映画評「白い恐怖」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1945年アメリカ映画 監督アルフレッド・ヒッチコック
ネタバレあり

アルフレッド・ヒッチコック第31作。

精神病院の院長レオ・G・キャロルが引退して新しい院長を迎えることになる。新院長は予想外に若いグレゴリー・ペックで、お堅い女医だったイングリッド・バーグマンは彼に一目惚れしてしまう。

映像的にここに最初の見せ場、即ち、二人が接吻するとドアが次々が開くという幻想的なイメージが挿入されているが、これは女医の恋愛に対する感情が開いたことを象徴しているように思える。<眼鏡を外すと大美人>というヒッチの好きなパターンが楽しめ、彼女はこれ以降眼鏡を殆どかけず、寧ろ偽装的に使うようになるのが大変興味深い。
 また、この前後でキャロルが「新院長に会ったことがない」と言う台詞は推理小説的に大事な台詞である。

新院長はテーブルクロスに付けられたフォークの痕、イングリッドの部屋着の模様に発作を起こす。こうした挿話を通して我々は白地に縞が彼に発作を起こさせることを教え込まれるわけだが、この設定が、実は新院長ではなくて追われる殺人容疑者に過ぎないペックとイングリッドの逃避先でも誠にうまく使われている。つまり、夜中に発作を起こしてナイフを持った彼が、匿った彼女の恩師マイケル・チェーホフの前に立ち尽くし、コップのミルクが博士の姿をフェードアウト、そして次の場面ではソファーに博士が倒れている。というシークェンスのことだが、すっかりヒッチコックの話術にしてやられてしまう。上手い。

この作品はニューロティック(異常心理)・スリラーの最初の作品と言われている一方で、実際にはトリュフォーが指摘しているように「第七のヴェール」のほうが若干早いが、彼が言うように影響を受けているかどうかは微妙である。
 少なくとも映画としての上手さ、面白さは本作の方が全然上であるし、有名なシュールリアリズム画家サルヴァドール・ダリを起用した美術などを通して遥かに精神分析的感興を湧き起こす。

惜しむらくは、「マーニー」同様日本の2時間ミステリーで似たような分析説明が腐るほど展開しているので、劇場公開された時の新味は陳腐に変ってしまっている。現在これを鑑賞する我々はその時代の新味を想像して楽しむしかないのである。
 本格推理ではないが推理小説的なプロットでもあるので、終盤の展開は伏せる。

配役に関して、出演した3本のヒッチコック作品の中でこのバーグマンが一番美しく、出演作全体の中でもかなり良い部類に入るだろうが、多くの方がおっしゃるようにペックは芳しくない。「引き裂かれたカーテン」でポール・ニューマンのやりすぎる目の演技に辟易したヒッチコックも、表情に変化のなさすぎるペックには困惑したかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 白い恐怖 1945年/アメリカ【DVD鑑賞22】

    Excerpt: 今回の作品で興味津々だったのは、実は小道具。クライマックスでバーグマンを狙う銃と手。ぴったり狙いをつける銃口を、構えている本人の視線から撮っているのですが、画面をクリアに映すために実物の4倍の大きさ(.. Weblog: オールド・ムービー・パラダイス! racked: 2006-05-30 21:11
  • 『白い恐怖』(1945)終戦の年に、あちらではこれ程の作品が公開されていた。

    Excerpt:  ヒッチは今回、フロイト博士の『精神分析入門』からインスパイアされたと思われるストーリー展開と台詞の言い回しを前面に押し出した脚本、夢の世界をセットとして具現化させるために起用されたサルバトーレ・ダリ.. Weblog: 良い映画を褒める会。 racked: 2006-08-17 22:30
  • 白い恐怖

    Excerpt: 白い恐怖 ++story++ コンスタンス(イングリッド・バーグマン)は有能な精神科医だった。 ある日、院長として著名なエドワーズ(グレゴリー・ペック)が赴任してくる。 +++++++.. Weblog: cino racked: 2006-11-12 08:43