映画評「マイ・フェア・レディ」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1964年アメリカ映画 監督ジョージ・キューカー
ネタバレあり

いいねぇ、オードリー・ヘプバーン。

原案はバーナード・ショーの有名な戯曲「ピグマリオン」。
 コックニーを喋っていた汚い花売り娘イライザに興味を持った言語学者ヒギンズ教授(レックス・ハリスン)が文句を言いに訪れた彼女を説得して、言葉から始めて「国王の前に出しても恥ずかしくない本物の淑女に仕立て上げる」と宣言する、ということで始まる軽妙なミュージカル・コメディー。再鑑賞作品。

彼女が淑女になるまでがとにかく面白く、競馬場での珍発言も愉快だが、彼女が行方をくらましたりする終盤は若干もたれ気味にはなる。

この作品が楽しいのは、女性映画がお得意のベテラン、ジョージ・キューカーの演出がどうのこうのというより原作となる舞台版の功績が大と言って良い。

オードリーも歌に奮闘したと伝えられているが、公開版では吹き替え(マーニー・ニクスン)が採用されたのはお気の毒。舞台で主演を務めたジュリー・アンドリューズでは理知が勝ちすぎて変身の楽しみが少なくなったであろうと想像されるし、僕は世評よりこの作品のオードリーを高く評価している。

歌曲では「踊り明かそう」I could have danced through night、「スペインの雨」The rain in Spainが良い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『マイ・フェア・レディ』(米)

    Excerpt: 大学では、スペイン語を専攻しておりました。 スペイン語を専攻した理由は、たいしたことも無いのですが、 高校のときの恩師の「英語はもう6年間も学んだんだから、 他の言語を学んでみるのもいいかもしれ.. Weblog: 極私的映画のススメ racked: 2006-01-10 22:18