映画評「農夫の妻」

☆☆☆(6点/10点満点中)
1928年イギリス映画 監督アルフレッド・ヒッチコック
ネタバレあり

アルフレッド・ヒッチコック第7作。

第8作の「シャンペン」は当座見られそうもないので、飛ばします。

原作は有名な推理小説「赤毛のレドメイン家」を書いたイーデン・フィルポッツの、ミステリーとは全く関係のない一般的な戯曲である。

大地主ジェームスン・トーマスが家政婦リリアン・ホールデン=デーヴィスと相談して後妻を探すことにする。何人か挙げた候補の許へ勇ましく出かけていくが、塩梅がよろしくない。困りに困っていると、実は家政婦が最も若く美しく気立ての良いことに気付き、生涯の伴侶に選ぶ。

強烈ではない、そこはかとない風刺が効いているドラマである。かなり長めではあるが、色々と出てくる人物の点出が実に英国的で興味深く、意外なほど楽しめる。ヒロインを演ずるリリアンは第6作「リング」に続く出演だが、こちらの家政婦の方が魅力的。

些か文学的な部分においてであるが、心に残るものがある佳品と思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック