映画評「レベッカ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1940年アメリカ映画 監督アルフレッド・ヒッチコック
ネタバレあり

アルフレッド・ヒッチコック第24作。「鳥」の原作者であるダフネ・デュ・モーリアの長編小説の忠実な映画化である。

内気なアメリカ娘(ジョーン・フォンテーン)が英国貴族の中年紳士ド・ウィンター(ローレンス・オリヴィエ)と結婚するが、男は謎の死を遂げた先妻レベッカへの思いに囚われいて、レベッカを神のように崇めている召使ダンヴァース夫人(ジョディス・アンダースン)が比較し嫌がらせをするので、そうでなくても上流階級の生活に萎縮している彼女はすっかり脅えきってしまう。

というのが中盤までのお話で、霧の中から現れる大きな屋敷といったロマンティックなムードがよろしく、振り向くとそこにいるという演出が為されているダンヴァース夫人の不気味さが恐怖を醸成する。しかし、それ自体は決して絶賛するほどのものではなく、若妻を演ずるジョーン・フォンテーンの演技と一体となった時凄みを覚えると言うべきである。

さて、後半になると趣きが変る。
 難破船と同時に発見されたヨットからレベッカの死体が発見され、ド・ウィンターが新妻に語ったその死を巡る真相は、彼女が考えていたこととはまるで違い、この瞬間に彼女は大人になり、寧ろ夫を守護する立場に変っていく。
 ド・ウィンターが回想する場面は、当時を再現せずにリアルタイムのカメラを動かすことだけで、彼の心理を際立たせる演出が鮮やか。トリュフォーもこの点を指摘していたように思う。

終盤ミステリー的な趣向が出て来るが、全体としては「嵐が丘」の伝統を感じさせるゴシック小説的メロドラマで、大衆作品の良さが十二分に発揮されていることが功を奏してアカデミー作品賞を受賞した。
 しかし、ヒッチコックはこの受賞を喜ばず「私はオスカーを獲ったことはない」と言っている。「作品賞は製作者のものだ」という意味だろうが、セルズニックの製作作品においてはヒッチコックも最終編集権を持っていず、「製作者のセルズニックが最終的に編集したので、私の作品とは言えない」というニュアンスも十分考えられる。

ジョーン・フォンテーンとジュディス・アンダースンを同時に収めた構図などショットには優れたものが多く、僕はヒッチ御大自身よりはこの作品を買っているが、ジョーンなしにここまでの手応えはなかったと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

カカト
2006年07月03日 16:22
この映画とても好きです。
肖像画から抜け出たようなジョーンには息を飲みました。
カラーで観てみたかったです。
オカピー
2006年07月04日 16:02
カカトさん、こんにちは。
何と言ってもこの作品はジョーン・フォンテインに尽きますかねえ。
見えないものの姿に怯える一種の幽霊映画でもありますが、うまく作られていますね。
モカ
2019年06月29日 22:04
しつこくデュ・モーリアでいきます。
全体としては「嵐が丘」の伝統を感じさせるゴシック小説的メロドラマ>なんですけど、レベッカってストーリーの骨格はほぼ「ジェーン・エア」なんですよね。
美人でもなく財産もない孤児が年の離れたちょっと気難しい貴族階級の男性と結ばれる。ところが、その館には何やら怪しい人の気配が・・・レベッカでは死んだ前妻、ジェーン・エアでは財産目当てに結婚したが精神を病んでしまったクレオール系の妻が幽閉されていて・・・最後は屋敷が火事になる。ヒロインの趣味がスケッチというのも共通してますし。ブロンテ姉妹の影響力はすごいです。
物語も音楽といっしょで、伝承されていくうちに少しづつ時代の色に染まっていくんでしょうね。 
昔は「わたし」目線で観てたからダンヴァース夫人がすごく怖かったんですが、今観るとそうでもないですね。神経が図太くなったもんです・・・
オカピー
2019年06月30日 19:07
モカさん、こんにちは。

>ストーリーの骨格はほぼ「ジェーン・エア」
僕もこの映画を再鑑賞した後、数年して「ジェーン・エア」を再読したのですが、仰る通り共通点が多いと思いました。順番が逆なら指摘しましたが、後の祭りというやつでした^^;
火事も共通したかあ(笑)

>ダンヴァース夫人がすごく怖かった
僕も最初は凄く怖かったですね。その時はまだ中学生でしたし。
中年になって観た時は、怖くないというより、本文でも書いたように“わたし”の反応と一体になって初めて怖いという感じ。モカさんの仰るのは正にそのことなのでした。
モカ
2019年06月30日 21:24
ダンヴァース夫人で一番怖かったのは火事のシーンで、あの燃え盛る火の中から外を無表情に見ていているシーン、あそこが最後の見せ場なんでしょうね。原作ではマキシムの無罪が分かった時点で夫人はどこかに行ってしまったようですし。あれは原作を変えて成功してると思います。この映画、ジョーン・フォンテインが美人過ぎるのが唯一の難でしょうか? 仮装舞踏会で何を着るかを話すシーンで、原作同様マキシムが「不思議の国のアリスがいいよ」(原作ではそのままでOKみたいなニュアンス。まあ子供扱いですか)っていうんですが、しっかり大人美人さんなのでセリフが生きてませんです。オリヴィエが駆け出しのジョーンさんに友好的な態度をとらなかったのが幸いして、彼女が現場で始終おどおどしていてそれが演技に反映されていたとか。
なにが功を奏すかわかりませんね。そういえば、ジョーン・フォンテインってジェーン・エアにもなってるんですね。私はそのバージョンは見ていませんが・・・
オカピー
2019年07月01日 19:00
モカさん、こんにちは。

>ダンヴァース夫人で一番怖かったのは火事のシーン
のめり込んでしまった人は不気味ですね。

>あれは原作を変えて成功
原作より良くても褒める原作ファンは少ないので、モカさんは偉いデス^^

>ジョーン・フォンテインが美人過ぎるのが唯一の難
基本設計を考えると、そういうことになりましょうか。昔のハリウッド映画にはこういう難点がよく見られました。

>ジェーン・エア
当然僕は観ておりまして、短すぎて醍醐味は薄かったですが、それなりにといったところ。
あの巨漢オースン(オーソン)・ウェルズがロチェスター卿なのが難点でした。さすがに線が太すぎますって!(笑)

この記事へのトラックバック

  • レベッカ 1940年/アメリカ【DVD鑑賞18】

    Excerpt: 外の世界からやってきたストレンジャーには多かれ少なかれプレッシャーがあるもので、それが、イギリスの地方荘園主となればその閉鎖性からくるプレッシャーの大きさも推して知るべし。一般庶民(しかもアメリカ人だ.. Weblog: オールド・ムービー・パラダイス! racked: 2006-07-02 23:35
  • 「レベッカ」

    Excerpt: 「レベッカ」(Rebecca) 1940年アメリカ 監督 アルフレッド・ヒッチコック 出演 ローレンス・オリビエ    ジョーン・フォンティーン あらすじ   イギリスの若い娘キャ.. Weblog: 私が観た映画 racked: 2006-07-03 16:14
  • 映画評「レイチェル」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2017年イギリス=アメリカ合作映画 監督ロジャー・ミッチェル ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2019-03-25 09:30