映画評「歴史は夜作られる」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1937年アメリカ映画 監督フランク・ボザージ
ネタバレあり

戦前の名匠フランク・ボザージの中でも有名で一番見られるチャンスが高い作品である。

若き海運王コリン・クライヴは異常に嫉妬深く、妻ジーン・アーサーに愛人が居ると決め付け、妻の離婚請求を無効にする為に運転手を差し向けてそこに乗り込む作戦を立てるが、音を聞きつけた部屋に入ってきたパリの名給仕長シャルル・ボワイエが機転を効かせ強盗騒に偽装した為頓挫。
 ご機嫌になったジーンは夜を徹して彼とタンゴを踊る。彼女が靴を脱いで踊るなどムード満点、この手のムードに弱い僕は陶然となった。ここまでは文句なしである。

再会を約束したものの、ホテルに帰ってみるとボワイエの倒した運転手が死んでいるので、夫が殺したとも知らぬ彼女は呆然として夫に連れられニューヨークへ帰り、彼は追って行くのだが、そこでも給仕長になって辛抱強く彼女の来店を待ち儲けるというのがいかにも古き良き時代の物語らしい。

その後タイタニックの悲劇をもじったスペクタクル場面が展開して悲劇的場面を展開する。この部分は大昔に観た時の印象に比べて随分短いが、それでも本作が全体を通して97年の大ヒット作「タイタニック」に影響を与えた点は多い、と言いたい。例えば、嫉妬深い男性の登場、先の靴を脱いで踊る場面などである。

そして、思いもかけぬ突然の大団円。これには些か肩透かしを食らうが、そんなことが細かいことに思えるくらい、ジーンとボワイエの共演ぶりは楽しく、<映画>を観たという気になる。こういう後味は小難しくなるばかりの最近の作品では滅多にお目にかかれない。30年代は映画の黄金時代である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぶーすか
2006年07月08日 15:39
TB有難うございます。こちらにもTBさせて下さい。キャメロン版「タイタニック」で教えて頂いた通り、ラストはこの映画が元ネタになってましたねー!しかしこちらの方がそのシーンはわずかでしたが、ロマンチックで好きです。あの嫉妬深い夫も「歴史は…」の方が神経質な感じがいかにもという感じで良かったなぁ。その旦那のピッチリとしたスーツの着こなしが素晴しくかっこいいですね^^)。
オカピー
2006年07月09日 00:11
ぶーすかさん、こんばんは。
「タイタニック」もクラシックな要素を取り込んでいるので、私は、そこそこ買ってはいるのですけれど、この映画ほど陶然とする場面はありませんでした。
追いかけていったボワイエが、NYでも給仕長に納まって待つというのがいかにも悠長で、今の若い人にはかなり疑問ではないかな。

この記事へのトラックバック

  • 「歴史は夜作られる」「チャンプ」

    Excerpt: ●歴史は夜作られる…★★★★ 【NHKBS】シャルル・ボワイエ、ジーン・アーサーのロマンスドラマ。ラストの展開は「タイタニック」の元ネタに。 ●チャンプ……………★★★★ 【NHKBS】酒とギャ.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2006-07-08 15:23
  • 芳醇なテイスト、典雅な語り、絵に描いたような美男美女、そしてハッピイ・ロマンス!

    Excerpt: 展開はある意味ではご都合主義的と言えなくはないのであるが、それを払底して、魅惑に満ちた想いがドラマをひきづって行く。あくまでゆとりの典雅な語りが現代とは大きな差である。 脇役のさらにピカイチはココと.. Weblog: この広い空のどこかで今日もいい日旅立ち racked: 2007-01-05 17:53