映画評「鳥」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中)
1963年アメリカ映画 監督アルフレッド・ヒッチコック
ネタバレあり

アルフレッド・ヒッチコック長編第48作。
 彼の作品で一番観た回数が多いのはこの作品である。ヒッチコック・ファンならずとも物語のあらましはご存知だろう。
 ストーリーは単純明解で、サンフランシスコから100kmほど離れたボデガ湾で鳥の大軍が人を襲い、取り残されたミッチ(ロッド・テイラー)一家(母と娘)と彼に興味を覚えたが為に事件に巻き込まれるヒロイン、メラニー(ティッピ・ヘドレン)が何とか鳥に囲まれた湾から逃げ出す。

ネタの元になったのは「レベッカ」の原作者として知られるダフネ・デュ=モーリアの短編であるが、例によって着想だけ戴いて後は勝手に作り上げている。
 まず、鳥が人間を襲うという発想が断然優れ、それも猛禽類ではなく、一般的な中小型の留鳥とした点が振り子の原理で恐怖の大きさを演出する。

この異常事態が本格化するまでヒッチコックは50分とたっぷり時間を掛けているが、何度も観てくると、環境説明と伏線にあてた最初の25分(メラニーが初めてカモメの一撃を食らう瞬間まで)が実は一番面白い。
 タイトルが終ってすぐにメラニーは鳥の大群を見る。犬を連れたヒッチコック御大とすれ違って入ったのは小鳥店。
 まず、彼女がお客として入ってきたミッチに店員のふりをして逆に騙される時の台詞「君も金ピカの鳥籠に戻してやろうか、メラニー・ダニエルズ」が素晴らしい。彼女が上流階級の出身であることを示すばかりか、1時間後に彼女は電話ボックスに閉じ込められる伏線ともなるのだが、この時電話ボックスが<人間用鳥籠>となる皮肉が強烈である。

英語が理解出来ると面白い台詞(脚本は小説家としても知名度の高いエヴァン・ハンター)が多い。例えば、鳥を鳥籠に入れる理由を「種(feather)の保存」とメラニーが答えると、ミッチが「羽(feather)の生え替り時が大変だ」とジョークで返すが、字幕では可笑しさが伝わらない。ボタンインコ(lovebird)が全編に渡り重要な役を果たすが、<lovebird(恋人の俗語)>だから意味があるのであり、字幕の<インコ>では意味を成さない。

次の25分は2、3度鳥が小出しに扱われるだけという「嵐の前の静けさ」的に推移、そしてその後怒涛の1時間10分が始まる。その強弱の巧さ。
 メラニーが校庭でミッチの妹を待っているとジャングルジムにカラスがどっと押し寄せる、という場面がハイライト(編集の素晴らしさは言葉では説明しにくい)であり、次に素晴らしいのはガソリンスタンドの火災を捉えた鳥の視点によるロングショットである。ヒッチ自身は次のカットへの準備と言うが、自ずと神の視点にもなり、どこか人間喜劇的な様相を帯びてくる。忍び足で湾を去る幕切れではヒッチコックの皮肉な笑いが見えるほどである。

結局鳥が襲ってきた理由は誰にも分からないというのが広がりと奥行きを生み出す。作品全体がマクガフィン(仕掛け)と言うべきや。
 マクガフィンとは「意味のない仕掛け」という意味に解されることが多いが、ヒッチコックの場合は寧ろ「仕掛けに意味を与えない」と解した方が良い場合が多い。

最後に、CGに見慣れた現在の若者にはカラスが生徒を襲う場面の特殊撮影に不満を覚えるだろうが、僕は手作りのアナログの素晴らしさを感じる。
 CGは、動きのあるものに関して未だに不完全であるだけでなく、<打ち出の小槌>と信ずる浅はかな監督と撮影監督を怠惰にする。アナログ的な創意工夫なくして、「鳥」のようなエモーション(ヒッチコックの好きな言葉)のある芸術的娯楽作品が作れるはずもない。それがCGが席巻している映画界の現状である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

オカピー
2006年02月04日 16:01
500本目のブログ映画評ということで、大好きなこの作品を選びました。ご愛顧の皆様、今後とも宜しくお願い申し上げます。
かよちーの
2006年02月05日 01:57
500本ですか!おめでとうございます。
「鳥」ってこんなに面白かったのか、と観たあとにしみじみ思いました。
最近、鳥のフン害を受けました。
肩だったのとジャケットの色が似ていたので拭いてそのまま会社に行きました。でも絶対に狙っているという気が...・笑。
カカト
2006年02月05日 14:35
500本おめでとうございます。
脅威の更新のオカピーさんなら、1000本までいくのもあっという間のような気がします(^^)
字幕で面白さが伝わらないのは残念ですね。
冗談を訳すのは難しいとは思いますが、ここで翻訳者さんのセンスが問われるところだと思います。
もうちょっと思い切った訳をつけてもいいですよね。
オカピー
2006年02月06日 02:29
>かよちーのさん
どうも有難うございます。
「フン害に憤慨」なんて親父ギャグはさておいて、鳥は緑色には気づきにくいようですよ。私の車は緑のカバーをしている時は殆どフン害はありませんが、外すとかなりの確率で落とされます。因みに白い車。
実は鳥を見るのも好きでして、「WATARIDORI」も感激した口ですが、最近は鳥インフルエンザが怖いです。

>カカトさん
有難うございます。
1000本は今年中の目標と致します。
英語の駄洒落は字幕でなくとも難しいですね。偶然うまく行く場合もありますが。「鳥」の台詞が面白いのは、全て鳥にかこつけてある点。最初の25分であの映画の全てが含まれていると思います。「裏窓」もそうでしたね。
かよちーの
2006年02月06日 23:40
鳥好きですか~わたしは鶏好きです。確かに鳥インフルエンザは恐ろしいですよね。
「WATARIDORI」...あ~、これですか、噂には聞いたことがあります。
みのり
2006年02月07日 11:46
500本目の映画評おめでとうございます。
これからも楽しみにしています。
私は子供の頃この映画を見て、鶏小屋に入れなくなりました。
今でもちょっと怖いです。
オカピー
2006年02月08日 01:14
>かよちーのさん
CGより遥かに凄いと最近思った映画は、「WATARIDORI」と「ディープ・ブルー」です。共に自然ドキュメンタリー。
かよちーのさんの趣味はまだ掴みかねていませんが、自然が好きならまず満足するでしょう。

>みのりさん
どうも有難うございます。先日のみのりさんのコメントで俄然やる気が出ました。
何回も観ているとこんな怖い映画に対しても「怖い」というコメントが出てこなくなります。そういう意味では若い人には共感しにくい映画評だなあと我ながら思います。
かよちーの
2006年02月08日 23:07
「ディープ・ブルー」は観ましたよ。友人が水族館で観てハマって購入していました。
確かにアレはすごいですね!どうやって撮ったのかが気になるところです。
chibisaru
2006年05月07日 02:27
こんばんは。600本目の記念にこの作品を書きました(実はもう少し前に見ていたんですw)
私が見た字幕では、ラブバードはラブバードになってました。恋人の俗語かどうかまではわかりませんでしたが、きっと仲のいい鳥なんだろうなぁなんて思いながら見ていた(^^;

ミッチの台詞の「金ぴかの鳥かご」が伏線だったのは、この記事を読むまで気がつきませんでした。なるほど・・・だからあの電話ボックスだったんですねぇ・・・。
相変わらず、鳥が人を襲う映画だろうくらいの認識しか持たずに見たので(←素直でしょw)、目玉のない死体を見た時には、ひっくり返りそうなくらいびっくりしました(@_@;)
そこから先は、おっかなびっくりビビリまくってしまった。
ジャングル・ジムのシーンは、あぁ、一羽・あ、二羽になった・・あ、もっと増えた・・・ほら早く気がついて、あぁ、早く逃げて、どっひーーーーーー!めちゃんこいる・・・とヒタヒタと忍び寄る恐怖にどっぷりです。
ほんと、子供の頃に見なくてよかったと実感しちゃいました。
CGじゃないからこそ、リアリティのあるスゴイ作品だと感じました。
オカピー
2006年05月07日 13:21
chibisaruさん、こんにちは。
子供の時から何度も観ています、この作品。何度も観ていると、細かいところばかり気にしますが、本当によく出来ています。全て鳥に絡めた台詞が抜群でした。
ジャングル・ジムの場面は映画史に残る名場面。
FROST
2006年06月28日 01:24
「鳥」まできましたよ。この映画の徹底振りを見習う作品がぜひ出てきて欲しいところです。
オカピー
2006年06月28日 16:57
FROSTさん、こんにちは。
傑作中の傑作。細かく観れば観るほど面白くなってきます。
これだけ何度も観ると、怖い云々を超えて、鳥かごといんこ(ラブバード)をめぐるユーモアに脱帽しまくっているわけであります。
nessko
2014年04月13日 10:09
「鳥」も何度観てもいいですね。
ジャンルとしては動物パニックものになりますが、ヒッチコックが作るとこんなに洗練された映画に仕上がってしまう。オカピーさんも10点つけておられますが、映画としては最高ですよね。見直すと、人間模様も鮮やかに描かれていることに気づかされました。
オカピー
2014年04月13日 16:57
nesskoさん、こんにちは。

>動物パニックもの・・・洗練された
サスペンス醸成の鮮やかさは言うまでもなく、やはり基本となる人間描写がしっかりしているからでしょう。しかも型通りにはならない。

本文でも書いたように、英語で聞いていると台詞も相当面白いんですよね。

この記事へのトラックバック

  • 「鳥」

    Excerpt: 「鳥」(The Birds) 1963年アメリカ 監督 アルフレッド・ヒッチコック 出演 ティッピ・ヘドレン    ロッド・テイラー あらすじ  ボデガ湾の港町を訪れた気ままな社長.. Weblog: 私が観た映画 racked: 2006-02-05 14:18
  • 『鳥』(1963) サスペンスの巨匠として有名なヒッチコック作品の中では異色の作品です。ネタバレあり

    Excerpt:  ここ3年くらいのことなのですが、田舎だった、わが家の近所も造成が進み、山や林がどんどん伐採され続けています。そのせいか夏秋の夜になると、駅の周りの街路樹に、「鳥」達が大挙して集まり、木々から溢れんば.. Weblog: 良い映画を褒める会。 racked: 2006-02-06 02:05
  • Ļ

    Excerpt: 鳥 あまりにも有名なパニック映画です。監督はアルフレッド・ヒッチコック。 ++story+++ ペットショップでメラニー(ティッピ・ヘドレン)は、弁護士のミッチ(ロッド・テイラー)に.. Weblog: cino racked: 2006-02-08 23:10
  • #600 鳥

    Excerpt: 製作総指揮:ジェームズ・H・ブラウン 製作:アルフレッド・ヒッチコック 監督:アルフレッド・ヒッチコック 脚本:エヴァン ハンター 原作:ダフネ・デュ・モーリア 撮影:ロバート・バークス S.. Weblog: 風に吹かれて-Blowin' in the Wind- racked: 2006-05-07 02:09
  • 鳥 1963年/アメリカ【DVD#75】

    Excerpt: やっぱりそうだった。 この映画の”居心地の悪さ”は天下一品なのだ。 鳥が人間を襲撃する。 その原因は全くわからない。 人間は鳥の襲撃にどう対応すべきなのかも示されない。 知恵を集めてみても、何の解決.. Weblog: オールド・ムービー・パラダイス! racked: 2006-06-28 01:25
  • A・ヒッチコック「鳥」 

    Excerpt:  「鳥」について。  前回「北北西に進路を取れ」でも採りあげたが、見た目ショットとクロースアップというヒッチコック得意の手法を「鳥」についても考えてみたい。  「鳥」では、この見た目ショットと.. Weblog: 撮影監督の映画批評(たまに写真や撮影のTIPSも) racked: 2006-07-29 18:37
  • Excerpt: アルフレッド・ヒッチコック監督の名作です。 夜中にテレビでやっていて久しぶりに観ました。 随分前に友達の家に数人で泊まって お昼頃までだらだらしてたら、やはりテレビでやっていて 皆で観ました。.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2007-05-16 22:16
  • 『鳥』この映画を見て!

    Excerpt: 第232回『鳥』  今回紹介する作品はが鳥が突然人間を襲撃をする恐怖を描いたヒッチコック監督の傑作パニック映画『鳥』です。 本作品のストーリーは至ってシンプルで、アメリカの小さな田舎町を舞台に人間が鳥.. Weblog: オン・ザ・ブリッジ racked: 2008-12-03 15:58
  • [映画]鳥

    Excerpt: 1963年、アメリカ 原題:The Birds 原作:ダフネ・デュ・モーリア 脚本:エヴァン・ハンター 監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演:ティッピ・ヘドレン、ロッド・テイラー、ジェシカ・タンデ.. Weblog: 一人でお茶を racked: 2014-04-13 10:05
  • 映画評「オペラ座/血の喝采」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 1987年イタリア映画 監督ダリオ・アルジェント ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-03-29 09:37
  • 映画評「ジェイソン・ボーン」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督ポール・グリーングラス ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-08-18 09:46
  • 映画評「マッド・ダディ」

    Excerpt: ☆☆(4点/10点満点中) 2017年アメリカ=イギリス合作映画 監督ブライアン・テイラー ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2019-06-12 08:30