いとはなんだったのかなぁ…?
オカピー
2007年05月12日 00:45
ぶーすかさん

<女王蜂>と言えども、実際には男たちが勝手に不幸になっていくという設定で、中井貴恵を起用したのは<処女性>の表現だったと思います。新人で演技的にも未開発というところを利用したのだと思います。
イエローストーンさんの分析とも関連しますが、原作より清純さを市川監督は求めていたのでしょう。

この記事へのトラックバック

  • 市川崑の金田一耕助  登場人物の素朴さ・・・

    Excerpt: 今、「悪魔の手毬唄」の原作を20年ぶりに読んでいる途中である。 Weblog: 取手物語~取手より愛をこめて racked: 2007-05-07 00:47
  • 「病院坂の首縊りの家」見た。

    Excerpt: 「病院坂の首縊りの家」を見ました。 ちょっと旅行に行っていたのですが、そこのBSでやっていたので。 (何のために旅行に行ったのやら) 途中から見てしまったので、金田一ものだとはわかるもの.. Weblog: ランプサクス ~ディープの世界~ racked: 2007-05-07 10:27
  • 市川崑の金田一耕助シリーズ「犬神家の一族、悪魔の手毬唄、獄門島、女王蜂、病院坂の首縊りの家」

    Excerpt: ●犬神家の一族 ★★★★ 【NHKBS】巨匠・市川崑の金田一耕助シリーズ1作目。出演は石坂浩二、島田楊子、高峰三枝子、草笛光子、あおい輝彦、三國連太郎など豪華。公開当時、子供の頃に観た時はとても恐か.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2007-05-11 11:39
  • 『女王蜂』(1978)

    Excerpt: 横溝正史の推理小説の映画化作品で、『犬神家の一族』、『悪魔の手毬唄』、『獄門島』に続いて、市川崑監督が金田一耕助に石坂浩二を起用して製作したシリーズ第4弾。 スケジュールの都合から、松林宗恵監督が助.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2011-09-15 22:17