映画評「私は告白する」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1952年アメリカ映画 監督アルフレッド・ヒッチコック
ネタバレあり

アルフレッド・ヒッチコック第38作。

カナダはケベック州、神父モンゴメリー・クリフトは教会の香部屋係として働いているO・E・ハッセから強盗の末に弁護士を殺したことを懺悔される。
 ところが、犯人が神父に偽装して犯行に及んだこと、神父が議員の妻となっている昔の恋人アン・バクスターからその弁護士の脅迫について相談されていたことから、官憲は神父を疑い出す。神父は信者の懺悔を他人に告げてはならないのがカトリックの戒律なので彼は深いジレンマに陥ることになる。

映画はその戒律について登場人物に再三説明させているので、どこの国の非カトリック信者の観客にも基本的にこのジレンマが理解出来るようになっている。この設定こそが本作の最大の見どころなのだが、我々はカトリックから遠いところにいるが為に却って素直にこの設定が信じられるのであって、寧ろプロテスタントあたりには嘘っぽい物語ということになるかもしれない。

本当らしさということについて言えば、容疑の決め手といった重要なポイントが偶然の一致によるのが弱いとされるが、TV「アンビリバボー」などを見ても分るように世の中には実に不可思議な偶然というものが数多く存在する。従って、僕はこの一致を弱点とは殆ど思わない。
 一番の問題はそこではなく、結末の付け方、即ち、ハッセの妻ドリー・ハースに解決を委ねてしまったことである。しかし、その彼女がモンティー(モンゴメリー・クリフトの愛称)の様子を伺いながら神父たちに朝食を配る場面は秀逸。

配役では、僧服を着てまっすぐに歩くモンティーが強い意志を感じさせる好演。ハッセのドイツ系らしい悪魔性も印象深く、ゲーテの「ファウスト」でも読んでいる気分になった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

FROST
2006年05月29日 00:33
どうもご無沙汰しております。いろいろあってお休みしておりましたが、何とか再開の運びとなりました。また、よろしくお願いします。オカピーさんのヒッチコック特集は順調に進んでいるようですね、またおいおいTBさせていただきます。まずはご挨拶ということで。。
オカピー
2006年05月29日 03:40
FROSTさん、2ヶ月ぶりですねえ、大変ハッピーな気分になりました。
私のヒッチコック特集はいよいよ佳境といったところですね。
こちらから出来るだけ先にTB致しますが、どうぞ宜しく。
ぶーすか
2006年07月07日 12:16
TB&コメント有難うございます。ヒッチコックの作品の放送で久しぶりに未見だったものを見ることができました。そして面白かったですー!
<ゲーテの「ファウスト」でも読んでいる気分になった
恥ずかしながらゲーテの原作は味読で手塚治虫の漫画等で内容を知っている程度ですが、なるほど、ハッセの存在は「ファウスト」の悪魔ですねー。
N_ardis
2006年07月07日 20:01
オカピーさん、こんばんは。
カトリックの戒律の繰り返しの描写は、ボクにもわかるようにするため、印象付けるための方法だったんですね。

モンゴメリー・クリフトは多分お初の俳優さんだったんですが、本作だけで魅力をたっぷりと感じてしまいました。派手な演技をしているわけではないのですが、オカピーさんは「強い意志」と言われていますが、静かながら確固たる存在感?を感じます。達観した心なのでしょうか?
オカピー
2006年07月07日 20:40
ぶーすかさん、こちらこそ有難うございます。
ヒッチコック映画の楽しみは登場人物のジレンマにあることが多いのですが、これなどは典型的でしたね。
ファウストは欧州に伝わる有名な伝説で、英国のマーロウなとも扱っていますが、まさにその中のメフィストフェレスのように嫌らしかったですね。悪魔は怖いというよりは嫌らしい。
オカピー
2006年07月07日 20:45
N_ardisさん、ごぶさたでしたね。
クリフトはオーヴァーアクトをしない素晴らしい役者でしたが、命日が私の誕生日というのがちょっと気に入らない(笑)。
いや、あの神父は達観はしていないでしょう。達観していれば、彼のジレンマは起らなかったはずですから。しかし、彼は復員後誘惑に屈しない程度の意志を身に着けていたと思うんですよ。
カカト
2006年08月30日 17:43
トラックバックしました。
モンゴメリー・クリフト、素敵でしたね。
前半と後半では彼の気持ちのあり方がまったく違って見えました。
オカピー
2006年08月30日 18:11
カカトさん、こんばんは。
お体のほうは大丈夫ですか。大事にしてくださいね。
カトリック神父故のジレンマというヒッチコックが好きそうな題材でした。同時に彼の意思の強さを描く作品でもあり、結局彼自身は最悪の結末すら迎える決心をしていたように思います。そうなるともはやスリラーではなく、宗教的な作品になるところでしたね。実際原作の戯曲はスリラーではないようです。モンティーは良かったです。
iyahaya98
2006年12月17日 22:25
>神父たちに朝食を配る場面
そうそうあのシーン!モンティの後ろから彼女の視線をたどってカメラがとらえるシーンですね。ゾクゾクするぐらいいいです。
オカピー
2006年12月18日 01:50
iyahaya98さん、こちらにもようこそ。

ああいう場面が昔の作品、特にヒッチコックは巧いですね。最近のハリウッド映画はこういう巧さがない。けしからん(笑)。
かなん
2007年05月27日 08:55
はじめまして。
ヒッチコックが大好きな者です
私は告白する、とても好きな方です。
でも、繰り返しは観て無い為か、ヒッチコックがどこででてるのか、わかりませんでした。
いつもセンスのいい出方をするので、この映画でも気になります。
もしも知ってらしたら教えて下さい。
オカピー
2007年05月27日 16:57
かなんさん、初めまして!

ヒッチコックは一番ご贔屓なので、多少出来栄えが悪くてニコニコ見てしまいます。今後とも宜しく。

>ヒッチコックの出演
この作品は寧ろ解りやすい出方をしていますよ。
タイトルが終った直後に橋の上を歩いています。
かなん
2007年05月31日 14:53
オカピー様
ありがとうございます。
さすがですー。

わたし、ヒッチコックはすごい人だなーっていつも思っています。
映画は、汚点とか裏窓とか見知らぬ乗客とか色々好きです。
印象的なのが、テレビ版のヒッチコック劇場です。
恐怖の表現を色んな角度で捉えていて、ヒッチコックのすごさに恐怖を
感じました。
オカピー
2007年06月01日 23:38
かなんさん、こんばんは。
レスが遅れました。すみません。

「ヒッチコック劇場」は必ずしもヒッチコックが総て監督をしているわけではないですが、名を被せているわけですから当然ヒッチ先生のお眼鏡に適ったお話ばかりですよね。
私はその昔に観て今回の再々放送は録画しているもののそのまま。時間を作って観ないといけないと思っております。

この記事へのトラックバック

  • 「私は告白する」「ラストコンサート」

    Excerpt: ●私は告白する……★★★★★ 【NHKBS】モンゴメリー・クリフト扮する美形の神父が殺人事件の容疑者にされ裁かれる、巨匠ヒッチコックのサスペンス。最後まで展開が読めずハラハラ! ●ラストコンサート.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2006-07-07 12:12
  • 私は告白する #589

    Excerpt: 1953年 アメリカ 93分 ヒッチコック監督 I CONFESS。ある日男が神父に告白したのは殺人だった。気になって現場を訪れる神父だが、それが元で容疑をかけられてしまう。懺悔の内容は誰にも言うこ.. Weblog: 映画のせかい2 racked: 2006-07-21 06:16
  • 私は告白する

    Excerpt:  懺悔者の言葉は他人に漏洩出来ない。たとえそれが殺人事件解決の為の警察への協力であっても。という神父の宿命。これがこの映画のミソである。更に、マイケル神父(モンゴメリー・クリフト)と、グランフォート.. Weblog: アスカ・スタジアム racked: 2006-07-21 16:46
  • 【私は告白する】

    Excerpt: カナダのケベックにある教会の若き神父ローガンは、ある日教会で働く雑用係のケラーから、弁護士ベレットを殺害したことを告白される。 Weblog: ただの映画好き日記 racked: 2006-07-30 16:31
  • 「私は告白する」

    Excerpt: 「私は告白する」 (I Confess) 1952年アメリカ 監督 アルフレッド・ヒッチコック 出演 モンゴメリー・クリフト    アン・バクスター あらすじ  カナダのケベック.. Weblog: 私が観た映画 racked: 2006-08-30 17:33
  • 「私は告白する」~それは懺悔から始まった

    Excerpt:    私は告白する1953年アメリカ監督/アルフレッド・ヒッチコック出演/モンゴメリー・クリフト アン・バクスター   カール・マルデン O・E・ハッセ真夜中、ローガン神父(モンゴメリー・クリフト)の.. Weblog: お茶の間オレンジシート racked: 2006-12-17 17:51
  • カメラも流麗、モノクロの映像も深さもコクもあるのだから、罪は大いに脚本にあり!

    Excerpt: 幸福の絶頂であったアン・バクスターが子供たちを失い酒に溺れ、自堕落な女へ変身して行く巧さは出番の少ない割には見事で、お手の物ではあろうが、女の役柄としてもどうも主演のティアニーよりアン・バクスターの方.. Weblog: この広い空のどこかで今日もいい日旅立ち racked: 2007-03-03 18:55