映画評「大人は判ってくれない」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1959年フランス映画 監督フランソワ・トリュフォー
ネタバレあり

フランソワ・トリュフォーの長編第1作で、所謂<アントワーヌ・ドワネルもの>第1作。<ドワネルもの>は約20年に渡り同一俳優ジャン=ピエール・レオーを起用して作られた成長記録であり、全世界でも例のないものであります。「二十歳の恋」「夜霧の恋人たち」「家庭」「逃げ去る恋」と続きますが、後で全作レビューする予定であります。お楽しみに。

下は82年10月に記述した拙いレビューの採録であります。悪しからず。

トリュフォーの長編第1作であるこの作品は、ヌーヴェルヴァーグの代表作であるが、彼の作品群を3タイプに分けた場合、“子供”を描いたグループに属する。

主人公アントワーヌ(レオー)は12歳で、共働きの両親と三人暮らし。母親(クレール・モーリエ)の連れ子であるが、色々と用を言いつけられるので宿題をする暇もない。先生は理解がなく、ある時友人と共に学校をずる休みしてしまう。
 この辺りでは、映画を観たり、遊園地で遊ぶ様子が頗る生き生きと描かれているのが印象的だが、「母が死んだ」と嘘をついたことが問題に。先生には叱られ両親には咎められ、家出して工場に寝泊りしたり学校で反抗するうちに大変な不良少年扱いされ、遂に両親の手で少年鑑別所へ送られてしまう。
 
鑑別所から脱走して海へ駆けていく少年のストップモーションで終わる本作は、トリュフォーの自伝的要素の濃い作品とされ、それ故かスクリーンから大人たちの無理解に対する憤りが強く感じられる。大したことでもないのに不良少年にされたという怒りがある。
 それが後の「思春期」になると、大人たちへの視線がずっと柔らかくなっている。観る順番が逆になったから言えることだが、その辺りに一人の人間(トリュフォー)の精神的成長が感じられ興味深い。

全体としてヌーヴェルヴァーグ作品らしく自由な作り方がされているが、根底にしっかりした演出力が既に備わっていることが伺われる秀作である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かよちーの
2006年01月16日 20:41
わぁ~ありがとうございます~。
好き好きな想いが強過ぎていまいち書きにくいのがトリュフォーです。
オカピーさんのは冷静適切なレビューで読みやすくて好きです♪
ところで、リンクを貼らせていただきたいのですが、別館でいいですか?
オカピー
2006年01月17日 15:26
かよちーのさん、こんばんは。

誠に恐縮です。ポイントを押えた短評を心がけております。
リンクは別館で結構です。本館では毎月欠かさず月間レビューをしていますが、ジャンル別ベストというのもぽつりぽつりとやっております。
こちらからも別館にリンクを貼らせて戴きますね。

トリュフォーはどちらかというと主題を掘り下げるのではなく、映画的な映画を作ろうという意欲が強い人だったので、書きにくい人ですね。
2006年01月20日 17:43
 TBありがとうございました。映画を知る男、トリュフォー監督の良さはこれと『突然炎のごとく』を見れば、理解できるでしょうね。ではまた。
オカピー
2006年01月21日 17:08
用心棒さん、こんにちは。
「突然炎のごとく」には映画文法辞典と言いたくなります。正に映像が言葉ですね。
ヒッチコックのコンプリートを始めました。トリュフォーと黒澤明と小津安二郎くらいまでは年内にやりたいのですが、欲張りすぎかな。尤も、短評なのでやってやれないことは無いですけどね。
トム(Tom5k)
2007年05月26日 01:33
オカピーさん。
トリュフォーで素敵な記事を見つけちゃった。
 ↓
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/
のぞいてみては。
オカピー
2007年05月26日 03:12
トムさん、こんばんは。

出かけて参りました。
トリュフォーがお好きな方ですか。いいですねえ。筆者はどうも女性ですね。ますます良いですねえ(笑)。

それから、ドロンとゴダールの記事も読みましたよ。トムさん、嬉しさの余り椅子から転げ落ちたでしょう!?
女性のゴダール・ファンは珍しいなあ。評論家の中には少なからずいらっしゃいますけどね。全体的にトムさん好みの作品が多そうでした。
シュエット
2008年07月14日 00:31
P様、山田宏一氏の「増補・トリュフォー、ある映画的人生」読んだら「大人は判ってくれない」観たくなり2つ会わせて記事アップして2つTBもってきました。「大人は判ってくれない」は本書読んでからの感想で映画そのものの感想は少ないですけど、この映画はレオーのみせる表情一つ一つが生きてますよね。特にラスト!
そしてバザンとの出会い。
P様未読だったら是非読んで! 私でも泣いたからP様はきっと号泣だよ。良かった!
オカピー
2008年07月14日 14:56
シュエットさん、こんにちは!

当然未読ですよ。^^;
ボンビー(貧乏)だからなかなか手が出ないんですけど、頑張ってみますね。いつになるか保証できませんが。

>私でも泣いたからP様はきっと号泣
姐さんが喧伝するから、僕の泣き虫も有名になりましたね(笑)。
ゾラの「居酒屋」を読んでも涙が止まらなかったからなあ。

この記事へのトラックバック

  • 大人は判ってくれない

    Excerpt: あこがれ/大人は判ってくれない フランソワ・トリュフォー監督による自伝的作品シリーズ第一弾です。 監督自身によく似ているという理由からジャン・ピエール=レオーが選ばれてそのままシリーズを撮.. Weblog: cino racked: 2006-01-16 20:46
  • 『大人は判ってくれない』(1959)トリュフォー監督の長編デビュー作にしてヌーヴェル・ヴァーグの傑作

    Excerpt:  ヌーヴェル・ヴァーグの代表的な監督というとゴダール監督、ジャック・リヴェット監督、そしてトリュフォー監督の名前を挙げることが多い。すべて彼らはアンドレ・バザンが主宰していた「カイエ・デュ・シネマ」誌.. Weblog: 良い映画を褒める会。 racked: 2006-01-20 17:25
  • ジャン=ピエール・レオーの真っ直ぐな視線が印象的 『大人は判ってくれない』

    Excerpt: 本日の映画:大人は判ってくれない ★★★★★ 男子校に通う12歳のアントワーヌ・ドワネル。家庭でも学校でも自分の居場所を見つけることが出来ずにいた彼はそのフラストレーションから無断で学校を休んだり家.. Weblog: 毎日が映画日和 racked: 2006-01-21 16:20
  • 「〔増補〕トリュフォー、ある映画的人生」山田宏一・著

    Excerpt: 故人となった著名人の自伝的な本は何冊が読んでいたけれど、そしてトリュフォーに関する本もいくつか読んでいたけれど、この本ほど幾度も胸にぐっとこみ上げるものがあり、思わず涙がこぼれそうになるほどの本は他に.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2008-07-14 00:24
  • 「大人は判ってくれない」

    Excerpt: LES QUATRE CENTS COUPS 1959年/フランス/97分 山田宏一著「<増補>トリュフォー、ある映画的人生」を読んで、堪らず観たくなり、マイシネマのDVD観ました。何度も観て.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2008-07-14 00:24