映画評「ミュンヘン」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2005年アメリカ映画 監督スティーヴン・スピルバーグ
ネタバレあり

前作「宇宙戦争」は9・11でアメリカ人の心に芽生えたテロへの恐怖と彼のアイデンティティであるユダヤ民族の<恐怖からの逃走>を描いたものとして娯楽映画以上の印象を残したが、本作は実録風に同じテーマを描き直し、補完した続編のようである。

1972年9月ミュンヘン・オリンピックの選手村でイスラエル・チームが全員パレスチナのテロリストに殺される事件(事実が異なることは後に判る)があり、僕の脳裏に強烈に残っている。数年前にこの事件の経緯を描いたドキュメンタリー「ブラック・セプテンバー」を観たのも記憶に新しい。

本作は、その事件の後をメインに描いたもので、イスラエルの秘密情報機関モサドが、5人のエキスパートを集め、事件の背後で暗躍したと見られるパレスチナの指導者11人を暗殺せよと命じる。
 リーダーとなるのが要人護衛の実績しかない(?)エリック・バナで、その他は車輌、爆弾、証拠隠滅、文書偽造の専門家(という名目)。

娯楽映画ではよくある設定であり目新しくないが、寧ろ厳しい実録タッチに注目すべきである。実録風と言っても、死体の血が流れて来るショットにおけるヒッチコック・タッチや電話をめぐる暗殺場面のサスペンス性といったフィクション的な扱いもある。いずれにせよ、緊密度や重量感はさすが娯楽映画の世界で冠たる大監督のものである。描写の客観性も評価したい。

さて、彼らはエキスパートとは言え、モサドの訓練を受けていない“素人”たちに過ぎず、最初のうちは些かドタバタするが、それが人数を重ねるうちに慣れて来るのに反比例して、追う者が追われる恐怖に脅え出すところに皮肉な味がある。家族の為に任務を引き受けた事実と、家族の為に生き続けねばならぬという思いが矛盾として浮かび上がるのである。
 <家族>が大々的に展開に絡むのは「宇宙戦争」同様スピルバーグ的であり、ドラマとして甘くなったと思われる一方で、大部分の人間の生きる理由が家族にあると思うと別の感慨も生れる。彼らはターゲット以外は殺さない立場であり、冷酷無比な殺し屋ではない“素人”なのだからそれで良いのかもしれない。

いや、正確には違う。9・11以降異様とも思えるほど多くのアメリカ映画が家族(の再生)を扱うようになった。寧ろ時代がスピルバーグ的になってきたので、彼としてはその潮流に棹をさす(=時流に乗る)形で<9・11以降>と<家族>を最も濃密に直に合体させ、かかる力作をものしたのである。
 本作における家族に関する考え方は、アメリカ人、9・11以降のアメリカ人にとっては絶対的なものなのではあるまいか? つまり、本作の主人公はイスラエル人であってもアメリカ人の総体を投影したものと思う。従って、報復の快感に酔いしれ突然醒める主人公の生き方を以ってアメリカ大衆に<報復の連鎖>の現実を示し同時に慰藉しようとした感すらある本作にそれ以上の内容的な厳しさを求めるのは、<木によって魚を求む>に等しいと言うべきであろう。

最終的に滲み出てくるのはテロ或いは戦争のない世界への思いであり、従って、最後の場面が73~75年のニューヨークの風景であるのは必然である。対岸に今はなきワールドトレードセンターのツインタワーが見えるのだが、このビルの一つが完成したのが72年、もう一つが完成したのが73年なのも不思議な因縁と思えて来る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

vivajiji
2007年05月25日 08:02
TBさせていただきました。

プロフェッサー的学術論文のようにはどうひっくり返っても
書けない(笑)「いい加減なアタマッコ」の拙記事、お持ち
しましたのでおヒマな時にでもご笑覧くださいませ。^^

「博士の愛した数式」にもチョックラ
オジャマさせていただきます。
・・・あ、手ぶらですので小さくなりながら。(^^;)
オカピー
2007年05月26日 03:01
viva jijiさん

いんやー、適当なものです。
ここ数年の映画界の趨勢に気付き、最後のツイン・タワーを観たらば、「スピちゃんはこれ(9・11と家族)を表現したい為にこの映画を作ったんだなあ」と即座に思いましたね。
フランスの情報屋の家族団欒の風景もやはり<家族>というテーマを強固にするものだったのだと思います。

いやいや、姐さんの記事も正論ですし、楽しむ記事としては足許にも及びません。そういう才能も羨ましいです。
シュエット
2007年05月27日 23:27
こんちは、こちらにもです。本作、スピルバーグ、最後までへたらず、よう頑張った!っていうのが見終わった後の素直な感想でした。彼っていい人だから安易にヒューマニズム出してしまうと子あるでしょ?わたしはそう思っている。「シンドラーのリスト」「プライベートライアン」みて、ちょっとそう思ったんです。でも本作最後まできちんと彼は描いたなって思いました。で、私この土曜日にパレスチナの監督が撮った「パラダイスナウ」観ました。これは自爆テロをする若者2人の48時間を描いたもので、テロを行う側の内側からみた作品。まだこれだけを記事UPにはしてませんが、私の週末の記事で少し触れてます。第三世界から、当時者側からもテロ、報復、民族問題、出口も解決の糸口も見えない問題だけど、内側から、若い監督から、問題をなげかける作品がでてくる。これ記事にできるかしら。
オカピー
2007年05月28日 14:02
シュエットさん

スピルバーグは世界で冠たる大監督ですが、こうした作品を作っても社会性を前面に押し出すタイプではありません。
あくまで「映画は一般大衆が観る娯楽だ」というスタンスですので、メッセージは透かせて見せる程度に留めます。そのスタンスは大変上品だと思いますね。その反面、娯楽映画派には面白味不足、学術肌には追求不足といった半端な印象を持たせるのかもしれません。

本作の<家族>は、要素ではなくテーマだったと思います。テロリストは家族を利用すると言いますが、本作のテーマはテロリストではなく、アメリカ人の考える家族像です。スピルバーグは民族としてはユダヤ人であっても、やはり9・11で涙したアメリカ人としての想いが断然強い。最終的には平和への希求です。現実を余すところなく切り取るところまでは行かなくても、作品としての完成度は侮れないと思いましたね。

その一方でテロリスト側から描く作品も興味津々ですね。現実を見つめるという観照的スタンスならどんな立場を描くのも映画ファンとしては歓迎したいです。
nessko
2012年02月19日 18:33
「ミュンヘン」は大好きな映画で、DVDで何度も観ています。
いいところがいっぱいあって書ききれないくらいですが、音響がすばらしいのと、あの主人公のお母さんがなにかすごく怖いのですね。ヒッチコックやヴィスコンティの映画に出てくるお母さんより、ずっとリアルに怖いんですよ。あれはすごいと思います。
オカピー
2012年02月19日 20:48
nesskoさん、こんにちは。

「宇宙戦争」は酷評でしたし、「ミュンヘン」も思ったほど受けなかった記憶がありますが、この二つは一種の二部作として大変興味深く観ました。
当時のスピルバーグへの過小評価に反論する気分も多分に含んで、かなり力んだ映画評になっています。普段はこう文学的には書かないんですけど。

>お母さん
“家族”を重要なテーマの一つに据えた作品という記憶を持っていますが、母親についての記憶が今一つ曖昧です。
自家製ソフトを持っていたら確認してみますね。

この記事へのトラックバック

  • ミュンヘン

    Excerpt:  また爆弾の量を間違えちゃったよ・・・ってシャレにならないんですけど・・・ Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2007-05-25 07:04
  • ミュンヘン

    Excerpt: 上映中、時計を3回、見たよ。(笑) 予告編が始まる直前まで、 携帯電話を離さず、やっと電話が 終わったと思ったら、ぼりぼり・ バリバリ、何やら食べはじめ、 お茶をグビッと・・・まあ、にぎ.. Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2007-05-25 07:52
  • 『ミュンヘン』

    Excerpt: ※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方が…かも。 ----この映画、今日から公開だよね。 フォーンも観たけど、どうだった? 「う~ん、ぼくは勘違いしていた.. Weblog: ラムの大通り racked: 2007-05-25 09:48
  • ★「ミュンヘン」

    Excerpt: 公開初日のナイト・ショウで観てきました。 スピルバーグ監督の映画という事で、夜中にしてはまずまずの入り。 原題は「MUNICH」。 2005年製作のサスペンス・ドラマ、164分もの。 Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2007-05-26 00:23
  • <ミュンヘン> 

    Excerpt: 2005年 アメリカ 165分 原題 Munich 監督 スティーヴン・スピルバーグ 原作 ジョージ・ジョナス 脚本 トニー・クシュナー  エリック・ロス 撮影 ヤヌス・カミンスキー 音.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2007-05-26 02:32
  • 宇宙戦争

    Excerpt: 宇宙戦争と言っているが、宇宙で戦争しているわけではなく、地球に宇宙人が侵略していたわけで、そういう意味では、インベーダー(侵略者)の方が良いんじゃないかと。 Weblog: 映画や本を淡々と語る racked: 2007-05-26 18:16
  • ミュンヘン

    Excerpt: 2005年製作のアメリカ映画。 全米週間最高6位、興行成績$47,403,685。 スピルバーグ監督が、ミュンヘンオリンピック開催中に起こった、パレスチナゲリラによる11人のイスラエル選手団襲撃事.. Weblog: シネマ通知表 racked: 2007-08-28 18:28
  • [映画]ミュンヘン

    Excerpt: 2005年、アメリカ 監督:スティーヴン・スピルバーグ 脚本:トニー・クシュナー、エリック・ロス 出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、マチュー・アマルリック、マイケル・ロンズデール DVDで鑑.. Weblog: 一人でお茶を racked: 2012-02-19 18:34