映画評「スキン・ゲーム」

☆☆★(5点/10点満点中)
1931年イギリス映画 監督アルフレッド・ヒッチコック
ネタバレあり

アルフレッド・ヒッチコック第13作。

名門ヒルクリスト家の人々(夫G・V・フランス、妻ヘレン・ヘイ)は、成金のホーンブロワ(エドマンド・グウェン)が買い上げた土地を工場拡張に使うと知って俄然憤激、彼の息子の妻の暗い過去をネタに土地を取り戻すが、苦い後味を覚える。

恋人たちを引き裂き所期の目的ををも忘れさせてしまう両家の闘いを描いた、英国の文豪ジョン・ゴールズワージーの同名戯曲を映像化したドラマ(リメイク)で、大変面白く完成度も高い。が、星の数が伸びないのは、余りに舞台的すぎるという理由からである。ヒッチコック自身も賛成してくれるだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック