映画評「剣鬼」

☆☆☆(6点/10点満点中)
1965年日本映画 監督・三隅研次
ネタバレあり

柴田練三郎の「人斬り斑平」を三隅研次が映画化した時代劇。「剣」シリーズ第3作。

藩主正室の侍女の息子に生まれ「犬の子」と蔑まれながら田園地帯で祖父に育て上げられた斑平(市川雷蔵)は、正気を失いつつあった現藩主に花を育てる才能を見込まれ登用され、さらに足の速さが気に入られて出世、居合いの達人から術を盗む。
 現体制維持を目論む若い重臣(佐藤慶)は彼の韋駄天走りと居合いの実力に目を付け、お家断絶を図る脱藩者や公儀隠密を次々と暗殺させる。

その合間に若者らしく娘(姿美千子)との淡い恋模様を挟んで展開するのだが、三隅監督の場合は話より美しい構図に息を呑ませるスタイリッシュなタッチが持ち味なのでそちらに注目したい。
 彼はたまにズームを使うくらいで、走る場面の移動撮影以外は固定カメラが基本だが、これが美しい。「剣」シリーズ第一作の「斬る」でも見られた画面の半分を人物で覆わせるといった構図の美しさである。

ロングショットとクロースアップの組合せにも最近の監督では見られない面白さがある。例えば、ロングショットで居合いの達人が観客から遠く右側に位置し、斑平が近く左側に位置している。続く二人の顔を交互に捉えるクロースアップでも彼らの立ち位置の関係を明確に維持している。つまり、達人の顔はやはり画面の右の位置にあって右側から捉えられ、斑平はその逆である(所謂イマジナリー・ライン)。今の監督ならここを正面で撮るだろう。こうしたカメラワークの積み重ねは最終的には展開の解り易さに繋がっていくことにもなる。

もう一つ印象的なのは、恋人たちが河原を花で満たすことを夢見て一旦は実現するのだが、その河原が最後に死体に埋め尽くされる、という凄惨美である。死体の花が咲くのでは洒落にもならないが、観客の心は武士道の空しさに埋め尽くされる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

優一郎
2007年04月05日 03:35
こんばんは^^

これ、なかなか良かったです。
私、時代劇はズブズブの素人でして^^;
三隅研次というと、後のTV時代劇で斬新なカメラを駆使していて印象に強いのですが、映画では座頭市と眠狂四郎のシリーズを観ているくらい。

おっしゃられるように本作は、実にスタイリッシュな映像美。単にロングの景観でも、本当に撮影が素晴らしいので惹きこまれました。
現在の解像度を上げたTVセットで観ると、その美しさはまたひとしおで、この作品なんぞは後々までずっと観続けられるのだろうなと思わせる出来栄えではないでしょうか。
優一郎
2007年04月05日 03:36
(続きです)

妖剣のクダリ(「剣」シリーズでは必須なのかもですが)が取ってつけたようだったり、殿の乱心をたっぷり描いておきながら、その最期は佐藤慶に台詞で言わせるだけだったりと、物語の構成には不満もありますが、それほど気にもなりません。

コマ落としで居合いを見せたり、韋駄天走りを見せたりといった辺りも違和感なく、なんといってもラストの殺陣も見応え十分。
一時、市川雷蔵ブームが巷で再燃いたしましたが、そういったことで過去の埋もれた名画が発掘されていくのは、映画小僧には嬉しい出来事です。
オカピー
2007年04月05日 15:39
優一郎さん、こんにちは。

なかなか綺麗な絵でしたでしょう? 構図が良いですし、文字通り物理的にも綺麗でしたね。
そもそも大映は絵が美しい作品が多いので、左脳人間の私もつい引き込まれてしまいます。三隅監督はそんな大映娯楽映画の中でも逸材だったと思います。

私も時代劇に一家言があるというほどでもありません。どうしても古風な東映時代劇は避けがちになってしまいますね。色調や編集が余り好きになれないせいもあって敬遠、よって東映時代劇については殆ど何も言えません^^;)

一方、大映時代劇にはシャープな東宝時代劇とは違う色気もあってぞくぞくしますよね。今月NHKーBSで「眠狂四郎」4作が放映されるので見直すつもり。田中徳三、池広一夫、三隅研次のタッチの違いに注目したいところです。
ぶーすか
2007年04月19日 20:52
TB&コメント有難うございます。溝口健二や森一生などの巨匠たちに鍛えられたのでしょうか?大映時代劇は美術もイイですねー。ちなみに三隅研次監督の「眠狂四郎勝負」未見なので放送して欲しかったです(>.<)。
オカピー
2007年04月20日 04:06
ぶーすかさん、こちらこそ有難うございます。

話はどうでも良いなどと言うと、シバレンさんや脚本家に失礼ですが、三隅監督の映画は本当に構図に痺れます。
美術は伝統的に良いですね、大映さんは。

「眠狂四郎」シリーズは大昔に大体観たと思いますが、何を観て何を観ていないのか全く解りません(苦笑)。
今回の四本はとりあえず観ました。数日のうちにUP致します。
蟷螂の斧
2021年11月05日 05:57
おはようございます。この映画を一度見た事があります。

>「犬の子」と蔑まれながら

何とも凄い設定でした!

>その河原が最後に死体に埋め尽くされる、という凄惨美

これもまた凄まじかったです!

>自民党の良いところは、政治の手管を知っていることですね。

野党も見習うべきでしょう(苦笑)。

>用水路はダメですが(笑)

そこまではうまく行かなかったんですね・・・。

>高校時代あんな奴だったあいつが・・・という人も多いですよ。

それぞれの中学校でトップクラスでエリートだった人が集まる。
すると高校の中でピラミッドが出来る。
底辺の人達はいじける。まあ、いろいろあります。
オカピー
2021年11月05日 22:12
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>>その河原が最後に死体に埋め尽くされる、という凄惨美
>これもまた凄まじかったです!

14年半前ですが、何となく記憶しています。保存版作ったかな?

>野党も見習うべきでしょう(苦笑)

国民も見放すのが早かったですねえ。二大政党体制にしようという気持ちが全くない。
 高校時代どんなに凄い実績のあった選手でもプロに入ると大概苦労する。僕の知っている限り全く苦労しなかったのは清原くらいです。しかし、その後は、イチロー、松井、大谷などに比べると伸び悩んだ感がありますよね。国民はプロに入って一年目に成績が残せなくても、ちゃんと見守ってあげられれば良かったのですが。生活がかかっている政治と野球では次元が違いますが、例えればそんな感じです。
 野球のルールに選手以上に精通している僕ですが、慣れない実戦で3度大きなミスをした苦い経験があり、外野(野党)で騒いでいる時は出来ても、いざ試合(与党)になると上手く行かないことを身をもって知らされました。やはり習うより慣れよ、です。

>底辺の人達はいじける。まあ、いろいろあります。

そうですねえ。
 確かに、学級でも中学校でもトップ(クラス)だった僕が、高校の最初の試験でショックを受けましたねえ。それまで勉強せずともトップでしたが、同じ要領でやったら、生物でクラスで下から2番目。生涯唯一の赤点を取りました。
 これはいかんと二学期以降クラスメイトと同じ位勉強しましたら、苦い思いをした生物で何とクラス2位に。今で言うリベンジを果たしましたよ。
 僕の場合は、巻き返しに成功しましたが、そのままの人はつらいのでしょうねえ。
 僕らの時代と違って、現在わが母校では、東大・京大を目指す一クラスがある(わが校から京大というのは極めて限定的ですが)ようで、優秀な人は露骨に分ってしまうようです。僕らの頃よりは大分真面目に勉強しているらしい(笑)
蟷螂の斧
2021年11月25日 00:55
こんばんは。先日BSから録画をした「斬る」(柴田錬三郎原作、三隅研次監督、市川雷蔵主演)を見ました。数奇な運命をたどる多感な天才刺客の若き生涯!

三隅研次監督も出生・召集・シベリアで抑留生活など、いろいろな経験を重ねて。それが作品作りに影響したようですね。そして54歳での死去は惜しいです。

>「エリナー・リグビー」が孤独な老人を扱った歌として紹介

あの曲からビートルズに対する評価が変わった人も多かった事でしょう。
オカピー
2021年11月25日 22:35
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>「斬る」(柴田錬三郎原作、三隅研次監督、市川雷蔵主演)を見ました。

実は、この映画で三隈研次のファンになったのでした。縦方向を強く意識させる画面の構図に痺れました。

>54歳での死去は惜しいです。

自分の思うような絵が作れない三隈を可哀想に思って、神様が天国へ連れて行ったのかもしれません。

>あの曲からビートルズに対する評価が変わった人も多かった事でしょう。

その前「イエスタデイ」でも大人のファンが増えたらしいですね。あれだけ完成度の高い曲を聞けば当然でしょうけど。
蟷螂の斧
2021年11月27日 19:49
こんばんは。

>実は、この映画で三隈研次のファンになったのでした。

なるほど!その時に良い映画・良い監督に出会ったのですね。

>自分の思うような絵が作れない三隈を可哀想に思って、神様が天国へ連れて行ったのかもしれません。

映画会社が三隅監督に商業的な監督に徹するように言っていたのでしょうか?

>その前「イエスタデイ」でも大人のファンが増えたらしいですね。

その通りです。そして、あの曲以外で淡谷のり子さんが「最近ビートルズの良さがわかってきた。メンバーがうまくコーラスしていると思った。」と言うコメントが「ビートルズ事典」(香月利一氏の著作)に載っていました。
オカピー
2021年11月27日 22:27
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>映画会社が三隅監督に商業的な監督に徹するように言っていたのでしょうか?

映画が時代劇を作らなくなり、TV中心になったということです。

>淡谷のり子さんが「最近ビートルズの良さがわかってきた。メンバーがうまくコーラスしていると思った。」

ロック・バンド最高のコーラス。クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングのコーラスも良いですが、ビートルズのコーラスは想像を絶するくらい創造性がありますね。音楽をお本格的にやっている人には、多分衝撃的なのでは?
蟷螂の斧
2021年11月29日 15:25
こんにちは。昨日五社英雄監督「吉原炎上」を見ました。主役の名取裕子よりも脇役のかたせ梨乃の方が存在感がありました。そしてキャストだけでなく、セットに関しても高い予算が使われていたのがわかります。

>映画が時代劇を作らなくなり、TV中心になったということです。

三隅監督もガッカリした事でしょう。

>ロック・バンド最高のコーラス。

淡谷のり子さんが褒めていたのは「エリナー・リグビー」です。あれはポールのダブルトラックヴォーカル。と言う事はプロデューサーのジョージ・マーティンの勝利ですね!当時の日本人は知らなかったのかも知れません。
オカピー
2021年11月29日 21:28
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>五社英雄監督「吉原炎上」

昔観ましたが、五社英雄は苦手でした。

>「エリナー・リグビー」です。あれはポールのダブルトラックヴォーカル。

ジョンのダブル・ヴォーカルは結構多いですが、「エリナー・リグビー」のポールも言われてみるとそうですねえ。
 こういうのを含めてビートルズのコーラスワークは(時代によって変わっていきますが)天下無敵。素晴らしすぎる。

>プロデューサーのジョージ・マーティンの勝利ですね!

それとは別にストリングスを使った曲でのマーティンの貢献は凄いですね。「イエスタデイ」ではチェロが主旋律の音符と反対の動きをする。

この記事へのトラックバック

  • 「剣鬼」「剣」

    Excerpt: ●剣鬼 ★★★ 【NHKBS】「斬る」「剣」とともに市川雷蔵主演、三隅研次監督の剣三部作。共演は佐藤慶、姿美千子、五味龍太郎、睦五郎など。心優しい花造りの名人が自分の出生をあざ笑う人々を見返す為に剣.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2007-04-19 20:27