映画評「ベルベット・レイン」

☆☆(4点/10点満点中)
2004年香港映画 監督ウォン・ジンポー
ネタバレあり

勿体ぶってばかりのカットバックが下手で一向に要領を得ない展開ぶりにこちらが集中力を失った感も否定出来ないが、全く話が掴めない。恐らくこんなお話なのだろう。

暗殺の噂が湧き起った香港暗黒街の大ボスであるアンディ・ラウに、子供ができたのをきっかけに引退すべきであると、兄弟でもありライバルでもあるジャッキー・チャンが勧告するが、二人の論議は水掛け論に終始。
 並行して、ボスの一人エリック・ツァンは二人のライバルからショーン・ユーを刺客に選ぶ様子が描かれる。
 そして議論を終えて外に出たラウとチャンが刺客に襲われる。

中年と若輩の二組の友人同士がオーヴァーラップするように絡み合うので、出来損ないの「インファナル・アフェア」と思えば当たらずとも遠からず。終盤に<言わぬが花>の展開が待っているのだが、それにしてもカットバックの呼吸が良くない。

監督はウォン・ジンポーなる新人だが、まるでお話にならぬ。脚本(トー・チロン)が無駄ばかりなので一元的に彼のせいには出来ないが、スタイリッシュな演出と言いながら、スローモーションの垂れ流しにたまに俯瞰撮影や仰角撮影を入れているくらいなもので、才能など毫も感じない。まるでカラオケの背景映像を見ているような感じだ。
 1980年以前の古い優れた作品を観て、映画を簡潔に解りやすく作るのが監督の仕事であるということを彼は理解したほうが良い。最近の映画監督の大半はこの原則を忘れている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

viva jiji
2006年10月26日 15:26
わ た し は 好 き で す~~~ 。
こ う い う の 。

出来損ないでも、カラオケの背景映像でも、スローモーションの垂れ流しと言われても、ああいう映像好きでした。

プロフェッサーにコケコッコー!にされたから

もう・・・・

女の子ずわりして、思いっきり

泣いて、やる!

ワァアアアーーワァアアーーーーッ!!!

テヘ。(笑)・・・TB、どんぞ。
オカピー
2006年10月26日 16:47
viva jijiさん
姐さんは面白すぎる~。
いつも以上に辛口に徹しました。姐さんに「温厚」と言われてばかりだから(笑)。
富田さんにも読んでもらいたいなあ。彼の「LOFT」へのコメントと基本的に同じですから。
娯楽映画というものは、簡潔に作りかつ多くの方に解りうる作品であることが成立の要件であります。
鑑賞者が理解できない場合評価が低くなるのは当然でありますが、これには二通りあります。鑑賞者のレベルが低くて理解できない場合と、作者が独善的に作っている場合。後者は責められても仕方がありません。富田さんの批判は映画に限らず、芸術全てに当てはまる正論であります。
viva jiji
2006年10月27日 16:50
>富田さんにも読んでもらいたいなあ。

プロフェッサーったら、うん、もう、山の奥でそうやってしみじみ語ってないで「冨田さんチ」へ出かけてあげなさいってば~~~。
いま、私調べましたらプロフェッサーも観て冨田さんも観た作品、けっこう半年前あたりクリクリしたらあったもんね。
「いつか読書する日」「オリバー・ツイスト」「メゾン・ド・ヒミコ」「マザー・テレサ」・・・。
ほれ、コメント&TB、する、する。
“門戸、叩かないと”人には会えないよ~~~だ。

冨田さんは訪ねてくれた方には必ず丁寧にコメント&TB返してくれる。
少々、忘れた頃にやってきてくれるというオマケもあるけどね。

広げよう、「映画をちゃんと観る会」の輪!

あとね、プロフェッサー、
冨田さんの「冨」は、上ボッチの無いヤツなの。
(活字中毒者だもんで、許してチョコパイ!)(笑)
オカピー
2006年10月28日 14:14
viva jijiさん
ああ、レスするのを忘れていました~(汗)。
書き込みでよく目にする<汗>は<焦る>との掛詞なのでしょうか?

実は「LOFT」にコメントを残してきました。今のところ無反応ですけど(笑)。

>冨田さんの「冨」は、上ボッチの無いヤツなの。
了解です。人様のお名前ですから、きちんとしないとね。
kimion20002000
2008年05月03日 23:42
「坊主憎けりゃ・・」か(笑)
雨の中のスローモーションーシーンは、深作監督の亜流だけどさ、ミーハー的にはなかなかスタイリッシュでよかったな、と。
オカピー
2008年05月04日 02:35
kimion20002000さん、TB&コメント有難うございます。

「坊主憎けりゃ」なんです(笑)。
話の方が「インファナル・アフェア」をもっとまだるっこくした感じで、例によって気短さを発揮して集中力を失ってしまいましてね、映像にまで文句をつけてしまった。
今更引っ込められないですけど。^^;

深作は好きですよ(笑)。

この記事へのトラックバック

  • ベルベット・レイン

    Excerpt: 原題は「江湖」。 中国の黒社会を意味する。 香港の二大スター、アンディ・ラウ、 ジャッキー・チュン、 ベテラン、エリック・ツァンらが、 ガッチリ、若いウォン・ジンポー 監督を後押しして作り.. Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2006-10-26 15:17
  • ★「ベルベット・レイン」

    Excerpt: 今週は目立った公開作がないので、 土曜の夜のチネチッタもシーーーーンとしてました。 が、ヒマヒマひらりんは今夜もチネに出現。 この映画は、香港の新旧4大スターの共演だそうです。 香港マフィアものらしい.. Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2006-10-31 03:49
  • <ベルベット・レイン> 

    Excerpt: 2004年 香港 85分 監督 ウォン・ジンポー 原案 トー・チーロン  ウォン・ジンポー 脚本 トー・チーロン 撮影 チャーリー・ラム  ケニー・ラム 音楽 マーク・ロイ 出演 ホン:ア.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2006-11-12 16:58
  • mini review 06130「ベルベット・レイン」★★★★★★☆☆☆☆

    Excerpt: 香港四天王のアンディ・ラウとジャッキー・チュンが16年ぶりに共演したフィルム・ノワ-ル。闇世界に生きる男たちの宿命と絆を、“第二のウォン・カーワイ”の呼び声も高い新人のウォン・ジンポ-監督がスタイリッ.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2008-05-01 11:17