映画評「ALWAYS 三丁目の夕日」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2005年日本映画 監督・山崎貴
ネタバレあり

昨年の話題作だが、例によって前情報など一切得ていない。嫌でも入って来るのはベスト10評価だが、基本的に僕の場合はプラスにもマイナスにも働かない。

舞台は長嶋茂雄がプロ野球デビューし力道山が大人気だった昭和33年、建設中の東京タワーが視界に捉えられる東京の夕日町3丁目、青森から六子(堀北真希)が集団就職の結果鈴木オートで働くことになるが、大会社と思ったのが個人企業で、しかも仕事はやったこともない自動車修理。これは雇い主の親父(堤真一)の勘違いで起った事件だが、結局働き続ける。
 一方、近所で駄菓子屋を経営しながら小説を書いているものの尽く落選している芥川竜之介ならぬ茶川竜之介(吉岡秀隆)が、居酒屋の若い女将・ヒロミ(小雪)に孤児同然の吉行淳之介ならぬ古行淳之介少年(須賀健太)を押付けられ、最初は嫌々だったのが、彼が小遣い稼ぎに書き下ろしている少年冒険小説の大ファンであることを知った辺りから、仄かな愛情が芽生えて行く。
 女将も茶川に好意を抱くが、父親の借金でまた元の踊子に戻って行く。

CGとミニチュアを駆使して凡そ半世紀前の東京を再現したVFXが優秀。CG臭いところもあるが、敢えて気にする必要が無いくらい全般的に上出来である。こうした点がしっかりしないと、一昔前の家族の風景という作品のテーマがすすぼけてしまうので大いに評価して良い。

一言で言えば、二つの家族・・・一つは本当の、一つは擬似の・・・における愛情交換風景を描いているわけだが、そこはかとなく巧いのは、戦中妻子を失った三浦友和演ずる医師の点出である。彼の存在はテーマを明確にする効果があるが、それに加え、茶川が淳之介に万年筆を贈る際に愛情を注ぐ対象を失ったこの人物をサンタクロース役として具体的に活躍させ、一段と深い余韻を醸し出す。

案の定続編が作られるということだが、六子(多分六番目の子供という意味)が口減らしの為に追い出されたと信じ込んでいた家族の待つ青森へ帰省する中、鈴木オート一家が夕焼に染まる完成した東京タワーを見つめる幕切れの余情が余りにも素晴らしいので、芸術としてはここで完結したいところではある。

郷愁より人情にほだされます。


他の方のレビュー⇒
「ALWAYS 三丁目の夕日」(風に吹かれて)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年12月04日 23:25
こんばんは。

プロフェッサーは相変わらす、鑑賞のポイント、考察が深いですね。大変、感心させられます。

>郷愁より人情にほだされます。
そのとおりに私も感じました。
表面的にはベタでクサイといえばそうなのですが、ノスタルジーより、非常に溢れる人情味を感じました。

ラストの夕陽のシーン、いいですね。
私もこれで終わりのがいいと思います。

では、また。



オカピー
2006年12月05日 03:18
イエローストーンさん、こんばんは。
まあ、そんなこともないですが、内容を追うだけでは面白くないので、どうしてもそういう【考察】めいたものを重視してしまいますね。
そのほうが映画を観ていても面白いです。どんな映画も比較的楽しんでしまうのは、案外こうした視点で映画を観ているからでしょう。

映画も余り刺激ばかり追わないで、こういうのんびりしたものもたまには良いと思います。但し、私は作りがしっかりしていないと駄目です(笑)。
ぶーすか
2007年01月10日 19:23
こんにちは、TBさせて下さい。
オカピーさん御指摘の通り、私もCGもこういう使い方があったのだなぁ…と感心しました。寅さんで階段落ちなどのギャグを見せてくれた吉岡秀隆が、雷オヤジに殴られて伸びたりして笑えました^^)。続編も気になります。
オカピー
2007年01月11日 03:22
ぶーすかさん、TB&コメント有難うございます。
遠慮なくばんばん貼ってください(笑)。

>吉岡秀隆
さすがは寅さんの甥でがしょう!?
もしかしたら「男はつらいよ」とまでは行かないまでも10年くらい続くシリーズになったりして。
chibisaru
2007年07月17日 21:15
アパートやマンションで隣近所にどんな人が住んでいるのか、わからないような昨今、昔は、こんな風だったよなと思い起こさせてくれました。
親が留守のときは、隣のおばちゃんが、あれやこれや世話してくれたり(笑)
私は、田舎者なので、まだこんな感じの雰囲気が子供のころは残ってました・・・(^o^;

宅間医師のエピソードはよかったですね。
オカピー
2007年07月18日 15:13
chibisaruさん、またまたこんにちは(笑)。

私は生まれは群馬、昭和50年代は東京、昭和60年代・平成9年までは埼玉、そして再び群馬と住居が変わっていますが、東京時代は隣さんとの関係が基本的になくて「とんでもないところよの~」と実感しましたね。
埼玉時代は近所づきあいが少しはありましたが、やはり群馬でも辺鄙なこの辺りの交流の濃さには到底適いません。
しかし、昨今、この辺りでも戦後生まれは、戦前生まれの方に比べると交流が浅いなあと思わせられますね。

>宅間医師
映画の重しとして実に効果的なのでした。素晴らしかった。

この記事へのトラックバック

  • ALWAYS 三丁目の夕日~昭和バンザイ!珠玉の名作!!

    Excerpt: ALWAYS 三丁目の夕日、見ましたが震えました。前評判が良いのは知っていましたが、これは予想以上のデキで、穴が無く、笑えるし、感動しっ放しで、珠玉の名作だと思います。 Weblog: 名作玉手箱!~映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など racked: 2006-12-04 15:48
  • 映画『ALWAYS 三丁目の夕日』テレビ視聴

    Excerpt: ドラマ『東京タワー』に映画『犬神家の一族』,年末が近づき,なぜかここへきてかなりレトロチックな映像体験が重なっている私,映画『ALWAYS 三丁目の夕日』のテレビ放映があるとあっちゃあ,見逃せません!.. Weblog: D.D.のたわごと racked: 2006-12-04 18:42
  • 50年後も綺麗な夕陽・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」

    Excerpt: 昭和33年、東京の下町。ある日、町工場の鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってきた。大きな自動車会社を想像していた六子はイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある.. Weblog: 取手物語~取手より愛をこめて racked: 2006-12-04 23:18
  • 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」

    Excerpt: 出来立て東京タワー越しに、映える夕日も色あせる程、この映画は人を感動させ、泣かせることだけを目的に作られたに違いない。昭和33年、ミゼットに都電にフラフープにSLに集団就職に建設中の東京タワーに力道山.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-12-05 17:44
  • 映画【ALWAYS 三丁目の夕日】

    Excerpt: 日テレの『金曜ロードショー』でオンエアしたものを見た。 ちかごろ話題の邦画を見ると、たいてい堤真一が重要な役どころで出演している。本作もその通りだけど、この人は他の作品のイメージをひっぱらないね.. Weblog: ぱんどら日記 racked: 2006-12-06 12:36
  • 『ALWAYS 三丁目の夕日』

    Excerpt: 携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2006-12-17 01:01
  • 「ALWAYS 三丁目の夕日」「Returner リターナー」

    Excerpt: ●ALWAYS 三丁目の夕日★★★ 【地上波】監督は「Returner2002 リターナー」の山崎貴。この監督が監督したテレビドラマ「動物のお医者さん」が原作漫画共々大好き。吉岡秀隆、堤真一、小雪、.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2007-01-10 19:16
  • #710 ALWAYS 三丁目の夕日

    Excerpt: 監督:山崎貴 脚色:山崎貴、古沢良太 原作:西岸良平 プロデューサー:安藤親広、高橋望、守屋圭一郎 アソシエイト・プロデューサー:小出真佐樹、門屋大輔、沢辺伸政 撮影:柴崎幸三 音楽:佐.. Weblog: 風に吹かれて-Blowin' in the Wind- racked: 2007-07-17 20:13
  • 映画評「DESTINY 鎌倉ものがたり」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年日本映画 監督・山崎貴 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-10-12 08:54