映画評「明日の記憶」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2006年日本映画 監督・堤幸彦
ネタバレあり

最近は記憶障害にまつわる映画が数多く作られているが、先日観た「私の頭の中の消しゴム」と同様若年性アルツハイマーを扱ったドラマである。原作は荻原浩のベストセラー小説。

広告会社の敏腕部長だった渡辺謙49歳。新しい企画は上手く行き、娘が間もなく出来ちゃった結婚をすることになり幸福の絶頂だが、その頃からアポイントを忘れたり奇妙な出来事が続く。妻・樋口可南子の勧めに従って調べて貰うとアルツハイマーであると告げられショックを受け、やがてよく知っていたビルにも行けなくなり、遂に会社を辞めることになる。

「ケイゾク」「トリック」などオフビートな作品を作ってきた堤幸彦としては極めてオーソドックスな作品と言えるが、ジャンプカットの多用でムードを殺ぐ部分がある他は堂々と作っている。

「私の…」がメロドラマめいた作りだったのに対し、こちらはもっと現実的なアプローチをもって本人と家族の苦闘を描いている。従って、家族がそうなった時参考になりそうな具体性があるだけでなく、人の尊厳ということを考える時もっと切実な思いを抱かざるを得ない。
 一方で、実際はもっと壮絶であるといった比較は映画を語る時にそれほど意味があるものではない。この種の映画は・・・少なくとも本作は・・・闘病そのものではなく、夫婦の絆を描くことにより人間そのものを見つめることが眼目であるからだ。

題名の由来があるのではないかと思われる終盤について少し語りたい。
 二人は結婚前に陶芸を学んでいた。発病後主人公は脳への刺激の為に近くの陶芸学校に通って器をこねる。妻の名前を入れた器は上出来で、妻が持っていたパンフレットの施設を訪れた足で、修行の記憶の残る山に器を持って入って行く。かつての先生(大滝秀治)も呆けていた。翌朝焼きあがった器を持って山を下り、迎えに来た妻と出会う。彼は妻を認識出来ず、まるで今初めて会ったような口を利く。
 ここで僕はそれまで観た場面が過去の出来事ではなく、二人が出会った以降の未来を描いてきたような錯覚を抱いた。<明日の記憶>には、妻に記憶を委ねるという意味があるのだろう。器に残された妻の名前こそ<明日の記憶>なのかもしれない。
 夫が自分を認識できなくなったことを知った妻の反応は瞬時捉えられただけで、すぐに橋を渡る二人を捉えるロングショットになる。映画作者は配偶者に完全に呆けられた妻の切なさと決意を観客の想像力に委ね、映画を終えるのである。余韻を湛えた素晴らしい幕切れと言うべし。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

猫姫少佐現品限り
2007年01月05日 17:57
あけおめ!でした。
この映画は、明日は我が身と思うと、怖い映画でした。
監督、サイレンも撮ったんですよね。トリック、この映画、全然違う感じの3作。
新作もまた、全然違う感じですね。
今年もよろしくお願いしますね。
オカピー
2007年01月06日 04:11
猫姫少佐現品限りさん、あけましておめでとうございます。
TB貼りっぱなしで済みません。かなりバタバタしております。

堤監督は正体不明な人ですが、オーソドックスに撮ろうと思えば撮れないこともないということを本作で証明しました。ジャンプショットが気にはなりましたが。

こちらこそ宜しくお願い致します。
冨田弘嗣
2007年01月06日 23:11
 あけましておめでとうございます。トラックバックと「2006年ベスト10」へのコメント、ありがとうございます。オカピーさんの文章力、分析力、広がりのある評論を読むたびに、私は自分のブログの出来の悪さを思ってしまいます。今年も、これからも末永く宜しくお願い致します。  冨田弘嗣
オカピー
2007年01月07日 03:32
 冨田さん、おめでとうございます。
 そちらは新作が殆どですからなかなかお伺いできないのですが、(事情があり)1年遅れのコメントやTBでも宜しければ今回のように伺わせて戴きます。

 いや、駄文も良いところ。様々なブログを訪れることは良い勉強になります。勿論冨田さんも。

 こちらこそ宜しくお願い致します。

この記事へのトラックバック

  • 明日の記憶 06年104本目

    Excerpt: 明日の記憶 ごめんなさい、あたしはまた、謙さんが、ハリウッド出演の合間に、片手間に撮った映画かと、、、自らがエグゼクティブ・ブロデューサー、気合い入っていたんですね。 監督 堤幸彦 若年性アルツハ.. Weblog: 猫姫じゃ racked: 2007-01-05 17:52
  • 「明日の記憶」見てきました

    Excerpt:  私の頭の中の消しゴムと同じく若年生アルツハイマーを題材とした明日の記憶。正直私の頭の中の消しゴムがつまらなかったので、あまり期待はしていなかったのですが。。。 Weblog: よしなしごと racked: 2007-01-05 18:14
  • 明日の記憶

    Excerpt: 千日前国際シネマ 本作に触れない、とても映画評論とは言えない評論を書くが、どうか勘弁してほしい。 Weblog: 活動写真評論家人生 racked: 2007-01-06 23:06
  • mini review 07005「明日の記憶」★★★★★☆☆☆☆☆

    Excerpt: カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2005年 製作国 : 日本 時間 : 122分 公開日 : 2006-05-13~ 監督 : 堤幸彦 出演 : 渡辺謙 .. Weblog: サーカスな日々 racked: 2007-01-22 13:55
  • 渡辺謙さんと急性骨髄性白血病と硫黄島からの手紙

    Excerpt: 渡辺謙さんと急性骨髄性白血病と硫黄島からの手紙渡辺謙(わたなべ けん、1959年10月21日 - )は、新潟県北魚沼郡小出町(現、魚沼市)出身の日本の俳優。演劇集団 円を経て2002年より渡辺謙はケイ.. Weblog: 大腸がん手術・今は元気で稼ぐ! racked: 2007-01-25 16:22
  • 明日の記憶

    Excerpt: 友人の脚本家・三浦有為子が参加した作品。 公開時にメールを貰いましたがDVDでやっと観ました。 相変わらず、友達甲斐のない奴です。( ^ _ ^; 家庭を顧みずに仕事に没頭してきたバリバリの.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2007-02-01 22:38
  • 映画『明日の記憶』に見る、堤幸彦監督の人間観。

    Excerpt: もしも、まだ観ていない人がいたら、絶対に観るべき一作。 明日の記憶 渡辺謙 監督は堤幸彦だが、この人は本当にすごい、ということを再確認した。 何しろ、表現に無駄がない。 .. Weblog: 小さなことを喜ぼう!             ~女41歳の「ちょいハピ」な日々~ racked: 2007-03-26 10:27
  • 映画「明日の記憶-Asita no kioku-」

    Excerpt: 観逃した訳ではない、"私の頭の中の消しゴム"の二番煎じとの思いで見送っていた。けど、極めて切実で身近な現実感にこころ動かされずにはいられない・・ アルツハイマーの.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-07-05 02:06
  • 鴎+&明日の記憶

    Excerpt: 明日の記憶は私の頭の中の消しゴムを見た時と同じ様な感じだけど 恋人同士と違って夫婦の話で明日の記憶の方が内容が良かったし 俺は20代もアルツハイマーは他人事で無く誰でも発症の可能性あり 渡辺謙は.. Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2007-07-05 21:05
  • <明日の記憶> 

    Excerpt: 2006年 日本 122分 監督 堤幸彦 原作 荻原浩「明日の記憶」 脚本 砂本量  三浦有為子 撮影 唐沢悟 音楽 大島ミチル 出演 渡辺謙  樋口可南子  坂口憲二  吹石一恵   .. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2008-03-10 10:29