映画評「男はつらいよ 寅次郎の休日」

☆☆☆(6点/10点満点中)
1990年日本映画 監督・山田洋次
ネタバレあり

「男はつらいよ」シリーズは第1作を除いてテーマ【映画 あ行】から省きましたので、テーマ【山田洋次】にて検索をお願い致します。

シリーズ第43作は、所謂ゴクミ・シリーズ第2弾。

父(寺尾聡)を探しに泉(後藤久美子)が東京を訪れるが、既に退社して愛人(宮崎美子)のいる大分の日田に越したと聞く。結局現在の父の住居まで行く決意をした彼女について満男も付いていってしまい、すれ違いにくるま屋を訪れた母親(夏木マリ)と寅さんが追いかける。

第42作よりは寅さんの出番がやや多いような印象はあるが、それでも序盤ちょっと顔を見せた後40分過ぎまで登場がないのは事情があるとは言え寂しい。

今回も勿論若い二人の青春模様で、余り盛り上がりがないように見えるのは話運びがスムーズであるのが一因と言えるものの、強力なハイライトがなかったのは事実であろう。
 とは言え、二階にいる満男と泉の挙動が気になって落着かないさくらと博を捉えた場面で楽器の音を利用した演出、泣き崩れる母親を慰めに行かない寅さんの心理など、面白い箇所は幾つかある。

本編のテーマは、山田洋次がずっと探究してきた「幸せとは何か」という、決して結論に到達しそうもない深遠なもの。
 泉が真面目そうな愛人と一緒にいる父親を幸せそうと思う。彼は恐らくそうであろう。しかし、満男が語るように、寅さんが幸せなのかそうでないのか誰にも分らない。それは観点によって違うから、当人にも分らない。但し、彼が旅先でしばしば幸福とは程遠い孤独を感じているのは確かである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

映画のせかいマスター
2007年01月04日 10:40
TBありがとうございました。なるほどテーマは「幸福」ですか。何度か幸せって何か、登場人物に語らせてきましたが、この作品では語らずに幸せを追求していましたね。私は好きでした。
オカピー
2007年01月04日 18:51
映画のせかいマスターさん、こんばんは。
いや、私はこのシリーズは全て好きなんです。シリーズ全部を併せると満点です。6点というのもシリーズ故の点で、単独作品ならもっと多くて良いです。
病気で寅さんの出番が少ないのがやはり残念。渥美清あってのシリーズですから。
ぶーすか
2007年01月12日 19:45
TB有難うございます。やっぱり寅さんはこの頃から体調は良くなかったんですね…。でもこの作品あたりから、満男の成長が著しくて、そちらのドタバタも面白いです。寅さんの不調を満男でカバーしていたのかも知れませんが、監督の演出は上手いですねー。
オカピー
2007年01月13日 15:17
ぶーすかさん、こんにちは。
私はごくみシリーズが始まった89年に何らかの病気が発見され、山田監督が知ったのだと思います。当時映画の中での主役交替に相当首をかしげたのですが、彼は97年だったか亡くなった時に初めてピンと来たのでした。従って42作からは観るのがつらいところがあります。

この記事へのトラックバック

  • 男はつらいよ~寅次郎の休日~

    Excerpt: 満男が恋焦がれる、泉ちゃんが父親を訪ね、旅をする。 Weblog: RUU-Blog  ~後悔と反省の日々~ racked: 2006-12-19 21:22
  • 男はつらいよ 寅次郎の休日(男はつらいよ43) #721

    Excerpt: 1990年 日本 106分 久々にオープニングの夢が復活。平安時代を舞台にさくら式部と寅麻呂の話より。いつの間にか歌のキャストの名前のフォントも変わっている。満男は大学に受かるが、都内なので通学が辛.. Weblog: 映画のせかい2 racked: 2007-01-04 07:09
  • 「男はつらいよ 寅次郎の休日」「男はつらいよ 寅次郎の告白」

    Excerpt: ●男はつらいよ 寅次郎の休日 ★★ 【NHKBS】シリーズ43作目。前回につづき満男(吉岡秀隆)の青春劇。愛人と暮す父親を訪ねて泉ちゃん(後藤久美子)が上京してくるが…。マドンナは泉の母・夏木マリ。.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2007-01-12 19:20