映画評「この胸いっぱいの愛を」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2005年日本映画 監督・塩田明彦
ネタバレあり

「黄泉がえり」と同じ原作・梶原真治と監督・塩田明彦のコンビ作。テーマは似ていて同工異曲と言って良い。

2006年、福岡行きの飛行機に乗った青年・伊藤英明は、自分が20年前の1986年にいることを知る。場所は故郷の北九州市は門司。
 彼は祖母の料亭が火事になったのを思い出して火を消しに走り、使える金を持ち合わせていないので、そのまま居候になる。その場所には勿論十歳の本人(富岡涼)がいる。
 少年は音大を首席で卒業しながら難病の為に故郷に舞い戻った姉さん・ミムラが大好きで大人になったら結婚したいと思っているのだが、大人の彼は手術をせずに死んでしまった彼女を何とか手術させる気にする為に懸命に奔走する。

梶原という小説家は<悔悟の消去>というテーマが好きなようで、彼と同じように過去に舞い込んだ人々は失敗した過去を取り消した時姿を消していく。

ネタを明かせば彼らは飛行機事故で死んだ人々なのだが、「黄泉がえり」とは逆に死んだ人間の視点で語られ、そこにタイムスリップものの要素を加えたところが新味となっている。
 それは<悔悟の消去>の為には「バタフライ・エフェクト」を引合いに出すまでもなく過去に戻る必要があるからなのだが、他の3人はともかく、主人公だけは本人に会って教育的指導をしているだけでなく、ミムラの考えを変えているので、結果的に本人の運命を変えてしまう可能性があり、タイム・パラドックスが発生しかねない。

それはともかく、主人公たちが因縁のある人々と交流する場面には味わい深いものが少なくない。特に、チンピラ・勝地涼が生誕とともに死んでしまった実母と逢う場面はとしんみりとする。

僕の考える塩田明彦の実力を遺憾無く発揮したとは言えないが、きちんと作っていることは認めたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月04日 14:41
こんにちわ~
最近忙しくてTB頂いてもコメントを残す暇がなくてTBのみで失礼しておりました~
私は、幼少のヒロが、大好きなお姉さんの死に行く運命を受け止められない少年期にはありがちな、未熟であるがゆえの、どこにもぶつけようもない、やり場のない気持ちが凄く良く心に響いて涙腺がゆるみそうでした・・・
そして、当たり前の事ですが、大人になったヒロ本人がそれを一番理解している、そんな場面が良かったです。
オカピー
2006年10月04日 18:19
rikocchinさん、ようこそ。
コメントは嬉しいものですが、忙しい時はお構いなく。
タイム・パラドックスはともかく、なかなか素晴らしいエピソードが多かったですね。
タイム・パラドックスが避けられないのなら、彼女が手術に応じたことによって彼の人生も変わって飛行機事故にも遭わなかった、という話を期待するところが私にはありましたが、さすがにそこまで行くと漫画になってしまいますかね。^^;)
kimion20002000
2008年04月19日 00:04
僕はクドカンの懺悔がよかったですね。
つまらないことなんだけど、ああいうことがずっと生涯ひっかかっている
というのは、わかるような気がするんです。
思わず、もらい泣きしてしまいましたよ。
オカピー
2008年04月19日 16:27
kimion20002000さん、TB&コメント有難うございます。

>クドカンの懺悔
花壇を壊したんでしたっけ。
大げさではないのが、極めて人間らしくて良かったですね。

この記事へのトラックバック

  • 「 この胸いっぱいの愛を 」

    Excerpt:  監督 :塩田明彦 原作 :梶尾真治「クロノス・ジョウンターの伝説」主演 : 伊藤英明 / ミムラ / 宮藤官九朗     公式HP:http://www.kono-ai.com/ 「黄泉かえり」の塩.. Weblog: MoonDreamWorks racked: 2006-10-04 14:40
  • 映画『この胸いっぱいの愛を』

    Excerpt: 巻き戻して過去の自分を見るんじゃなくて、死の間際にタイムスリップして文字通り20年も前の自分自身と寝食を共にしちゃう、心残りを解消するために・・ 鈴谷比呂志(伊藤英明)は北九州の門司.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-10-04 17:45
  • この胸いっぱいの愛を…レンタルで鑑賞

    Excerpt: しかし、暑いです{/fine_face/}{/fine_face/}。 冷房なしだと呼吸困難なほど…{/ase/} 今日の昼間は出来る限り外出しないで、家で寝てました。 外気と空調の温度差からか、頭.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2006-10-04 23:26
  • <この胸いっぱいの愛を> 

    Excerpt: 2005年 日本 131分 監督 塩田明彦 脚本 塩田明彦  鈴木謙一  渡辺千穂 撮影 喜久村徳章 音楽 千住明 出演 鈴谷比呂志:伊藤英明    青木和美:ミムラ    布川輝良:勝.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2006-10-13 09:06
  • mini review 06144「この胸いっぱいの愛を」★★★★★☆☆☆☆☆

    Excerpt: 伊藤英明とミムラ共演の切ないラブストーリー。梶尾真治の原作「クロノス・ジョウンターの伝説」を、『黄泉がえり』の塩田明彦が映画化。過去にタイムスリップしたことで、人生で大切な何かを見つけていく物語。映画.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2008-04-15 22:14