映画評「アマデウス」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中)
1984年アメリカ映画 監督ミロシュ・フォアマン
ネタバレあり

昨年生誕250年で様々な催しがあったモーツァルト。昨年の師走にNHK-BS2で放映された時無視したのはハイビジョン版での放映があるものと決め付けていたからだが、予想通りになってゴキゲンでした。本作はLDでも持っているが、今回は3時間を超えるディレクターズ・カット版なので当然保存版を作った。

原作はピーター・シェーファーの舞台劇で、監督はミロシュ・フォアマン。二人で農家に缶詰になって相談しながら脚本を作り上げたという。

伝記映画は回想形式が圧倒的に多いが、本作ではモーツァルトという天才に対峙するイタリア人作曲家アントニオ・サリエリの懺悔的告白という形式で描かれる。本作の成功の半分以上がこのアイデアによると言っても過言ではない。

音楽好きのヨーゼフ2世(ジェフリー・ジョーンズ)の時代、神の恩寵を受けたと信じていた宮廷楽長サリエリ(F・マーリー・エイブラハム)は既に名が伝わっているモーツァルト(トム・ハルス)の天才を確認するが、彼が軽佻浮薄な青年であることが許せず、そんな青年に才能を与えた神を呪い、やがてモーツァルトが畏怖している亡父レオポルドを思わせる仮面の男を派遣して「レクイエム(鎮魂曲)」を依頼させ、モーツァルトを追いつめて行く。

史実・事実にフィクションを巧みに織り交ぜた時に物語は大変面白くなる。
 本作は純然たる伝記映画とは言えないが、一度聴いた楽曲を全て記憶したり、オリジナルの楽譜に修正痕がないといったモーツァルトに関する史実が上手くエピソードに使われ、妻コンスタンツェ(エリザベス・ベリッジ)や父との関係も重要な要素として描かれているので、伝記映画としての価値も十分にある。コンスタンツェ悪妻説は必ずしも踏襲していない。
 虚実の<虚>の部分ではモーツァルト毒殺犯人説もあるサリエリの視点により、天才と凡才を対立軸として物語が進められる点が優秀で、録音や著作権のなかった当時の作曲家にとって皇帝や大司教といった権威の庇護なしに生活出来なかった社会的背景(実の部分)もたっぷりと描き込まれて大変興味深い。

些か細かい点では、ノックの音の扱いが素晴らしい。映画の始まりもノックであり、仮面の男が現れる場面でもノックが響き、毒殺説を知っている観客にとってはノックの繰り返しが毒殺に相当する恐怖になっていくのである。見事と言うしかない。
 薄暗い中帰郷する妻子の乗る馬車を捉えたショット(撮影ミロスラフ・オンドリチェク)の幽玄さ。
 やがて、もはや立ち上ることの出来ないモーツァルトのハミングを音符に置き換える作業に夢中になってしまうサリエリの音楽家としての哀しさが充満する最終章に我々も感動につつまれる。

勿論サリエリのオペラを除いて全てモーツァルトの名曲で全編が彩られているわけだが、何十という音楽家の伝記映画がある中でもこれだけ巧みに物語の展開に合せて使われた例を僕は他に知らない。

配役陣も優秀で、サリエリを好演したエイブラハムはこれ以降主役級の活躍をすることになる。トム・ハルスもモーツァルトの奇人ぶりを好演したが、結局映画界では大成していない。

総合芸術としての魅力満載で、80年代以降作られた映画ベスト5に入れたい傑作。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

お気に入りだけ観ていたい
2015年10月14日 20:32
オカピーさん、こんにちは。
お言葉に甘えてまた来ました!

自分にとって、生涯ベスト10の一本です。

モーツァルトの天才を見抜いていたサリエリは、今でいう批評家的な才能に恵まれていたのかもしれません。その自分を素直に認められたら。モーツァルトも違う時代に生まれていたら。
人間の運命、宿命といったことを考えさせられます。

もちろん、映画として抜群に面白い。

>ノックの音の扱い
これは気づきませんでした。確かにそうですね。名作は何度みても新しい発見があります。今度観るときの楽しみが増えました。ありがとうございます。

今、手元にないのですが、生前のトリュフォーと親交のあった山田宏一さんと淀川先生の対談本「映画は語る」のなかで、ミロシュ・フォアマンとロバート・ベントンがトリュフォー好きだというのを知って、うれしかったのを覚えています。
ベントンは「クレイマー、クレイマー」で「野性の少年」と同じヴィヴァルディの音楽と撮影のアルメンドロスを使っているのでわかっていましたが、ミロシュ・フォアマンは意外でした。

トリュフォーについて語りだすと止まらなくなりそうなので、このへんで。

蛇足ですが、先日お伝えした荻さんの「映画批評真剣勝負」、2012年に2冊分冊で復刊されたのですが、これには双葉先生の推薦の文章は載っていないようです。もしご購入される場合はご注意を。それではまた
オカピー
2015年10月15日 20:45
お気に入りだけ観ていたいさん、こんにちは。

>生涯ベスト10の一本
その価値は十分にあるでしょうね。
お話も、音楽も、撮影も、演技者も充実、素晴らしい作品でした。

>運命、宿命
僕のように何の才能もない人間は、どの時代に生まれても大して変わらないだろうなあと思いますが、才能のある方は色々と変わるでしょうね。
生まれるのが早すぎた人、遅すぎた人、強力なライバルがあって不運をかこつ人(スポーツ選手に多い)、才能がいくつもある人・・・

>ノックの音
映画館は勿論そうですが、高級オーディオを通してTVで見た場合も音の印象は強くて、こういう感想が出てきたのだと思います。
やはりTVそのものの音声ではなかなか無理です。

>ベントン、ヴィヴァルディ
「マンドリン協奏曲」ですね!
そのサントラ盤がカセットテープに入っていて、好きな曲です。
そう言えば「クレイマー、クレイマー」にはトリュフォー的な香りがあるかも?

>ミロシュ・フォアマン
作品傾向からはちょっと解らないですね。

ウッディ-・アレンの「それでも恋するバルセロナ」にはトリュフォーの「突然炎のごとく」から拝借しているところがありますよ。
もしご覧になっていなかったら一つどうぞ。アレンですから例によって例の如くですが、それを感じたので実力以上に楽しんでしまいました。

>「映画批評真剣勝負」
情報、有難うございます。

この記事へのトラックバック

  • アマデウス

    Excerpt: (1984/ミロス・フォアマン監督/F・マーレイ・エイブラハム、トム・ハルス、エリザベス・ベリッジ、ロイ・ドートリス、サイモン・キャロウ、ジェフリー・ジョーンズ、クリスティーン・エバーソール、チャール.. Weblog: ::: SCREEN ::: racked: 2007-03-11 18:12
  • モーツァルトが聴きたい。

    Excerpt: 例えば、ピアノソナタ第8番はモーツァルトが始めて作曲した短調のソナタです。このソナタの背景には、モーツァルトの母の死、そして失恋があります。 Weblog: モーツァルトが聴きたい。 racked: 2007-03-13 22:58
  • アマデウス #709

    Excerpt: 1984年 アメリカ 160分 宮庭音楽家アントニオ・サリエリの回想で、モーツァルトの生涯を描く作品。モーツァルトは1756年生まれ、1791年没、わずか35歳にしてこの世を去った。その死や生涯は謎.. Weblog: 映画のせかい2 racked: 2007-03-17 06:25
  • 「アマデウス」「マン・オン・ザ・ムーン」

    Excerpt: ●アマデウス ★★★★ 【NHKBS】35歳で生涯を終えた天才音楽家ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトの死の謎を中心に、彼の才能に嫉妬した宮廷音楽家サリエリの目を通して描かれたモーツァルトのド.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2007-04-10 21:43
  • 『アマデウス』(午前十時の映画祭) | モーツァルトと桑田佳祐とジョン・レノンの共通点

    Excerpt: 高校生の頃、テレビで観た。 スクリーンで観るのは当然初めて。 ↓ こちらの好企画のおかげです。感謝。 当時は、サリエリがモーツァルトの才能に 嫉妬して、死に追いやる話だ.. Weblog: 23:30の雑記帳 racked: 2010-05-04 23:36
  • 『アマデウス』

    Excerpt: 「五線譜に閉じ込められた小さな音符の彼方に、私は至上の美を見た」 モーツァルトの妻、コンスタンツェが夫に内緒でエリザベート姫の音楽教師の審査に合格するための根回しにもちこんだ楽譜を見たアントニオ・サリ.. Weblog: 千の天使がバスケットボールする racked: 2010-11-05 21:45
  • 映画評[プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2017年イギリス=チェコ合作映画 監督ジョン・スティーヴンスン ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2019-01-31 08:25