映画評「インド行きの船」

☆☆★(5点/10点満点中)
1947年スウェーデン映画 監督イングマル・ベルイマン
ネタバレあり

イングマル・ベルイマン特集②

1998年映画鑑賞メモより。
ベルイマン監督作ではこれが一番古い鑑賞作品のようです。監督デビュー作「危機」は観たと思っていたのですが、メモ出て来ず。


ベルイマンの監督第3作。

サルベージ船の船長ホルゲル・レーベナドレルが若い踊り子ゲルトルード・フリードと深い仲になり、妻アンナ・リンダールが同居している船に連れて帰る。
 息子ビルイェル・マルムスティーンはその打算的な生き方を軽蔑しつつゲルトルードに惹かれるが、傴僂気味の自分に愛情を注がない父を憎悪して故郷を後にする。
 8年後に出世して帰郷した時、死亡していた父の代わりにゲルトルードが彼を迎える。

後年の「秋のソナタ」の母娘(おやこ)の確執を彷彿とする内容だが、まだまだ発展途上という印象が強く、テーマの掘り下げもさほど深くない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック