映画評「トラ・トラ・トラ!」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1970年アメリカ=日本映画 監督リチャード・フライシャー、舛田利雄、深作欣二
ネタバレあり

元々は黒澤明の単独監督で進行していた戦争映画だが、完全主義が災いして途中で降板、結局米国側をリチャード・フライシャー、日本側は舛田利雄と深作欣二が監督に当たることになった。いずれも実録ものが巧い監督であり、なかなか良い選択だったように思う。

昭和16(1941)年12月8日(米国時間7日)、日米双方の交渉が決裂した結果、日本軍は連合艦隊司令長官・山本五十六(山村聡)の総指揮の下に真珠湾を奇襲する。

日米の駆け引きを描く前半は、日米双方を独立させて扱う場面が多く各シーンの長さが足りず緻密さを欠く憾みがあるが、そんなことはどうでもいいと思えるくらい、真珠湾攻撃の模様が凄まじい。
 映画全体としては評判の芳しくない「パール・ハーバー」の戦闘場面もなかなか優秀だったが、本作ではCGは勿論、模型や映像の合成に頼らず、全て本物の飛行機と船(後記:巨大なミニチュアは本物に準ずる、としておきます)を使っており、その迫力たるや戦争映画史上最高と言っても良い。
 実際に破壊される飛行機の数メートル横で本物の人間が動いているが、合成は一切ない。スタントマンとは言え、よくこんな場面が撮れたもので、この映画の6年後に作られた「ミッドウェイ」が古い実写フィルムの使い回しでがっくりさせられたのとは対照的である。今のように役者のギャラが高騰していない時期の3300万ドル(固定相場制時代、約120億円)という製作費は伊達ではないことを思わせる。

完全な日米合作で、日本側の脚本は黒澤明のものが大きく変更なく使われ、名人・小国英雄と菊島隆三が参画しているので、日本側の描写に不具合がないのも嬉しい。

アメリカ側では、太平洋艦隊司令長官キンメル大将にマーティン・バルサム、ショート陸軍中将にジェースン・ロバーズ、スティムスン陸軍長官にジョゼフ・コットン、E・G・マーシャル、日本側では山村の他、南雲忠一海軍中将に東野英治郎、三橋達也、田村高広ら。どちらかと言えば通好みの配役が楽しめる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぶーすか
2006年08月30日 09:13
TB&コメント有難うございます。こちらにもTBさせて下さい。
<通好みの配役
東宝映画でよく拝見する役者さんが多かったですね。マコさんも出ていたみたいですが、どこで出ていたのかな…あの暗号文を届けていたアメリカ側の日本人でしょうか?
オカピー
2006年08月30日 18:02
ぶーすかさん、コメント有難うございます。
マコさんが出ていたのは「パール・ハーバー」のほうではないですか。あれではお偉い日本人役で出ていらっしゃいましたよ。
東宝系が多いのは、やはり黒澤明でスタートしたからでしょうね。撮影は東映で行われたようです。
viva jiji
2006年11月20日 17:06
TBさせていただきました。

いや、もう、何をかいわんや、でございます。
土俵が違いますってば。
深作さんと舛田さん、いいお仕事してます、カッキリと。

爆撃シーン、素晴らしかったです。
じっくりと腰を落ち着けて撮ってますよ。
どこかの本作に関しての詳細なサイトで日米のスタッフ間で
6000回以上のチェック&コンタクトを行ったとありました。

「ミッドウェイ」はイマイチと伺いましたが、本当に?
オカピー
2006年11月20日 20:03
viva jijiさん

>6000回
はあ、それは凄い。黒澤だけが完全主義ではないということですね。
溝口健二も相当なものだったらしい。

「ミッドウェイ」は豪華メンバーでしたが、脚本もジャック・スマイトの演出も今一つパッとしなかったですね。何より戦争映画で大事な戦闘場面が実戦フィルムばかりで、新規に撮った場面が殆どなくて、がっくり。未見でしたらそのまま素通りで結構ですよ。
スタンリー
2009年02月21日 11:56
はじめまして。
カーチス戦闘機が暴走してスタントマンがアタフタするところは何度観てもすごいですね。また黒澤が監督していたらどうなったか推測するのもたのしいです。
艦船が爆撃されるシーンでは一部ミニチュア特撮が使われています。貴殿がすべて実写だと思われていたのでしたら、特撮監督のL.B.アボットも天国で喜んでいるでしょう。
オカピー
2009年02月21日 18:26
スタンリーさん、初めまして。

>一部ミニチュア特撮
情報有難うございます。
模型とは言いにくい巨大なミニチュア(事実上セットと言うべきレベル)が使われたであろうことは想像していましたが、仰るようにすべて本物に見えたわけですから、それ自体は素晴らしいことですし、一連の説明部分に紛らわしい表現があったことは認めなければなりません。

いずれにしてもちんけな合成はないですし、他映画からのフィルムの流用もないと思われます。ご指摘の暴走場面は本当に凄いですよね。

コメント有難うございました。

この記事へのトラックバック

  • 『ヒストリー・スルー・ザ・レンズ トラ!トラ!トラ!』 四面楚歌だった黒澤明監督 ネタバレあり 

    Excerpt:  2001年製作のドキュメンタリー作品であり、『トラ!トラ!トラ!』についてのフォックス側の見解で綴られている興味深い作品です。黒澤監督が東宝で、最後のモノクロ作品にして、持てる映画製作技術の全てを総.. Weblog: 良い映画を褒める会。 racked: 2006-08-30 00:29
  • 「父と暮せば」「トラ・トラ・トラ!」

    Excerpt: ●父と暮せば ★★★★★ 【NHKBS】4月に脳梗塞のため亡くなった黒木和雄監督(享年75)の戦争4部作の一つ。広島に原爆が投下され、家族を一瞬で皆亡くした美津江(宮沢りえ)の幸せを願って死んだはず.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2006-08-30 09:11
  • 『トラ・トラ・トラ!』 ※黒澤明 関連作品

    Excerpt: 1941年12月8日、日本海軍がハワイの米国太平洋艦隊基地真珠湾を攻撃。日米開戦、太平洋戦争への火蓋を切ったこの歴史的重大史実を日米合作で映画化した戦争大作。当初日本側監督には黒澤明 監督が起用された.. Weblog: 黒澤明 ~日本映画 監督篇~ racked: 2006-09-24 23:24
  • トラ・トラ・トラ!

    Excerpt: 36年前にちゃ~~~んと 作られているんでしょう! 日米合作で双方のスタッフも きちんと揃えて時代考証も 的確に踏まえて、キャストも その内容も素晴らしく すでに完成品があるじ.. Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2006-11-20 16:56
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 硫黄島はグアム・サイパンと東京の中間に位置しています。 この場所を占領されると長距離爆撃機B29の拠点になります。 本土防衛の要衝だったため、死守しなければなりませんでした。 Weblog: 娯楽の殿堂 racked: 2007-02-09 08:12
  • スクリーンの中の戦争

    Excerpt: スクリーンの中の戦争坂本 多加雄 (2005/02)文藝春秋この商品の詳細を見る 若くしてなくなった鬼才坂本氏の遺作。 戦争映画の興味深いレビュー。 戦争映画をただ反戦という視点か.. Weblog: ◆名著・名画・名ゲーム?◆ racked: 2007-02-11 12:04