映画評「バルカン超特急」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中)
1938年イギリス映画 監督アルフレッド・ヒッチコック
ネタバレあり

アルフレッド・ヒッチコック長編第22作で、「三十九夜」と並ぶ英国時代の傑作だが、日本で公開されるのは製作の38年後1976年のことである。

舞台は東欧の某国。雪に閉じ込められた宿屋で老婦人ミス・フロイ(メイ・ホィッティ)やアメリカの富豪令嬢アイリス(マーガレット・ロックウッド)など主要な登場人物が紹介された後、一同はロンドン行きの列車に乗り込むが、アイリスがうとうとしている間に同室になったミス・フロイが姿をくらます。他の乗客は彼女の存在を否定し、精神科医(ポール・ルーカス)は序盤で植木鉢を頭に受けた後遺症と決め付けるが、民謡研究の青年(マイケル・レッドグレーヴ)だけはアイリスを信じ、二人で車内を探すうちに、英国諜報活動を阻止しようと企むナチス・ドイツの脅威に晒されることになる。

ミステリー仕立ての巻き込まれ型サスペンスだが、ヒッチの諸作品の中でも細工の面白さが目立つ。老婦人が口すざむメロディーの使い方、ミス・フロイを狙ったのにアイリスに当たる植木鉢、列車の窓ガラスに書かれたミス・フロイの名前の扱い、窓に張り付くティーバッグ、突然飛び出す看板など、枚挙にいとまない。
 それらが一体となってスリル、サスペンス、ユーモアを醸成し、我々を興奮へと誘う。

しかし、この作品の最もヒッチらしい部分はどこかと言えば、ラスト5分であろう。ドラマ構成上のハイライトと言うべき銃撃戦の後に繋ぎの短い場面を加えるのが定石だが、彼は次にいきなり大団円に持っていく。こうした特徴は後の傑作「北北西に進路を取れ」でも見られたが、省略の芸術家ヒッチコックの真価ここに極まる、と言って良い。こうした思い切った省略は勿論、小さな省略の積み重ねが展開をスピードアップし、含みを生む。ヒッチコックに関しては今さら言わずもがなである。

余談。
 この作品は池袋で初めて見た。ヒッチコックが健在だった79年5月のことだが、何しろ貧乏学生でTVもなく娯楽に飢えている時にこれだけ充実した作品を観てしまったのである、映画館から帰ろうとしたが興奮の余り足が震えて立ち上がれなかった。家に何とか帰着し映画評を書き始めた時最初に浮かんだ言葉が文字通り【血湧き肉躍る】であったのは、むべなるかな。
 そんな経験をしたものだから、冷静に判断すれば「三十九夜」「海外特派員」や「疑惑の影」の方が上かもしれないと思いつつ、この作品が常に僕にとってヒッチコックNo.1作品になってしまうのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

カカト
2006年01月11日 09:16
トラックバックさせていただきました。

私もヒッチコックの作品の中で「バルカン超特急」が一番好きです。
イギリス人のように何度もお茶の時間があったら大変でしょうね。
オカピー
2006年01月11日 15:11
カカトさん、こんにちは。
既にご承知のように僕のヒッチコックNo.1作品なのですが、ヒッチコック自身の貢献度は他の傑作よりは低いのではないかという気もします。二人組の脚本の力が強いわけですが、最も僕が最もヒッチコックらしいと思った終盤はヒッチコックの独創ということです。
FROST
2006年01月23日 01:35
オカピーさま、TBしっぱなしでずいぶんコメント遅くなってしまいましたm(_ _)m。
ヒッチコック2週目で本作の前後の映画も見ていますが、改めてバルカン超特急の傑作ぶりがわかりますね。ラスト5分の見方はそういうことですか。同感です。”省略の芸術家”という表現に納得。
オカピー
2006年01月23日 15:52
FROSTさん、こんにちは。
いえいえ、お構いなく。自分のブログの更新だけでもなかなか大変ですから、TBしっぱなしということもよくやっています。特に管理人の返事がないところはそうなりがちですね。
この作品についてはヒッチコック自身の貢献度という意味で一考が必要なのですが、断然面白い映画であることには変わりはありません。
かよちーの
2007年05月04日 15:10
これ、面白いですねー。
わたしとしては不倫カップルの男性の最期が納得いきました。
オカピー
2007年05月05日 04:33
かよちーのさん、こんばんは。

面白かったでしょう。

>不倫カップル
余り個人的に名っても困りますなあ(笑)。
nessko
2012年09月22日 00:11
「淀川長治 映画の世界 名作DVDコレクション」第三弾に入っていたので、買ってみました。http://tnsws.jp/contents/special/yodogawa_nagaharu/
この商品の評価については、いろいろな声があるようですね。買う前に調べてみた方がいいかも。私は自分で買った「バルカン超特急」については淀川先生の名解説付きで楽しめたのですが、DVDについてはくわしくないので。

オカピーさんがお書きになっているように、はじまりから終わりまで細工がちりばめられているので、うかつに語れないですよね。ひとつ印象に残ったのは、劇中ではBGMがないことでしょうか。劇中内の登場人物が音楽を奏でる場面はあるのですが、BGMはなくて、そのかわりに列車が進むときにたてる音がずーっと聞こえているんですね。それがどきどき感を高めていた。
昔の蒸気機関車のスピードと、窓を開けたりできる仕様が、ドラマに活かされていて、いまでは超特急というと新幹線みたいな列車になってしまうんで、このスリリングだけどユーモラスな雰囲気は出せないんじゃないかと思ってしまいました。
オカピー
2012年09月22日 20:13
nesskoさん、こんにちは。

>BGM
この時代の映画は概してBGMは少ないですが、全くないのはさすがに少ないかもですね。

>淀川先生の名解説
やはり映画の話をさせたらこの人が一番面白い。
昔ラジオで一番組番組を持っていて、大概の映画は先生の話の方が面白いくらいで、実物を観るとこの程度かというのも何本もありました。

>超特急
速い列車というより、止まらない列車ということで、水野晴郎さんが命名したのではないかな。水野さんが主宰したIPが輸入したと記憶しています。
仰る通り窓も開けられない新幹線ではお話になりません^^;

この記事へのトラックバック

  • 『バルカン超特急』(1938) トリュフォー監督が最も愛したヒッチコック監督作品。 ネタバレあり。

    Excerpt:  ヒッチコック監督のイギリス時代の代表作のひとつであり、列車しかも超特急という「密室」と「速度」による二重の圧迫の中で作品が展開されていく。被害者を救出して犯人を捜すストーリーなので、ミステリーの要素.. Weblog: 良い映画を褒める会。 racked: 2006-01-10 19:24
  • バルカン超特急

    Excerpt: 「バルカン超特急」★★★★(BS) 1938年イギリス 監督 Weblog: いつか深夜特急に乗って racked: 2006-01-11 06:08
  • 「バルカン超特急」

    Excerpt: 「バルカン超特急」(The Lady Vanishes) 1938年イギリス 監督 アルフレッド・ヒッチコック 出演 マーガレット・ロックウッド    マイケル・レッドグレーヴ あら.. Weblog: 私が観た映画 racked: 2006-01-11 09:12
  • バルカン超特急 1938年/イギリス【DVD鑑賞5】

    Excerpt: バルカンのリゾート地からロンドンに向かう特急列車のコンパートメントの中。乗車前に頭をぶつけ、気分がすぐれず仮眠をとった主人公アイリス(マーガレット・ロックウッド)が目覚めると、昨晩ホテルで知り合い一緒.. Weblog: オールド・ムービー・パラダイス! racked: 2006-01-12 01:55
  • バルカン超特急

    Excerpt: バルカン超特急 アルフレッド・ヒッチコック監督の作品。 今までなぜ見なかったんだろうというくらい面白かったです。 ネタバレさせたくないのでストーリーは書きませんが、人生の縮図みたいな.. Weblog: cino racked: 2007-05-04 15:07