映画評「静かな生活」

☆☆★(5点/10点満点中)
1995年日本映画 監督・伊丹十三
ネタバレあり

伊丹十三監督の8作目。
 妹の夫君であるノーベル賞作家・大江健三郎の同名小説を映画化したものだが、僕は気に入らなかった。大江にはこの作品の音楽を担当した光という息子がいて、知的障害者としての息子をモチーフにして書かれたのが原作である。

大江を思わせる、大作家だがどこか不器用な人物・山崎努が細君と共に豪州へ8ヶ月間の仕事に出かける。佐伯日菜子演ずる娘は絵本(絵日記か)を書きながら、知的障害者である兄・渡辺篤郎の世話を行う事になる。彼の言語能力に些かの問題をあるのは生来脳に障害があるからだが、反面音感は抜群。
 ある時から兄を水泳教室に通わせる事にするが、抜群の指導力を発揮するインストラクターの今井雅之は過去に事件の容疑者となったことがある裏のありそうな青年で、実際彼女を襲おうとするのである。兄により危機を潜り抜けた彼女は8ヶ月間の絵日記をまとめ、兄のアドヴァイスにより「静かな生活」と名付ける。

純文学的な意味はいざ知らず、見終わった後心に残るのは、平凡な表現だが、二人の兄妹愛である。実際それが主題でもあろうが、それにしては感じの悪い部分が多い。
 特に作家が今井君の手記を基に書いたという設定の小説が御丁寧に延々と語られる部分は首を傾げ続けた。時間配分上もドラマツルギー上も甚だバランスが悪いのである。しかも内容が強姦殺人を描くもので、およそ兄妹愛を描くものとしてはふさわしくない。今井君が本性を表す中盤までと最終章は実に感じが良いので、勿体無い。感じが悪い部分があるからこそ「静かな生活」というタイトルが皮肉になるわけだが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

カツミアオイ
2006年12月01日 02:38
 こんにちは、TBありがとうございます。
 確かに、小説のくだりが、それまでのお父さんのキャラとそぐわないな、とは感じました。原作は未見なので、何とも言えませんが……。
オカピー
2006年12月01日 04:07
 カツミアオイさん、初めまして!
 こちらこそTBとコメント有難うございます。
 良い部分も多かったのですが、あそこまでバランスを崩してしまうとどうも戴けないなあと思ってしまいました。

この記事へのトラックバック

  • 静かな生活(日・1995)

    Excerpt: '''静かな生活'''(監督:伊丹十三) '''あらすじ''':  パパとママがオーストラリアに.. Weblog: EncycRopIdia racked: 2006-11-30 14:14