映画評「パッチギ!」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2005年日本映画 監督・井筒和幸
ネタバレあり

井筒和幸がメジャーになった四半世紀前の「ガキ帝国」を彷彿とする高校生の抗争に民族問題の要素を折り込んだ意欲作。

いきなりグループサウンズのオックスが女性客を失神させる場面から始まって我々昭和30年代世代を懐かしがらせるが、舞台は1968年の京都。
 府立東高校の大人しい生徒・康介(塩谷瞬)が抗争中の朝鮮高校に親善サッカーを申込みに出かけた際、音楽室でフルートを吹く美少女・キョンジャ(沢尻エリカ)に一目惚れ、民族統一の象徴歌「イムジン河」を憶えて接近し朝鮮民族の中に溶け込んでいくが、両校対立の根の深さと民族間の溝に唇を噛み締める。

少年たちの喧嘩風景を全編にちりばめながら、康介の不器用な恋とキョンジャの兄である番長アンソン(高岡蒼佑)の対照的な恋模様を進行させていく、という形式だが、その二つの糸を「イムジン河」をモチーフにした<民族間の溝>でかしめているのが良い。

前半は些かとりとめない印象もあるが、終盤ラジオ番組で康介が「イムジン河」を歌う間、両校の抗争とアンソンの子供誕生をカットバックで描く場面は統一感があり見事と言いたい。同じように青春の鼓動を描いた作品としては、全体的に「ガキ帝国」ほど無邪気ではないが、その代り深い余韻も漂う。
 但し、喧嘩の場面はPG-12とレイティングされないような、もう少し大人しめのほうが後味が良い。

この作品でも描かれたように「イムジン河」は発売中止、放送禁止の憂き目に遭ったのに、10歳にもなっていなかった僕が何故か憶えて歌っていた。どこでどう流れてきたものか。不思議なことがあったものだ。

また、アンソンを演じた高岡蒼佑が、楽天の一場投手に見えて仕方がなかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

オカピー
2006年04月21日 01:15
2006年4月21日00:31分のTBはスパムではありません。gooとウェブリが相性が悪いので、こういうことになりますが、安心してアクセスしてください。
iyahaya98
2006年11月26日 22:45
こんばんは!
いつもTBいただきありがとうございます。
オックスもイムジン河も懐かしかったです。
イムジン河は放送禁止だったのですね。
全然知りませんでした。
普通にいい曲だと思っていました。
オカピー
2006年11月27日 02:47
iyahaya98さん、こんばんは。
こちらこそお世話になります。

主人公たちは私の兄くらいの年齢ですが、ぎりぎり同じジェネレーションと言え、懐かしく興味深かったです。
「イムジン河」の音符を逆さまにして作ったのが「悲しくてやりきれない」でしたっけね。反抗精神万歳です。

高岡蒼甫と高岡蒼佑はどっちが正しいのでしょう。分る人、教えてください。
かよちーの
2006年12月21日 12:29
しばらく体調不良でした。回復していませんが状況と気力で...・笑。
高岡蒼佑が高岡蒼甫とパッチギ!の後に改名したみたいですよ、時期は不明ですが。
「イムジン河」ってこの映画で初めて聞きましたが、受け入れやすいメロディーですねえ。
オカピー
2006年12月22日 01:15
かよちーのさん、お見舞い申し上げます。

>高岡蒼佑
情報、有難うございます。
ということはこの映画を語る時はこの表記でも問題ないということでありますね。

>イムジン河
お若いです(という題名のジェリー・ルイスの映画がありましたっけ)!
「悲しくてやりきれない」もご存知ないですか?
かよちーの
2006年12月22日 15:02
パッチギ!の時代設定のときは一応生まれていません・笑。
「悲しくてやりきれない」...なおのこと聞いたことないですねー。
オカピー
2006年12月23日 02:51
かよちーのさん
一応ビートルズをリアルタイムで知っている世代です。もう少し早いほうが良かったと思いますが、日本にはGS(ガソリンスタンドではなく、グループサウンズ)ブームがありました。懐かしいなあ。
十瑠
2007年07月19日 18:44
終盤の乱闘やラジオ曲での演奏、出産のシーンなどを上手く纏めた演出には、オカピーさんと同じように感心しました。私は、その直前のシーンにも涙が出てしもうたです。^^;
TVのコメンテーターとしては、あまりイイ印象がない井筒監督ですが、まさか泣かされるとは思いませんでした。
オカピー
2007年07月20日 01:54
十瑠さん

良い映画監督が良い人間とは限りませんし、良い批評家とは限りませんよね。^^;
良い批評家は良い監督になれる可能性があることは、トリュフォーやピーター・ボグダノヴィッチが証明し、水野晴郎氏が逆説的に証明しています(笑)。

井筒氏は案外ミーハーで、芸術派ではありませんね。ただ好き嫌いがはっきりしている(らしい)ので、批評家向きではないと思われます。映画監督は口ではなく、映画で手本を示したほうが良いのだ・・・と言っていたら、本作を作ったので「やればできるじゃん」と拍手を送ったのでした。めでたし、めでたし。
ぶーすか
2007年07月31日 11:11
フォーク・クルセターズがぎりぎり知っているグループで(こちらはグループサウンズとは違ってフォークかな?)、加藤和彦の歌が久しぶりに聞けてちょっと嬉しかったです。未見ですが続編(?)は如何なモンなんでしょうか?
オカピー
2007年08月01日 02:37
ぶーすかさん、こんばんは。

フォーク・クルセダーズはGSには入りませんが、音楽的考えでは一番ロック的だったのではないでしょうか。GSはやはり作られたものというイメージがあり、同じ頃活躍した英米のロック・グループとは全く違いますね。尤もアメリカにもモンキーズのようなでっちあげグループもあり、それよりは上かな。どちらも強力な作曲陣のおかげで良い曲が生まれたのは有り難かったわけです。

続編は観ていませんが、偶然余り良くないようなコメントを目にしてしまいました。全く知らない人ですから、どうでも良いでけどね。

この記事へのトラックバック

  • 河は越えられたのか◆『パッチギ!』(2回目)

    Excerpt: 1月30日(日)くもり / 『パッチギ!』(TOHOシネマズ木曽川) この前買った、『パッチギ!』のサウンドトラックを全部通して聴いてみた。うーーーーーーーん。微妙。「唄」が入っているのは、『イム.. Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 racked: 2006-04-20 18:29
  • 映画「パッチギ!」。ネタバレあり。

    Excerpt: 著者: 朝山 実, 羽原 大介, 井筒 和幸 タイトル: パッチギ!  今日、新宿・歌舞伎町で井筒和幸監督の「パッチギ!」を見てきました。パッチギといのは日本語で「頭突き」という意味です.. Weblog: ある在日コリアンの位牌 racked: 2006-04-20 22:08
  • <パッチギ!> 

    Excerpt: 2005年 日本 120分 監督 井筒和幸 脚本 井筒和幸  羽原大介 撮影 山本英夫 音楽 加藤和彦 出演 松山康介:塩谷瞬    リ・アンソン:高岡蒼甫    リ・キョンジャ:沢尻エ.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2006-04-21 00:14
  • �إѥåe�����

    Excerpt: �����ġ������¹� �����㥹�ȡ���֡��Ⲭ��ͤ������ꥫ���̸����ҡ����%��ꥸ�硼�����и��������ˡ�;�����ҡ�p�Ķ� �� �������ä�.. Weblog: �����뿲�b� racked: 2006-04-21 00:31
  • 映画『パッチギ!』

    Excerpt: 1968年京都、二人を隔てる「イムジン河」を、愛の力で熱唱し、暗くて深い「イムジン河」を愛の力で渡りきる。荒れ狂う時代に咲いた熱い純愛・・・。 物語の中心は朝鮮高校生キョンジャ(沢尻.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-04-21 01:26
  • 西洋占星術 占いでみる宮崎あおいさんと高岡蒼甫さんの相性

    Excerpt: 西洋 占星術 でみる命がけの恋? 共鳴するところが多い? 恐妻ですべてうまくいく? Weblog: ズイフー!!ブログ - 占い相談 スプリングポイント racked: 2006-07-21 14:15
  • 『パッチギ』

    Excerpt: パッチギ! プレミアム・エディション 結構話題になっていたはずの映画。 在日の高校と日本の高校がいがみ合っていて、 在日の番町の妹に恋をする話...というのは 何となく知っていましたが、 こういう.. Weblog: この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!! racked: 2006-08-13 19:14
  • 「パッチギ!」~もう一つの京都

    Excerpt:   パッチギ!2004年日本監督/井筒和幸音楽/加藤和彦出演/塩谷瞬 高岡蒼佑 沢尻エリカ 楊原京子   オダギリジョー 余貴美子 大友康平 前田吟   ぼんちおさむ 松澤一之 ケンドーコバヤシ196.. Weblog: お茶の間オレンジシート racked: 2006-11-26 22:43
  • パッチギ !

    Excerpt: パッチギ ! プレミアム・エディション 1968年の京都でのお話です。 主人公康介(塩谷瞬)が、在日朝鮮人と関わって行くのですが...。 わたくし、作品自体は面白いと思うのですが、喧.. Weblog: cino racked: 2006-12-20 14:25
  • さわじりえりか(沢尻エリカ)DVD:パッチギ!

    Excerpt: さわじりえりか(沢尻エリカ)のDVDです。本編ディスクのみの通常版ハピネット・ピクチャーズ パッチギ! スタンダード・エディション発売日:2005年7月29日組数:1枚 収録時間:119分 アーティス.. Weblog: さわじりえりか的な沢尻エリカ racked: 2007-02-06 20:54
  • パッチギ!

    Excerpt:  タイトルだけは知っていたので、以前から見てみたいなーと思っていたところ、ちょうどテレビで放送されていたので、録画して見ました。  物語は1968年の京都。東高校の康介(塩谷瞬)は、ひょんなことから.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2007-05-26 14:07
  • パッチギ!

    Excerpt: (2004/監督・共同脚本:井筒和幸/塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、尾上寛之、真木よう子、小出恵介、波岡一喜、オダギリジョー、光石研、加瀬亮、キムラ緑子、余貴美子、大友康平、前田吟、笑福亭松.. Weblog: ::: SCREEN ::: racked: 2007-07-19 16:21
  • 塩谷瞬「パッチギ!」「春の雪」

    Excerpt: ●パッチギ! ★★★ 【地上波】井筒和幸監督。1960年代後半の京都を舞台に、在日韓国人の美少女キョンジャに恋した康介は、彼女に近づきたい一心で朝鮮語を学ぶが、彼女の兄は札付きの不良で恐い存在だった.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2007-07-31 10:58