映画評「サウンド・オブ・ミュージック」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1964年アメリカ映画 監督ロバート・ワイズ
ネタバレあり

ミュージカルとしてはロバート・ワイズ自身の旧作「ウエスト・サイド物語」には及ばないものの、映画館で観た最初のミュージカル映画であり、ミュージカル嫌いを直してくれた思い出深い作品である。
 「オクラホマ!」「王様と私」「南太平洋」などで有名なリチャード・ロジャーズとオスカー・ハマースタイン2世の舞台ミュージカルの映画化。

余りにお馴染みなお話なので語るもがなであるが、紹介かたがた述べていきましょう。

ナチス・ドイツに支配され始めた頃のオーストリア(ということは1933年と思われる)、女児5人、男児2人を抱えたやもおトラップ大佐(クリストファー・プラマー)の依頼に基づき家庭教師として派遣された修道女マリア(ジュリー・アンドリューズ)は、到着早々子供たちを大佐の規則から解放し、歌の素晴らしさを教える。

アルプスの俯瞰移動撮影が暫く続いて、小さく見えるマリアに近づいていき、マリアが歌い始める、という開巻のカメラワークが絶品。わくわくしてしまう。昨今俯瞰から始まる映画は多いが、こういう連続性がない場合が殆どで感心する機会は余りない。

自由闊達のマリアがカーテンから作り直した遊び着を子供たちに着させて高原を、街を駆け回る場面がやはり素晴らしい。アルプスを背景にした美しい高原で「ドレミの歌」を教える場面には思わず感涙してしまう。続く植物のトンネルを潜り抜けるショットは躍動感があって昔からお気に入り。

余談。先般「ドレミの歌」が<残したい日本の歌ベスト100>に選ばれたが、どう考えても日本の歌ではないです(笑)。それから、呪文的な歌「マイ・フェイヴァリット・シングズ」はジョン・コルトレーンの名演でも知られるし、日本の鉄道会社のCMでも長年使われていて、どちらも日本人に親しまれている曲ということになる。

さて、中盤は、大佐を挟んだ金持ちの男爵夫人(エリナー・パーカー)とマリアとの三角関係の顛末を描き、子供たちに愛されるマリアがふさわしいと理解されるまで。
 子供たちとの場面には及ばないが、薄暗い中でのマリアと大佐のデュエットはロマンティック・ムード満点。

しかし、終盤40分はミュージカルとしては余り宜しくない。伝統ある祖国を愛する大佐はナチスの徴用を拒んで外国への脱出を図ろうとするのだが、本格サスペンスとなってミュージカルのムードを壊してしまうのである。サスペンスとして実に強烈だし、「エーデルワイス」「さよなら、ごきげんよう」の使い方も上手いので、そうがっかりというわけでもないが。

「マイ・フェア・レディ」の舞台版に主演しながら映画版ではオードリー・ヘプバーンに主演の座を譲ったジュリー・アンドリューズが起死回生の名演、ミュージカル映画ファンを喜ばせた。
 また、前述作でオードリー、「ウエスト・サイド物語」でナタリー・ウッドを吹き替えたマーニー・ニクスンが尼僧役で脇役出演している。

トラップ家はドイツ映画「菩提樹」でも取り上げられた実在の一家で、数日前に子供たちの一部はまだご健在であると聞いた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

優一郎
2007年03月27日 16:50
こんばんは^^
本作は私にとって「My Favarit Movie」とでもいうべき作品です。
衝撃度、完成度では確かに「ウエスト・サイド物語」には及びませんが、何が違うかと言えば・・・子供たちが出ているという点(笑)

>高原で「ドレミの歌」を教える場面には思わず感涙
いや、まさにまさに・・・昔は本作を観て泣くなんてことはなかったのですが、やはり歳を経て、涙腺がかなり弛んでいるようです^^;

>植物のトンネルを潜り抜けるショットは躍動感があってお気に入り
ここも全くプロフェッサーと同じでして、オープニングとこのシーンは本当に素晴らしいと観るたびに思います。

また、終盤について、私の拙稿でも少し触れております。忍び寄る戦争の影など省略して、結婚式のシーンがクライマックスなら満点だと私は思うのですが・・・
そうした構成やテーマ性などの不首尾が問題にならぬほど、ジュリーの歌声と楽曲は魅力的で、子供たちが愛くるしく感じられる名作だと思います。

TB、届いていないでしょうか?
オカピー
2007年03月28日 02:11
優一郎さん、こんばんは。
ミュージカル映画がお好きとは意外中の意外でしたよ。私も「ザッツ・エンタテインメント」シリーズはよく観ています。

全く仰るとおりですが、泣ける場面まで同じとは。年を取ると涙腺が緩むものですね。
純粋に素晴らしい場面に泣ける・・・これが本当の感動でしょう。

TBの再チャレンジご苦労さまです。無事に入っていましたが、過って消してしまいました(汗)。が、スパムに入っているツインズの弟を反映させ、事なきを得たのでございます(笑)。
優一郎
2007年03月28日 05:31
TBされていて安心いたしました。いつもながらお手数をおかけします。
厄介者だと思っていたダニー・デヴィート(兄ですが)も、時には役に立つものなのですね(笑)

私はプロフェッサーの3分の1もミュージカルを観ていないだろうと思うのですが、一応はミュージカル・ファンなのです^^;
「トップ・ハット」、「バンド・ワゴン」、 「踊る大紐育」、「雨に唄えば」・・・名作のハシゴを叶えてくれるのが「「ザッツ・エンタテインメント」!(笑)
PARTⅡで足元がおぼつかなくなったアステア&ジーン・ケリーを観ると、また涙腺が弛んでしまいそうです^^;
オカピー
2007年03月28日 18:19
優一郎さん

そうそう、不肖の兄弟(こんな言い方あるかな)にも役に立つこともあるのです(笑)。
私の世代でこれほどミュージカルを観ている人間もそうはいないと思いますし、男性のミュージカル・ファンはかなり少ないですから、30本も観ていればかなり観ているほうではないでしょうか。いずれにしても、嬉しいなあ。

アステアとケリーね。本当に泣けてきます。
「オカピーを泣かすのに刃物は要らぬ、ミュージカル映画の1本もあれば良い」です。お粗末。
オンリー・ザ・ロンリー
2008年08月31日 21:43
ご無沙汰しております、お元気ですか?。
先月だったかしら新聞にホテルになるのでアメリカに移住した一家の末娘(確かマリアと言ったかな。かなり高齢)が式典に呼ばれたと載っていました。感慨深いですね。
オカピー
2008年09月01日 01:37
オンリー・ザ・ロンリーさん、お帰りなさい。

オリンピック観戦で相当疲労しましたが、元気ですよ。

>マリア
ただ一人ご健在というニュースは僕も読みましたが、実話の凄みを感じます。
この一家をモデルにした最初の映画は確か「菩提樹」でしたね。
オンリー・ザ・ロンリー
2008年09月01日 07:44
「菩提樹」、うーん、懐かしい響きです。小学校の頃観ました。確かルート・ロイベリックじゃなかったかしら。旧いと言えば、先週、ウイドマークの「秘密諜報機関」鑑賞。VHSだけど。
オカピー
2008年09月01日 20:57
オンリー・ザ・ロンリーさん、こんばんは。

>ルート・ロイベリック
出ていましたね。
しかし、映画専門サイトallcinemaは未公開扱いになっています。
結構オールドファンには有名な作品ですから、怪しからんですね。

>秘密諜報機関
ウィドマークは好きでよく見ましたが、これは観ていないような気がします。
VHSでも何でも良いですから観たいです。
オンリー・ザ・ロンリー
2008年09月01日 21:18
こんばんは。私、映画専門辞典的サイト、余り信用してないのです。フォード・ウエイン&オハラの「荒鷲の翼」にウイドマークが出ているとか、デビー・レイノルズの名曲「タミー」は映画「タミーと独裁者」の挿入曲だとか、独身者と教えてやっても「当社関連出版社のなになににタミーと独裁者とありますからあなた様の勘違いです」と。あほか!。退場!。
オカピー
2008年09月02日 01:13
オンリー・ザ・ロンリーさん、こんばんは。

>タミーと独裁者
「タミー」は僕も大好きな50年代の名曲ですが、Tammy and the Bachelorですから、「独身者」で間違いなし。
間違いはともかく、態度が悪すぎますね。

海外ですが、IMDbは随時訂正しているので、非常に精度が高いです。
検索エンジンも充実しています。
オンリー・ザ・ロンリー
2008年09月07日 18:25
オカピーさん、今晩は。滅多につけないTV、今日はBS-iと言うチャンネルで1939年にオーストリアからアメリカへ移住したあとの数々のエピソードのドキュメンタリーに遭遇。ひ孫まで入れると現在は70名弱(祖父、祖母は無論他界)。いやはや海外のドキュメンタリーは奥深いし画質の高さに圧倒されました。フル・ハイビジョン。ちっとは我が国の民放見習えよなっ!。凝り性もなく馬鹿言ってんじゃないよ。
オカピー
2008年09月08日 01:31
オンリー・ザ・ロンリーさん、こんばんは。

>BS-i
なぬなぬっ、わっ本当だ、「知られざる“サウンド・オブ・ミュージック”」・・・
その頃僕はNHK-BS2で黒澤明特集を観ていました。
昨日今日と雷に祟られて、DVDの保存版を作ろうと思った「七人の侍」は始まって6分で停電、尤も停電がなくても雷雨で全く映りませんでしたが。
今日も保存版にしようと思ったら、また雷雨で途中映らない。今回の「七人の侍」特集はとんでもないことになってしまいました。

>海外のドキュメンタリー
お怒りですね(笑)。
スウェーデンなんかも、ベルイマンのドラマがTVでオリジナルとして放映されるわけですからね。レベルが高いです。
日本の民放TVなど観るべきものなどありはしない。
ボー
2011年04月28日 06:33
おはようございます。
私はミュージカル好きですし文句はないのですが、出来過ぎな優等生イメージがある映画(文部科学省推薦的な)。
でも、やっぱり、曲は素晴らしいですね。
オカピー
2011年04月28日 07:33
ボーさん、おはようございます。

批判的なのかなと思って伺ったら、何と滅多に出ない★5つではないですか。
お気に入りだったんですね。

この記事へのトラックバック

  • 『サウンド・オブ・ミュージック』 名作の旅3

    Excerpt: 「一番好きな作品は?」 と誰かに質問されたら、私は迷いに迷って・・・ 結局はズラズラとヨーロッパ映画のタイトルを口にし続けることになるだろう。 フェリーニ、タルコフスキー、グリーナウェイ、ベ.. Weblog: シネマ蟻地獄 racked: 2007-03-28 00:36
  • うちの会社のビルのBGM

    Excerpt: ■前にも書いたかもしれないが、うちの会社のビルでは全階のエレベータホールとトイレに一日中、有線のBGMが流れている。就業中トイレに行くと、そのときかかっている曲名が分かる確率が7割を超えている気がする.. Weblog: 愛と苦悩の日記 racked: 2010-01-21 14:34
  • 「サウンド・オブ・ミュージック」

    Excerpt: 永久不滅、不動のミュージカルの名作。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2011-04-28 06:24