映画評「コーヒー&シガレッツ」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2003年アメリカ映画 監督ジム・ジャームッシュ
ネタバレあり

有名になっても決してメジャー流の作品を撮ることがないジム・ジャームッシュが、コーヒーと煙草にまつわる11編を集めたモノクロのオムニバス映画。平均上映時間8分、小説で言えばショートショートですね。

歯医者に行きたくないスティーヴン・ライトの悩みを解消すべく、偶然知り合ったロベルト・ベニーニが代りに歯医者に行く第一話「奇妙な出会い」、男女の双子を前にスティーヴ・ブシェミーがプレスリー双子説を展開する第二話「双子」などユーモラスな話が多い。

有名な役者(歌手)が本人もしくは本人を思わせる人物として登場するのは、トム・ウェイツとイギー・ポップが禁煙成功を祝って煙草を吸う第三話「カリフォルニアのどこかで」、女優ケイト・ブランシェットとアングラ歌手の従姉(ケイト二役)とが味わう違和感を描く第七話「いとこ同士」、男優アルフレッド・モリーナが男優スティーヴ・クーガンに実はいとこ同士なんだと知らせるがクーガンが相手を信用せず電話番号を教えなかった事を後悔する事になる第九話「いとこ同士?」、従兄弟同士でラッパーのGZAとRZAがカフェイン狂の男優ビル・マーリーと出会ってご機嫌という第十話「幻想」である。

1986年から撮り溜めたものと言うが、演出スタイルが変わらず、また、モノクロ故に時代の差を感じさせない。恐らく第三話辺りは古い作品ではないかな。

学生時代にコーヒーを飲みすぎて胃を壊してしまって以来余り飲まないし、煙草は吸ったことがないので登場人物の味わう気分は殆ど解らないが、そんなことはモノクロの煙の美しさの前にはどうでも良い。ユーモアとかすかなペーソスで彩られる人生の断片を楽しむのも良いが、一番楽しめるのは光と影のコントラストだ。

禁煙者 成功祝いに タバコ吸い

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

カカト
2006年04月23日 08:24
ラッパーの二人が健康志向なところがおかしかったですよね。
たぶんあれじゃ売れないでしょうが・・。
カオリ
2006年04月23日 10:04
モノクロの映像と格子柄のテーブルが美しかったです。私はビル・マーレーに笑ってしまいました。
オカピー
2006年04月23日 16:22
>カカトさん
健康志向のラッパーがいると思えば、禁煙成功を祝ってタバコを吸う禁煙者。いかにもジャームッシュらしいおとぼけぶりが楽しいですね。「ストレンジャー・ザン・パラダイス」はこの感覚を延長させた感じかな。

>カオリさん
モノクロは形が良く出るので私は好きです。退色がないというメリットもあって愛好する監督も少なくないですね。
あのでかいので飲むなんて、いかにもビル・マーレーらしいクレイジーぶりでしたね。
viva jiji
2006年08月10日 08:16
この映画のモノクロ・ポスター(2パターン)を両方とも買ってピアノの上に飾っております。ジャームッシュのセンスにはいつも「まいりました~!」で劇場を後にします。私は受験勉強の際(深夜族でしたから)、がぶ飲みコーヒーで十二指腸潰瘍になりましたが今もコーヒーは止められません。(笑)TBさせていただきました。
オカピー
2006年08月10日 13:58
viva jijiさん
ジム・ジャームッシュのおとぼけスタイルは恐らくは考えられている以上に今の映画界に定着している、と思います。
ガイ・リッチーの作品はタランティーノだけでなく、ジャームッシュの香りが漂います。ジャームッシュはタランティーノにすら或いは影響を与えているかもしれません。
もっと評価されるべき才能ですよね。
>コーヒー
私は大学時代の一夜漬けでやられました。最近再び少し飲むようになりましたが、速く飲むと気持ち悪くなってしまうので、ちびりちびりと。
kimion20002000
2008年04月20日 15:28
なんだかんだいっても、こういう贅沢な遊びが出来て、みんながいそいそと協力してくれる監督さんは、あまりいませんからねェ。
オカピー
2008年04月20日 22:24
kimion20002000さん、TB&コメント有難うございます。

なるほど。
そういう見方もできますね。

この記事へのトラックバック

  • 「コーヒー&シガレッツ」を観ました

    Excerpt: 「コーヒー&シガレッツ」(Coffee and Cigarettes) 2003年アメリカ 監督 ジム・ジャームッシュ 出演 ロベルト・ベニーニ    スティーヴン・ライト あらすじ .. Weblog: 私が観た映画 racked: 2006-04-23 08:06
  • コーヒー&シガレッツ(03・米)

    Excerpt: 大きな感動やメッセージ性、社会問題の提起の映画ばかりではなく、何気ない日常的なことを淡々と描く映画もある。前者は結構「感動した」「許せない問題と思った」「切なかった」とか言えるのだが、後者はなかなか感.. Weblog: no movie no life racked: 2006-04-23 10:13
  • コーヒー&シガレッツ

    Excerpt: こんにちは、ブラペです。映画DVD『コーヒー&シガレッツ』を見ました。感想かいて Weblog: 映画DVD 『シビれるこの一本』 racked: 2006-07-19 13:07
  • コーヒー&シガレッツ

    Excerpt: この「何ともない」映画に、ハマッた。 コーヒーとタバコに、まつわる短編 11編を97分に、まとめたオムニバス。 「ジャーン!すべての映画ファンの皆様に お届けする最高傑作!!」 ・・・と.. Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2006-08-10 08:07
  • それはだれかとたずねたら

    Excerpt: 好きな映画監督は誰か?と聞かれたら… ジム・ジャームッシュ監督がニューヨーク大学時代、『理由なき反抗』ニコラス・レイ監督に、 「映画を作りたいなら、そのことを人に話すな。ただ作ればいいんだ」.. Weblog: ふかや・インディーズ・フィルム・フェスティバル racked: 2007-05-14 11:47
  • mini review 05075「コーヒー&シガレッツ」★★★★★★★★☆☆

    Excerpt: 『ミステリー・トレイン』『デッドマン』のジム・ジャームッシュ監督が18年に渡って撮りためたコーヒーとタバコをテーマにした短編映画集。11本のショート・フィルムに登場するのは、ケイト・ブランシェット、ビ.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2008-04-15 22:21