映画評「羊たちの沈黙」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1991年アメリカ映画 監督ジョナサン・デミ
ネタバレあり

1988年に発表されたトーマス・ハリスのサスペンス小説を映画化したジョナサン・デミ監督作品。

アメリカ北部で大柄の女性が殺された後皮膚を剥がされる猟奇事件が連続して発生する。捜査に加わることを要請されたFBI訓練生クラリス(ジョディー・フォスター)は人肉を食した精神異常者として精神病院に監禁されている精神分析の達人レクター博士(アンソニー・ホプキンズ)と接触し、精神分析の立場から犯人の割り出しに協力してもらおうとする。

1991年度のアカデミー作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、主演女優賞を受賞してその後続編が二本作られた話題作だが、ジョディーとホプキンズが断然素晴らしい主演男女優賞以外には当時首を傾げた。今回見直したのはその辺りの再確認が目的である。

本作の面白さの核となるのは、収監されている犯罪者が犯人探しに協力するという点であり、レクターとクラリスが対峙する場面は他の捜査もので殆ど類を見ない緊張感の高いものだが、事件とレクターとの接触以外の捜査過程(クラリスが最初の被害者と加害者の関係を解き明かす推理プロセスは疑問)についてはそれ以前から類似作品が多くそれほど新味がある(あった)ものとは思われぬ。
 映画に限らず伝統のある芸術で評価の基本となるのは新味であるから、作品賞や脚本賞は些か甘い評価であると思う。但し、残虐場面の描写においては当時としてはかなり強烈だったという記憶があり、その後「セブン」などの残酷性・変質性を売り物にしたサイコ・スリラーが次々と製作される土壌を作ったマイルストーン的作品であることは間違いない。

本作ではおどろおどろしいムードを重点的に醸成、張りつめたトーンを維持したデミだが、その一方で創意工夫の足りないリメイク版「シャレード」ような駄作を平気で作ってしまうのでまだまだ巨匠といった表現はふさわしくなく、ヒッチコッキアンの映画作家というには力不足の感あり。


他の方のレビュー⇒「羊たちの沈黙」(風に吹かれて)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2006年12月29日 17:55
オカピーさん、こんばんは。
この作品、好きな作品です。やはり、レクターとクラリスの2人の場面、レクターの言動に目が離せません。全体の重苦しいトーンも保っているし、基本的に本がさほどでない部分はあるにしろ、なかなかいいデキだと思います。
やっぱり、アンソニー・ポプキンスにつきると思いますが。
では、また。
優一郎
2006年12月29日 17:58
こんばんは^^
年も押し迫りましたが、プロフェッサーは濃いところを立て続けにご覧になられていますね(笑)

私は元々が原作者のトマス・ハリスのファンだったので、本作が映画化されるのがすごく嬉しかった記憶があります。
もちろんマイケル・マンが映画化した「レッド・ドラゴン/レクター博士の沈黙」も先に観ていた希少な日本人でございます(笑)

原作を読まずに映画を観る方が楽しめる場合が多いのですが、どうやっても読書好きは映画化の話より前に原作を読んでいることが多く、映画に期待してガッカリということがままあります。
でも、デミの本作は、珍しいことに原作ファンとしても非常に満足の出来でした。一にもニにもハンニバル・レクターを演じたアンソニー・ホプキンスの怪演に尽きると私は思っております。
デミは「ストップ・メイキング・センス」が大のお気に入りなのですが(これはトーキング・ヘッズというバンドのファンだからなのですけど)・・・本作以降のデミは、スカばかりで残念です^^;
優一郎
2006年12月29日 17:59
(続きです)
「レッド・ドラゴン」、「羊たちの沈黙」、「ハンニバル」と並べてみると、どれも好きなのですが、やはり私は本作を一番くり返し観ています。ファンとしても、それだけ魅力的な作品なのです。
ちなみに・・・大方のファンとは逆に、私はジョディよりジュリアンのクラリスが好みだったりします。あははは^^;

ということで、本年は色々と大変お世話になりました。
あと数日、今年も残っておりますが、先にご挨拶させていただきます。
どうか来年が素晴らしい年になりますよう、年末年始をご健勝でお過ごしくださいませ^^
オカピー
2006年12月30日 02:43
イエローストーンさん、こんばんは。
私が評価しなかったのはあくまで新味という面ですが、新味が無くても良い映画は出来るという意味ではもっと評価しても良いのかもしれません。
そうですね、二人の接見場面が断然面白く、レクター博士即ちホプキンズの魅力が圧巻でしょう。
本年はお世話になりました。来年も宜しくお願い致します。
オカピー
2006年12月30日 03:03
優一郎さん、こんばんは。
「ハンニバル」は一つ落ちるような気がしますが、「羊たちの沈黙」と「レッド・ドラゴン」では大差がないような気が。「羊」の統一感やバランス感は好きですが。

ジュリアン・ムーアに関しては見た順番も左右しているかもしれません。どちらもインテリジェンスを感じさせる良い女優です。

ホプキンズは実質的に助演なんですけど、他の男優の出演場面より多いから主演に格上げされた感じです。つまりジョディー・フォスターが出ずっぱりだったのですが、とにかく彼の演技は凄かったですね。イメージの固定化もものともせず、「日の名残り」などどの人物も見事に演じます。

こちらこそ色々とお世話になりました。来年も宜しくお願い致します。
chibisaru
2006年12月30日 08:27
おはようございます。いつもTBありがとうございます。
さてさてこの作品、非常に精神にくる作品で見終わったら心の中の闇を見透かされてるんじゃないかという不安に陥る作品でした。
それだけホプキンスのレクターに迫力があったのだと思いますが(笑)

「日の名残り」のホプキンスもいいですねぇ。
台詞がなくとも演技で気持ちが伝わってくる素晴らしい俳優さんだと思います。

今年もあと二日になりました。良いお年をお迎えくださいませ。
2006年12月30日 09:52
こちらへもコメント、ありがとうございました。

こちらこそ本年はいろいろお世話になりました。
来年も宜しくお願い致します。
よりお年をお迎え下さい。
オカピー
2006年12月31日 03:18
chibisaruさん、こんばんは。
精神的な恐さという点で凄いと思ったのは日本映画の「CURE」ですね。とにかく得体の知れない不気味さでは、ちょっと類が無いなあと思います。御覧になりました?

来年も宜しく。
良いお年を。
トム(Tom5k)
2007年01月01日 18:22
オカピーさん、あけましておめでとうございます。
今年も楽しくやりましょう。
さて、「羊たちの沈黙」ですが、わたしは、結構気に入っています。
第一にジョディ・フォスター=クラリスであるほど、はまり役であったことでしょうか?
そして、幼少のころの子羊を抱えて親戚の家から逃げ出した孤独をレクター博士に正直に吐露したことには、さすがのレクターも心を動かされるという二人の美しい心の交流に感動いたしました。
しかも設定は変態だらけのアメリカ犯罪社会においてだから、なおさら彼らの美しさが際立っていたように思うのです。
そして、俗っぽい感想ですが、主人公ふたりの知力にも憧憬のようなものを感じました。
>その後「セブン」などの残酷性・変質性を売り物にしたサイコ・スリラーが次々と製作される土壌を作ったマイルストーン的作品・・・
アメリカの変態犯罪社会を、ここまで直視したことでも、おっしゃるようにセンセーショナルな作品であったようにも思います。
それにしても、年々、社会は猟奇的になっていくように思います。ほんとに「美しい国」に脱皮できるのでしょうか?
では、また。
オカピー
2007年01月02日 03:33
トムさん、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

私が7点に留めたのは、二名の役者の卓越した演技と個性を除いた時に、どの程度光る部分があったかということを考えた時に疑問が残るからです。猟奇性の凄まじさは当時としては破格ですが、これも華美と考え、骨格的に残った部分を考えると量産されている捜査ものを大きく上回るものではないと思ったわけです。
勿論、映画は総合芸術ですので、これだけ演技が優れ、時代のムードを映像に移した存在感もあるわけですから、悪くても7点は付けざるを得ない、そんなところです。
デミは「セブン」のデーヴィッド・フィンチャーに比べると、はったりをかまさない質実なタイプですから、損かもしれませんね。
nessko
2014年01月05日 16:27
あけましておめでとうございます。
お正月に観返しましたが、レクター博士は怪人二十面相みたいな一種の超人だということで、はったりで押し切っていく伝記ロマンとして観るべき映画なんだ、と思いました。
捜査過程を見て「?」になったのは、私だけじゃなかったんだと、オカピーさんの評を読んで安心した次第です。
nessko
2014年01月05日 18:11
観返してうまいなと思ったのは、チルトン医師のボールペンを強調し、レクターがそれに目をやる。その後、チルトンがボールペンを失くしている様子が描かれる。また、檻に食事を運んで来て手錠で拘束された警官がそれを外そうとして取り出した折り畳みナイフが床に落ち、その後レクターがそのナイフを拾って檻の外に逃げた警官の方へ歩いていく姿をきちんと出している。
それが、後で「ああ、あれでやったんだな」と観る人に思わせてしまうわけですけど、こういう映画だから通用する技かな、と。(時代劇ではよくあるけれども)
オカピー
2014年01月05日 20:54
明けましておめでとうございます。

>伝記ロマン
そうでしょうね。
人間離れしていますもの(笑)

>捜査過程
残念ながら、僕の頭では解らなかったであります。
自分の頭を棚に置いて、脚本に問題があったと決めつけておりますが(笑)

>ボールペン
サスペンスや時代劇ではこういうのをうまく見せてくれるのが多くて嬉しくなりますね。
省略と想像とをうまく利用すると感動や面白味が増幅される。全部見せてしまう映画はつまらんです。

この記事へのトラックバック

  • 『ハロー、クラリス。子羊の悲鳴は止んだかね?』 

    Excerpt: 女性を殺害しその皮を剥ぐという猟奇的殺人事件が続発。 Weblog: 取手物語~取手より愛をこめて racked: 2006-12-29 15:42
  • #318 羊たちの沈黙

    Excerpt: 製作総指揮:ゲーリー・ゲッツマン 製作:ケネス・ウィット 監督:ジョナサン・デミ 原作者:トマス・ハリス 脚本:テッド・ターナー 撮影:タク・フジモト 音楽:ハワード・ショア .. Weblog: 風に吹かれて-Blowin' in the Wind- racked: 2006-12-30 08:19
  • 映画 羊たちの沈黙(出演 ジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス)動画有

    Excerpt: 1991年 アメリカ映画 監督 ジョナサン・デミ 出演 アンソニー・ホプキンス ジョディ・フォスター 連続女性誘拐事件が立て続けに起こっていた。その被害者達は、大柄で小太りな女性ば.. Weblog: エンタメ動画日記 -映画等の紹介- racked: 2007-01-14 13:17
  • 『羊たちの沈黙』この映画を見て!

    Excerpt: 第144回『羊たちの沈黙』  今回紹介する映画はサイコスリラーの傑作『羊たちの沈黙』です。この作品は公開当時にこの手の映画としては珍しく絶賛され、アカデミー賞でも主要5部門(作品賞/主演男優賞/主演女.. Weblog: オン・ザ・ブリッジ racked: 2007-02-23 21:02
  • [映画]羊たちの沈黙

    Excerpt: 1991年、アメリカ 原題:The Silence of the Lambs 原作:トマス・ハリス 監督:ジョナサン・デミ 脚本:テッド・タリー 出演:ジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス、.. Weblog: 一人でお茶を racked: 2014-01-05 16:28