映画評「処女の泉」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中)
1960年スウェーデン映画 監督イングマル・ベルイマン
ネタバレあり

イングマル・ベルイマンは大好きな監督で、その中でも特に好きなのがこの作品である。20歳の頃に初めて観て大感激しておよそ10年後にLDを買ったが、昔の感激を裏切られるのが怖くてそれ後十数年間観ずにいた。今回将来消えていくであろうLDをDVDに移しておこうと思い立ち、その際見直すことにした次第。緊張するなあ。

13世紀の北欧、聖母マリアに遠い教会へ祈りに出かけた豪農の娘コーリン(ビルギッタ・ペテルソン)が、下男の養女インゲリ(グンネル・リンドブロム)の呪いの効果であろうか、森の中で羊飼いの三人組に手篭めにされた上に殺され身ぐるみはがれる。
 三人組はこともあろうに娘の家を訪れ、奪った衣服を売りつけようとしてし知らずに犯行を教え、結局父親(マックス・フォン・シドウ)に復讐されてしまう。復讐を遂げても信仰心との狭間で苦悩する父親だが、娘の遺骸を動かすとそこから泉が湧き出す。

参考のために昔の鑑賞記録の一部を記しておく。

<マリア様の為に祈りに出した娘が殺され、その復讐の為に人殺しをする反神行為、キリスト教徒故の苦悩、神への不信、湧き出す泉に再び起こる信仰心、といった父親の心の葛藤を中心に描いているが、非常に明快なストーリーは表面的にはキリスト教徒でなくても解る内容である。コーリンと対照的な存在として父なし子を宿しているインゲリが登場するが、森へ入れないインゲリと躊躇なく進み行くコーリンとの対比が興味深い。コーリンが森の怖さ(世間の怖さ)を全く知らないことでその処女性を表現しているのだ。
撮影、特に森の中の美しさは言葉に尽くせない。また、マックス・フォン・シドウの演技も圧巻。>

今回のLDの映像も大変素晴らしい。コントラストの強いベルイマンならではの映像(撮影監督はこの頃からの常連スヴェン・ニクヴィスト)は、どのカットも見事である。美しくて厳しく、つまらない瞬間は一秒たりとてない。
 お話はベルイマン先生の語る民話というムードがあり、何とも形容しがたい幽玄な雰囲気に包まれ圧巻である。

物語のシンプルさに対し、神を扱ったテーマは深く難しく、その核の部分までは到底理解できないが、それでもこの素晴らしい芸術ぶりは2000年以上の歴史のある文学でも容易に到達できない境地であろうと感嘆するしかない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

シュエット
2007年08月30日 00:22
今晩は。「処女の泉」TBさせていただきます。
ベルイマン作品って重層的なテーマで、書き出しが躊躇ってしまうけれど、先週、アンコール上映がありスクリーンで見てきたので、えいっと思い切って感想書きました。表層的ですけど……。
オカピー
2007年08月30日 04:14
シュエットさん

この頃までのベルイマンはストーリーが大変シンプルで、この作品など民話的ムードが心に残ると思います。
そして一瞬たりとて弛むことのない見事な撮影。

表層的であろうと、その素晴らしさが解ればこの映画は良いのではないかなと思います。
ぶーすか
2008年07月25日 10:33
あの牧歌的な美しい森のシーンは黒澤明の「羅生門」にも通じる感じがしました。純なものと悪しきものをシンプルに展開させているので、それだけ、余計に深い哲学を感じてしまいます。しかし私はその半分も分かってないのかも…^^;)。
オカピー
2008年07月26日 00:00
ぶーすかさん、こんばんは!

>羅生門
恐らくベルイマンと撮影監督スヴェン・ニクヴィストは相当意識していると思いますね。
僕は相当以前から日本の名手・宮川一夫とグンナール・フィッシェルやニクヴィストにモノクロ映像における共通する厳しさと美しさを感じているんです。
ボー
2010年09月10日 22:02
こんばんは。
以前にも見ていましたが、今回は少しは理解できた気がします。
シンプルそのものながら、じつに深いです。人間について。
俳優も皆すばらしいですが、グンネル・リンドブロムの野性的な感じ、好きです。(笑)
オカピー
2010年09月11日 00:11
ボーさん、こんばんは。

>シンプルそのもの
そうなんですね。
お話は表面的には誰でも理解できる。
でも、特にキリスト教徒ならではの葛藤など不信心者にはなかなか解らないところがありますね。

>グンネル・リンドブロム
「沈黙」も見直さないといけないなあ。

この記事へのトラックバック

  • (今日の映画)処女の泉

    Excerpt: 処女の泉 (1960/スウェーデン) Jungfrukallan Weblog: Kozmic Blues by TM racked: 2006-09-10 00:29
  • 『処女の泉』 ~死の刻印と生の讃歌~

    Excerpt: 1959年/スウェーデン/86分監督:イングマール・ベルイマン脚本:ウラ・イサクソン撮影:スヴェン・ニイクヴィスト出演: Weblog: キネマじゅんぽお racked: 2007-02-10 14:00
  • 「処女の泉」

    Excerpt: 今年1月にシネ・ヌーヴォでイングマール・ベルイマンの遺作となった「サラバンド」が上映され、その公開記念としてベルイマン作品リスペクト上映特集があり、その中で人気のあった作品6作を、今回アンコール上映さ.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2007-08-30 00:13
  • 「野いちご」「処女の泉」

    Excerpt: ●野いちご ★★★★★ 【NHKBS】ビクトル・シェストレム、イングリッド・チューリン、ビビ・アンデショーン出演。孤独な老医師が過去と現在が交錯する夢と現実を見る中で自らの人生と生きる意義を見つめ直.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2008-07-25 10:19
  • 「処女の泉」

    Excerpt: イングマール・ベルイマン監督の有名な作品。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2010-09-10 21:37