映画評「ネバーランド」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2004年イギリス=アメリカ映画 監督マーク・フォースター
ネタバレあり

「ピーター・パン」の原作者として知られるジェームズ・バリーの伝記映画であり、児童劇「ピーター・パン」誕生の由来を描いた物語である。原作はアラン・ニーの戯曲「ピーター・パンだった男」。

1903年のロンドン、新作の評判が誠に芳しくない劇作家バリー(ジョニー・デップ)は、ケンジントン公園で四人の兄弟とその母親デーヴィズ夫人(ケイト・ウィンスレット)と知り合う。
 父親の死んだ悲しみを拭い切れず子供であることを止めようとしていた三男ピーター(フレディー・ハイモア)に自分の少年時代を重ねた劇作家は、子供たちと繰り広げる<ごっこ>を投影した新作「ピーター・パン」を書き下ろす。
 主人公の名は勿論三男の名前からだ。時折子供らしい表情を覗かせるようになるピーターだが、母親が発病すると再び心を閉ざし、バリーのほうも社交界への進出の夢断たれた妻メアリー(ラダー・ミッチェル)との仲が修復出来ぬところまで行く。
 孤児たちを劇場に招待して公演された新作「ピーター・パン」は好評、デーヴィズ夫人が自宅でささやかに演じられた作品を観て息を引き取ると、その母で子供たちの後見人だったデュ=モーリエ夫人(ジュリー・クリスティー)も遂に彼を後見人と認める。

論ずるまでもなくピーター・パンとはジェームズ・バリーその人であるが、彼は<ピーターパン症候群>を病んだ人なのだろうか。いや、大人になれないのではなく、子供の心を忘れなかったのだと理解するのがふさわしい。
 
「チョコレート」でも登場人物の心理を繊細に描いたマーク・フォースターが、バリーの児童に対する温かい視線を基調に、<子供の心を忘れようとした少年>の<子供の心を忘れないようにした大人>に対する、時に覚える同病相憐れむような心境と時に感じる反発を繊細に描いている。よって伝記映画としてよりも心理劇として堪能出来る部分が多い。
 但し、荒れた心を象徴するつもりで採用したのだろうが、ピーターが作家の与えたノートを破る場面をハンド・カメラで撮ったのは気に入らない。浮薄な印象を伴い、この作品の持つ心理劇的側面にとってはマイナスである。

しかし、母の死後ピーターが再び創作を始めようとする幕切れは断然よろしい。バリーが勝利した瞬間であり、心を動かされずにはいられない。少年が作家の創造力を蘇生させた恩人でもあるから。つまり、二人の再生の物語に収斂し、この映画は見事な大団円を迎えるのだ。

今や絶対的人気を誇るジョニー・デップ、好演続きの中でもこのバリー役が近年のベストであるように思われるが、如何でありましょうか。子供に混じってインディアンごっこなどをする、かなり難しい役を違和感なく演じられる役者は現在彼の他にいないだろう。ピーターに扮したフレディー・ハイモア君など子役が抜群に巧いだけになおさらである。
 女性陣もなかなか好調。特に、ジュリー・クリスティーの厳しい祖母。とりわけ、「ピーター・パン」で盛大な拍手を送る場面とその前後のギャップが良い。オールド・ファンとしては、小悪魔的な少女だった彼女も今は随分と落ち着いたものと感慨深いものがある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

chibisaru
2006年03月13日 20:26
こんばんは。なんだか優しい気持ちになれる映画でしたね。
ジョニー・デップがシリアスな演技をしていたのを久しぶりに見たのでやっぱり巧い役者だなぁと感じました。あのインディアンのシーンは本当に楽しそうにやってましたね。きっといつも子供相手にあんな遊びしてるんじゃないかなぁ?なんて推察しちゃった(笑)
デップ自身がそういう子供っぽさを持っているからこそ、バリーを演じてもちっとも不自然じゃなく、どんな役者よりもハマリ役だと思えたのではないかしら?
kobitopenguin
2006年03月14日 11:46
こんにちは~(^^)
今作は私のお気に入りの作品の一つでもあります。
大人になれないのではなく、子供心を忘れていないというのは私も思いました。
ジョニー・デップだからこそ演じれた役だと思いました。
ハンド・カメラで撮ったという所は全然気付きませんでした^^;
イギリスの風景も、出演者の演技も、音楽も良い!と思える作品だったと思ってます♪
オカピー
2006年03月14日 17:38
>chibisaruさん
こんばんは。
知名度のある男優の中で、こういう難しい役を出来るのはジョニー・デップくらいでしょう。舞台俳優の中には、或いはいるかもしれませんが、その場合は興行的には難しいでしょうね。
それにしてもジョニー・デップの人気は凄まじいですね。ちょいと偏りすぎてはいませんか、ってな気持ちもありますよん。

>kobitopenguinさん
こんばんは。
ハンド・カメラは僅かでしたからね。個人的な趣味として、古い時代を扱う作品には、ぶれるハンド・カメラ、コマ落としショットなどは使うべきではないと思っているのです。何だか軽くなってしまいますので。
それ以外は全て良かったですね。評の中では触れませんでしたが、公園を中心とした風景もムードたっぷりでした。ケンジントン公園か、良きかな、良きかな。
ぶーすか
2008年04月06日 15:11
こんなところにジュリー・クリスティーが!と、ちょっと嬉しかったです。仰るとおり、ジョニー・デップでなければ演じられないキャラですねー。
オカピー
2008年04月07日 01:20
ぶーすかさん、こちらにもトラコメ有難うございます。

本作ではストレートだが難しい役を上手くこなしたような気がしますが、デップは基本的に苦手なんです。
デップの人気も「パイレーツ・オブ・カリビアン」で爆発した感があり、あの作品がなければどうだったんでしょうかねえ? こ汚いあの恰好で人気が出たのも不思議なんですけどね。^^;
ぶーすか
2008年04月09日 17:00
オカピーさんは苦手とおっしゃってましたが、私はデップ&バートン監督のコンビ作品が大好きなのです。二人ともピーターパンのような、「大人になりたくない男」って感じなのが好きなところですねー。
<こ汚いあの恰好
デップは、こういう小汚いキャラが多いですね。他にジプシーやネイティブアメリカンなど、マイノリティーな人を演じるのが多いのも好きなところです。「ノイズ」でエリート宇宙飛行士を演じた時は、ちょっとギャップを感じました^^)。
オカピー
2008年04月09日 23:18
ぶーすかさん、こんばんは!

しかも、僕はT・バートンが苦手。^^;
二人のコンビでは「エド・ウッド」だけ買いました。
色がないので幸いしたようです(笑)。

>「ノイズ」
はあ、そんな作品もございましたね。
シャーリーズ・セロンを意識して観始めたのはこの作品くらいかな。
kimion20002000
2008年04月30日 17:57
僕はなにより、ジェームズバリーという作家について、不勉強でまったく知識がなかったので、とても興味深い、半伝記映画として見ましたね。
オカピー
2008年04月30日 21:42
kimion20002000さん、TB&コメント有難うございます。

>バリー
僕もそんなに詳しいことは知りませんが、彼の作品は「ピーター・パン」だけではなく相当映像化(通算70本以上)されていますよ。
「あっぱれクライトン」なんて有名です。
100年前の大人気作家ですね。
kimion20002000
2008年05月01日 11:04
僕は、昔、ある女性に「あなたはピーターパンシンドロームね」といわれちゃったので、「君こそ、ティンカーベルコンプレックスだな」とわけのわかんないことを言い合った記憶があります(恥)
オカピー
2008年05月02日 03:17
kimion20002000さん、こんばんは!

まるでハリウッド映画の台詞みたいじゃないですか。
かっちょいいっ!

>ピーターパン・シンドローム
大人になれないというのはやっかみで、子供の心を忘れないのだと考えれば素敵なことです。僕もその類ですよ。
「となりのトトロ」なんか新しい「ピーター・パン」だったですよね。すると、宮崎駿は現在のジェームズ・バリーだ。
だふ
2008年06月18日 13:18
私もこの映画は大好きで非常に励まされました。
この映画のお陰で夢を諦めずにすみました。
オカピー
2008年06月19日 02:55
だふさん、初めまして!

>夢を諦めずにすみました。
それは良かったです。
そういうことも、映画の効用の一つですね。
ダフ
2008年06月22日 16:14
何回見ても泣けます。
思い出しても鳥肌立ちます。私はこの映画に非常に心を打たれました。
私は俳優になりたいです。
オカピー
2008年06月23日 00:17
ダフ(だふ)さん、こんばんは!

>私は俳優になりたいです。
この作品を観たからでしょうか?
それとも、
夢を諦めないということに関連があるお話なのでしょうか?
十瑠
2008年12月01日 17:03
><子供の心を忘れようとした少年>の<子供の心を忘れないようにした大人>に対する、時に覚える同病相憐れむような心境と時に感じる反発を繊細に描いている。

そういうことですよね。巧い、オカピーさん!
最後に子供らしい心を見せてくれるのが幕切れとしてよろしかったです。
空想シーンが割と大胆で最後のはビックリしましたが^^

「チョコレート」と全然違うムードが驚きでしたが、心理劇風なのは同じでしたね。
オカピー
2008年12月02日 00:48
十瑠さん、こんばんは。

感じたままを書いただけですが、褒めて戴き光栄です。^^

>最後に子供らしい心を見せてくれるのが
そうですね。
やはり子供は子供らしいのが一番。

>「チョコレート」
好みから言うと本作ですが、あの映画も良かった。
マーク・フォースターは、ショットの繋ぎ、場面転換の面白い人ですので、注目して良い監督だと思いますよ。
「主人公は僕だった」なんて洒落てたなあ。

この記事へのトラックバック

  • <ネバーランド> 

    Excerpt: 2004年 イギリス・アメリカ 102分   監督 マーク・フォースター 脚本 デヴィッド・マギー 撮影 ロベルト・シェーファー 音楽 ヤン・A・P・カチュマレク 出演 ジェームズ・マシュー.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2006-03-13 16:26
  • アカデミー賞ノミネート発表◆『ネバーランド』

    Excerpt: 1月26日(水)晴れ / 『ネバーランド』(TOHOシネマズ木曽川) 25日、米アカデミー賞のノミネート発表があった。今回、作品賞にノミネートされたのは、  『アビエイター』 <.. Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 racked: 2006-03-13 17:29
  • #429 ネバーランド

    Excerpt: 監督:マーク・フォスター 脚本:デビッド・マギー 出演者:ジョニー・デップ 、ケイト・ウィンスレット 、ジュリー・クリスティ 、ダスティン・ホフマン 、ラダ・ミッチェル 、イアン・ハート 、ケリー.. Weblog: 風に吹かれて-Blowin' in the Wind- racked: 2006-03-13 19:59
  • 映画『ネバーランド』

    Excerpt: 原題:Finding Neverland 「ピーター・パン」から100年を機に、その誕生物語が、喪失の哀しみ、気持ちのすれ違い、を乗り越えファンタスティックに、感動的に描かれる。 .. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-03-14 01:17
  • ネバーランド

    Excerpt: 夢が叶う場所。 評価:♡♡♡♡ 2005年1月26日鑑賞(名古屋・TOHOシネマズにて)。ジョニー・デップを見たくて。 内容:1903年、ロンドン。.. Weblog: ミケの映画生活 racked: 2006-03-14 11:40
  • ネバーランド

    Excerpt: アミューズソフトエンタテインメント ネバーランド (2004)       出演 ジョニー・デップ (ジェームズ・マシューバリ)     ケイト・ウィンスレット (シルヴィ.. Weblog: ベルの映画レビューの部屋 racked: 2006-03-15 16:50
  • ネバーランド

    Excerpt: 「ネバーランド」★★★★★ (盛岡フォーラム1)2004年ア Weblog: いつか深夜特急に乗って racked: 2006-03-16 05:54
  • ピーター・パン新版

    Excerpt: ピーター・パン新版けっして大人になりたがらない永遠の少年―ピーター・パン。ウェンディーとジョンとマイケルのきょうだいは、ピーター・パンと妖精ティンカー・ベルに導かれて、星のかがやく夜空へ飛びだし、おと.. Weblog: 楽天らくらくショッピング racked: 2007-01-10 14:50
  • 「レジェンド オブ メキシコ/デスペラード」 アントニオ バンデラス、ジョニー デップ

    Excerpt: 「レジェンド オブ メキシコ/デスペラード」 なんと言っていいのか・・・面白いといえば面白かった・・息子がジョニー デップを見たがったので、一緒に見ただけなのだが、どうせ・・と思いながら見たせいか、妙.. Weblog: 映画村 racked: 2007-06-11 17:27
  • 映画DVD・ナ行 ネバーランド

    Excerpt: 映画DVD・ナ行 ネバーランド (2004) 今回の映画DVDは、「ネバーランド」です。 本作「ネバーランド」は、劇作家ジェームズ・バリが未亡人やその子どもたちと出会い、「ピーターパン」を完成させ.. Weblog: ドラマ映画DVDおすすめレビュー racked: 2007-10-31 23:39
  • 「ネバーランド」「ピーター・パン(2003)」

    Excerpt: ●ネバーランド ★★★ 【BSジャパン】監督は「チョコレート」「ステイ」のマーク・フォースター。出演はジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット、ラダ・ミッチェル。劇作家のジェームズ・バリが、ある一家.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2008-04-06 15:08
  • mini review 05104「ネバー・ランド」★★★★★☆☆☆☆☆

    Excerpt: ジェームズ・バリが、「ピーター・パン」のモデルとなった少年と出会い、その物語を完成させるまでを描いた、実話に基づく感動の人間ドラマ。主演のジェームズ・バリにふんしたのは、『パイレーツ・オブ・カリビアン.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2008-04-30 12:10
  • ネバーランド

    Excerpt: (2004/マーク・フォースター監督/ジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット、ジュリー・クリスティ、ラダ・ミッチェル、ダスティン・ホフマン、フレディ・ハイモア/100分) Weblog: テアトル十瑠 racked: 2008-12-01 16:54
  • 「ネバーランド」 号泣ひとりジョニデ祭り

    Excerpt: ひとりジョニデ祭りをしよう♪・・・・・・と言いながら、なかなかDVDをゲットできずにいた私。 そういえば、当時はどういうわけか、興味が持てなくて観てなかった「ネバーランド」 何で観なかったんだろう.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London racked: 2010-06-18 17:16
  • ネバーランド

    Excerpt: 作品情報 タイトル:ネバーランド 制作:2004年・イギリス/アメリカ 監督:マーク・フォースター 出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、ケイト・ウィンスレット、ジュリー・クリスティ、ラダ・ミ.. Weblog: ★★むらの映画鑑賞メモ★★ racked: 2010-08-26 03:10